ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

Gとの遭遇




2日前の朝、思いもよらぬ出逢いがあった。

それはG・・・・


出逢い


毎朝、起きるとすぐにリビングの窓とバルコニーへのドアを開けて空気の入れ替えをするのが習慣となっている。

2日前の朝もいつもどおり窓とドアを開けた。涼風が入ってきて気持ち良い。

「ん?」

しかし、バルコニーのドアから焦げ茶色のものが入ってきた。とことこと白い壁を歩いていどんどん室内に進んでいくではないか。この虫は何年も目にしたことのないものだが、過去に何回も見たことがあるアレによく似ている。

でも我が家は12階。ここまで歩いてきたのだろうか??

急いでメガネをして再確認。色は焦げ茶色、サイズは人間の大人の親指くらいのイキモノはやはりアレ、Gと認識して間違いない。

うわぁーー、どうしたものか。もちろんこのまま家に住み着くのを許容することは選択肢にない。起きたばかりのぼんやりしている頭が、どんどん覚醒していく。退治方法を頭脳内で模索する。

これはやはり、他の侵入者の場合と同じように対応することに。

それは、厚紙で追い払ってお引き取り願うというもの。

我が家は目の前が緑地なので飛んでくる虫が入ってくることは珍しくないので、そういう時のために少し厚手で大きめの紙が用意してある。

厚紙2枚を片手に1枚ずつ持ち、Gをバルコニーのドアに誘導して追い出すという計画。まずは方向転換。うまくいった。あとは後方から追い立てるようにドア方向に導く。片手では風も起こす。Gは、入ってきた時とおなじような速度でとことこと歩いてまんまとドアから出て行ったので、すかさずドアをしめて一件落着。

あぁ、驚いた。とんだ1日のスタートとなった。


友人に話したら、複数が「冷凍して殺すというスプレーを家に置いている」というではないか。それなら臭くならないし、毒成分が家のなかにスプレーされることもない。


防衛開始

調査と注文


その夜、早速アマゾンで対Gの武器を注文。

まず、冷凍スプレー。その名も凍殺ジェット。

また、インターネットであれこれと検索して見て、バルコニーに置くブラックキャップというG用の毒入りエサがあり、これを外に置いて置くと外で駆除され家の中には入ってこなくなるのだというので、それも購入。


本日、対G戦争の武器2点が配達された。


まずは、-85℃で冷凍してしまうスプレー。


IMG_7183-375500.jpg


使わないですみますように。


それから、ブラックキャップ。

IMG_7194-375500.jpg



これはセットアップが必要。

箱の中には8個の小さな容器がはいっている。


バルコニーに設置して外で駆除する



IMG_7196-500500.jpg


5平方メートルに1〜3個が適量だと取扱説明書に記載がある。

我が家のバルコニーは、4.03平方メートルだけれど、多めに4個おくことに。

製品の説明書によると、Gはプランターやエアコンの室外機が好きで住み着くことがあるとのことなので、説明書に従い設置。


防衛線の設置



まずは侵入してきた場所であるバルコニーのドア。

IMG_7197-500500-a.jpg



写真はないがドアの向かって左側にも設置。

それから植木鉢の横。

IMG_7198-500500-a.jpg


エアコン室外機の下にも1個。


IMG_7216-500500-a.jpg



Gの我が家室内への侵入は許さないバリアというわけ。

もし、それでも入ってくるツワモノがいたら、冷凍スプレーという武器もあるという二重の防衛なのである。


この家はダメだ、とGに学習してほしい。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-09-27 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

レザー・ソファの手入れ




end


我が家のソファはレザー製。花粉症なのでダストを吸い込むファブリックではなくいつもレザーを選択している。
ファブリックに比べて汚れにくく丈夫というメリットもある。

それでも定期的なメインテナンスは必要。

・ 週に2〜3回、掃除機でホコリやチリを取り除きマイクロファイバーの布で乾拭き。
・ 3ヶ月に一回くらい、座面クッションのローテーション
・ 1年に一回くらい、クリーナーと保湿剤による手入れ。

今のソファは購入して1年くらい経過したので保湿メインテナンスを実施。

ソファ購入店に行き、我が家のソファの素材にあったケア&メインテナンス・キットにつき相談する。
クリーニング剤と保湿クリームの2本がセットになったものと、両方が不織布に染み込ませてあるタイプとあり、我が家の場合、まだ新しいし、小さな子供もペットも居ない家でソファはあまり汚れもないと思われるので、ストアの勧めに従い後者を購入。


IMG_7040-500500.jpg


ケア&メインテナンス剤は、Foruph(フォルフ)


IMG_7042-500375.jpg


不織布シートに、水、PEG-60水添ヒマシ油、オイル、防腐剤が成分として染み込ませてある。


IMG_7043-500375.jpg


フォルフはクリーナーと保湿剤が一体になったもので、ウエット・ティシューのような感じの容器。
なお、パッケージが上下逆なのは、取り出し口のデザインが右利き専用となっているので、左利きの場合はパッケージを180度フリップしないと開けにくいのだ。


IMG_7124-500375.jpg


一枚を取り出す。


IMG_7046-500375.jpg


ソファの表面を優しく拭く。


dry well


背もたれの部分をあげて、そこも優しく拭く。
フォルフ・シートが汚れたら、新しいシートに取り替える。

よく乾かして出来上がり!


end




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-09-20 20:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

鳥害対策と秋の訪れ




20190918


午後から雨という天気予報なので、朝のうちにバルコニーの準備をする。

すなわち、カラス避けのための偽ガラスを逆さまにして吊るす。
逆さまにするところが重要。
カラスは「大変だ、仲間が殺されている、ここは危険だから近寄らないようにしよう!」と思うのだそうで、実際に上向きにして手すりに設置した時はカラスが隣にとまっていたが、逆さカラスにしてからはカラスは来ない。

せっかく吊るしたので記念撮影。

そこで気づいたのが背景の木々。プラタナス並木が色づいてきているではないか。毎日見ている光景だが、肉眼では色づきに気づかなかった。写真にしてみると色々が見える。

室内のインテリアでも撮影してみると肉眼のときより改善すべきポイントなどがよく見えるのとおなじなのだろう。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-09-18 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

トイレの問題点が解消



我が家のトイレは普通の個室タイプ。

一見なんの問題も無く見えるが、実は入居以来悩まされている厄介なトラブルがあったのだ。


IMG_0984-500500.jpg


それは、詰まること、という問題。

我が家のあるビル自体はは2010年に落成したものだが、我が家のユニットは2年半前の大規模リフォームを実施、その際にトイレにはTOTO製のWashletというモデルが配置されている。

2017年6月の入居以来6か月に一回くらいの割で詰まるのだ。ここは9回目に引越した場所で、つまり過去に8箇所のトイレを日常使っていたわけだが、詰まらした経験はゼロ。

一般にトイレが詰まる原因というと、やたらペーパーを流したとか、あやまって何か流すべきでないものを落としたとか理由はいろいろあるのだろうが、わたしの場合、過去同様に普通に使っていたにも拘らず(つまり使用方法における詰まる心当たりはなく)、半年に一回くらいのペースで詰まるのだ。

入居後6ヶ月くらいで発生した1回目の詰まりの時は、何しろ生まれて初めての経験なのでプチ・パニック。メインテンンスのサービス契約のある先に電話したが、スタッフが来るのを待つ間に、たまたま買い物に出て見つけた100円ショップで初めてプランジャーを買い手当をしてみた。それ以降はトイレ掃除の洗剤を泡のすくないものに変えるなど(泡が詰まるのかもと思った)工夫をしてみたが、やはり詰まる。

今年の1月にも詰まったが、もう手馴れたもので詰まりを直した。しかし、この半年に一回の手当を永遠に続けるのはありえない。構造上の問題があるのに違いない。リフォーム会社にコンタクトしようと思い、どのような状況の時に詰まるのかを観察して問題の説明できるように準備を開始した。

最初は配管に不備があるのではなかと疑ったが、ビルディングの他の住人に聞いて見たが詰まる問題のある人はいなかった。

そうなると、問題はトイレットボウル。

取扱説明書を隅から隅まで読んでいろいろとチェック。

そして、あることをしてみたら、どうやら、それが奏功、半年以上経過しているがいまだに詰まりはない。


ヒミツはココにあった。


IMG_0981-500.jpg


それはリモコン。

リモコンを壁から取り外し、裏側にあるメニューからいろいろ設定を変えてみた。


IMG_0985-500.jpg


今年の1月に変更してみたのは、水流の強さ。
デフォルトは「普通」。それを「強め」の設定にしてみた。
「強め」は水の使用量に変わりはないが勢いが強いのだそうだ。

それから、用足しの後に使うボタンは「大水流」のみとしてみた。
こちらは水の使用量が多い流し方。

どうやらこれら2点が良かったらしい。

入居後2年で、漸く悩みが消えたのだった。



そういえば、レストランなどに行きトイレに入ると時々「流すボタンは大水流以外は使わないように」といった内容の貼紙があるが、それは詰まり防止のためなのだ、と意味がわかった。


最初から、勢いよく流すようにしておけば良いのに。そもそも、日本のトイレは驚くほど色々な機能やボタンが多すぎ。わたしが必要なのは「流す」のみ。将来のいつかトイレが壊れて新しくする場合はKohler(コーラー)社のシンプルなトイレで「流す」ボタン以外なにも付いてないものにすると決めてある。

モデルは、クラシックな「Archer」。
Kohler Archer
      Photo Credit: Kohler




または、モダンなデザインの「San Raphael」。
Kohler San Raphael
     Photo Credit: Kohler


どちらも「流す」以外の機能はなく、もちろん、電源も不要。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-08-30 18:00 |
  2. Interior 2.0 - トイレ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

シューズクローゼットの点検と合成皮革の問題点




玄関のシューズ・クローゼットの点検を実施。

目的は不要物の識別。



IMG_6841-450600.jpg



床から天井までのクローゼットなので、この写真に写っていない上と下の部分もある。

特に靴が多い方ではないと思うが、かつて複数の拠点を行き来するライフスタイルだったので、移動するときは手ぶらで済むようにそれぞれの家に最低限の靴や衣料品を備えていた。それを、2年前に住居は1箇所集中としたことから複数軒分の荷物があり同じような品の重複が多いので徐々に整理しているところ。

スリッパが10足くらいあるが、これはすべてゲスト用。我が家ではゲストに出したスリッパは再使用しない。自分自身が他人のはいたスリッパに足を入れることに大きな抵抗がある為、ゲストにも常に新しいものを提供するようにしているので、スリッパは使い捨てとしている。よって基本的に100円ショップのもので、100円から300円くらい。


内容物を1足ずつ取り出して点検した結果・・・

今回は、黒革サンダルが廃棄対象であると認定した。


rockport blk leather dress sandals


一見どこも悪いところはないように見えるし、唯一のドレスサンダルであるというのに、廃棄処分と決まったのには理由があった。


IMG_6825-500.jpg


それは経年劣化。

サンダルは革製なのだが、足首をとめるストラップの内側だけは合成皮革が用いられており、そこが、劣化してボロボロと剥がれ落ちるようになったのだ。剥がれるものはベタベタしたもので撮影の為に少し動かしただけでも床の上には黒いベタベタがたくさん落ちる。


IMG_6826-500.jpg


本革の場合は経年変化で味がでるのだが、合成皮革の場合、経年変化は経年劣化であり、ただダメになる。滅多に使わない品だと、このように数年ぶりに出してみたらボロボロだった、となる。


気づかずに履いていたら足に黒いベタベタしたものが付いてしまい、また家のあちこちがゴミだらけになる(すでになった)ところだった。

早速ゴミ・ステーションへ持っていった。

そういうわけで、フットウエアが1点減った。とても嬉しい。


クローゼット内には、もう一足、劣化が始まっているペアがあった。


Timberland


それはティンバーランドのブーツ。
これも本革製であるが、ブーツの一番上の足首にあたる部分だけPUレザーが使用されていて、そこの内側がベタベタし始めている。このペアは唯一の大雪の日対応のフットウエアなので安易に捨てることは出来ない。

まだなんとか使用に耐えるので、少なくとも今年の冬は履く予定。

実は、ティンバーランドはもう一足持っていて、そちらは4アイレットなので短め。
何年も前に経年劣化で上の部分がボロボロになったのだが、セルフ・リペアを施し、以降も普通に履いている。


Timberland 4 eyelets


写真で白っぽく見える部分は、当初は黒革と同じに見える黒い合成皮革(PUレザー)だったのだが、経年劣化でベタベタのボロボロになった。しかし、とても足に合うので捨てるにしのびなく、強い粘着テープでベタベタ部分を丹念に剥離したのだ。一見グレイのフェルト風で、普通に使える。このブーツは4アイレットなので大雪の日に公園の芝生を駆け回るには長さが足りない。

よって、あらたにベタベタになった5アイレットのブーツも、もうすこし劣化が進んだらベタベタを剥離する方向。


::


合成皮革の劣化の原因と対策



そもそも、なぜ、このように劣化しやすい材質を用いるのか、また、劣化の原因と防ぐ手立てなどを調べてみた。


合成皮革の種類と使う理由

合成皮革はPVCレザーとPUレザーの2種類がある。前者はポリ塩化ビニール樹脂を、後者はポリウレタン樹脂を素材としたもの。

どちらも安価で形成が容易いことから多く用いられている。
また、本革の製品でも部分的に合皮が使われることも多い。合皮は柔らかいので、例えば靴の足首にあたるクッション部分とか、しょっちゅう曲げることの多いベルト部分とか。しかし、本革に比べ合成皮革は耐久性には劣性が認められるため、所有者にとっては嬉しくないサプライズに遭遇することが少なくない。

合成皮革の製品を久しぶりに出して見たら、ベタベタしていたり、ひび割れてボロボロ剥がれたり、分解してしまったりということがあり、がっかりするのだ。


合成皮革がベタベタになる原因


原因は加水分解。特にPUレザー(ポリウレタン樹脂を素材とした合成皮革)で起こりやすい化学反応で、水に反応して分解生成物が作られてしまうこと。風通しの悪いところに長期間保存していると起こりやすい。


合成皮革を長持ちさせるには


汚れたままにせず、汚れはきれいにして風通しのよいところに保管する。
また、長い間しまったままにせず、たまに出して使うのは有用。使うことで程よい風通しとなるから。

わたしの場合、サンダルは箱に入れたまま5年以上そのままだったので、劣化の最高の条件が揃ってたと思われる。
Timberlandは、箱に入れてないし、時々(といっても冬のみ)使用していたが、それでも劣化は起きた。寿命なのか?


合成皮革の寿命


合成皮革は手入れをよくしたとしても寿命は5年程度という見解が多い。
わたしのように一つのものを長く使う人には向かない素材なのかもしれない。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-27 18:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0