ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

スワン・チェアの手直し



我が家のリビング・ルーム。
気に入った家具を配置して大好きな心地よい空間・・・になるはずだったのだが、実は少し失敗している。

IMG_0895-500375.jpg


それはスワン・チェア。

スワンを選択した事には何の問題もない。
フォルムも座り心地も完璧。

読書はスワン・チェアで、というのが定着している。


IMG_5657-450534.jpg


では、何が失敗だったのかというと、ファブリック。

スワンチェアのファブリックは何百、もしかしたら何千?という選択肢がある。
ファブリック見本帳を見て決めるのだが、非常に種類が多いので、まずおおまかに希望を伝えることになる。

 ・ 色はグレイ無地。
 ・ 材質はザラザラしないなめらかさのあるもの。

店の人が数冊の見本帳を出してきて、それを見せてもらい、候補を絞っていった。

そこに、店の人がいきなり取り出したのが Kvadrat社の製品。
デンマークに本社を置くテキスタイル・メーカーである。


Kvadrat Hallingdal 65


「これは、椅子の曲線がもっとも美しく出るファブリックなんですよ」

と言いながら、布を曲げてみせる。
なるほど、陰影の出具合が見事。
それまで見ていたファブリックたちはのっぺらぼうに見えてくる。

「この材質は、ウールのけばがあり、チクチクするのが気になるという人もいらっしゃいますが、それは最初の3〜6ヶ月ほどでチクチクするのはとれます」

そして、とうとう、当初の目的とは全然違うものを選んだのだった。

そして、それは失敗だった。

というのも、チクチクは3ヶ月経っても6ヶ月経っても、1年経っても一向にとれなくて、座ると皮膚が露出している部分はもれなくチクチクする。夏は露出が多いので心地よくない。

そこで手直しをすることにした。

どうしたのかというと、チクチクを取ればよいのだから、椅子を剃ったのだ。

最初は安全剃刀で剃ったが、もし手元が狂い穴でも空けてしまったら目も当てられないので、思いついたのが毛玉取り。


IMG_5543-500.jpg


これはうまくいった。
ちくちくするものは大分取れてきた。


IMG_5545-500.jpg

なお、この毛玉とりは、ALESSIの製品で、ピングーみたいな見た目はとても可愛いくて、力量はいかがかなというルックスだが、これが、とても良い仕事をする。

なお、これはピングー(ペンギン)ではなくて、キツツキなのだそうだ。


一時は、ファブリックの張替えに出そうかと思ったほどだったが、このキツツキのおかげでそのまま使えることになった。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-06-30 22:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

枕の寿命と交換:ビフォー&アフター




bedroom pillow change


ベッドルームの枕のひとつを買い替え。

枕には寿命があり、その耐用年数は充填物により異なる。
枕はダウンが好みで、その寿命は3年程度といわれているが、わたしにとっては約5年で快適睡眠対応としての寿命が到来するので定期的に交換している。

今回、買い替え対象となったのは 4個のうち1つで、非常にへたっているのが気になっていたもの。
新規購入の Medium Downのピローをおろす。
サイズは50×70cm。いつものサイズ。

ベッドルームの見た目は何も変わらない。

取り替えた古い方の枕は、寿命といっても、まだ捨てるには至らない。

そこで、どこに行くかというと・・・


sofa and color


リビングで昼寝する時専用となる。

いままでは、昼寝の都度寝室から枕を移動し、昼寝終了後は寝室に戻していたのを専用ピローができたもの。
普段はパントリーに収納。

鮮やかなイエローのピロケースを使用したので、いままでモノトーンだったソファ周りの雰囲気ががらりと変わった。
グレーとイエローは好きな組み合わせなので、次の昼寝が楽しみ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-06-18 22:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

涼しくて快適な睡眠環境の朝が意外な結末になった理由



我が家の寝室の入り口ドアの横には、チェストと空気清浄機を置いている。


IMG_6056-500500.jpg


窓の逆側なのでふだんはあまり目にすることは無い位置だけれど、毎朝、目が覚めて最初にはこの方向を見る。

チェストの上に置いてある時計で時間を確認するのが目的。

今朝、窓の外の騒音で目が覚めて、時計を見ると、5時。
窓のカーテンは閉めないで寝る派なので、夏は5時だと明るい。

あと少し寝ようと思ったのだが、近くの道路工事の音がうるさくて眠れないので、そのまま起床。我が家の近くの道路は2年くらいにわたり、間欠的に工事が続いている。東京オリンピックの為に国立競技場を始めいろいろな設備や建築のため、水道管やらガス管やら配電などの工事が続いているのだ。掘るのは一回にして欲しいのだが、各ユーティリティーにより利権が絡んでいるらしくて、掘って工事して埋めて、また掘って・・・の無限ループが続いている。工事は車道の地下なので、交通量の少ない深夜から明け方に工事が行われるのだ。迷惑するのは近所の住民なのである。

不本意にも早朝に目が覚めてしまったが、それ以外は快適な夜。

涼しい日が続いていて、冷房なしで心地よく羽毛布団(Duvet)をかけて寝られる。


IMG_6053-500500.jpg


但し、足先だけは暑いので必ず布団の外に出すのは一年を通じて同じ。

よって寝るのはベッドの端っことなる(そうしないと掛物から足だけ出すことができない)。


水曜日、起床時の室温は24.5℃。冷房する場合の温度設定は23℃なので、ほぼ理想通りの室温。こういう状態はあまりなく、工事による安眠妨害はますます残念だった。

そういうわけで、わたしは、すっかりアンチ・オリンピックとなったのである。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-06-12 22:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

初夏のベッドルーム: 色彩の温度をあわせ不協和音が無い組み合わせ



初夏のベッドルームは、ベディングに新しい色が登場した。

<< after >>
br 201906


それは、ブルー+グリーン+グレーが渾然一体となった海の中にいるような色で、Sea Blue Green / Bluegrassという名前で売られていたもの。
もともと大好きな色だけれど、ベディングへの採用は初めて。
新しく買った掛け布団カバー(Duvet cover)の色(無印良品の「オフ白」)との相性も極めて良い。

クリスマス・セールで買ったエジプト綿のシーツ・セット(トップシーツ、ボックス・シーツ、枕カバー)で、以前に1回セットしてみたのだけれど、当時の冬布団カバーはピーチがかったクリーム色で、このシーツとは色が合わなかったので使わなかった。
関連記事: ベッドルームで失敗


<< before >>
br egyptian sheet failed


写真では、差が分かりにくいが、<< before >> は、冬の布団カバーに含まれるピーチ・クリーム色の暖かさがシーツのアイス・ブルー・グリーン的な氷河のような色とミスマッチで、わたし的には許容できなかったのだ。


わたしは色彩にとてもこだわるタイプ。
育った環境もあるのかもしれない。母が色彩を大切にする人で、子供の頃に洗濯物を干すのを手伝わされた時など、適当に干すとやり直しさせられた。隣り合う洗濯物は色彩的に心地よくマッチするものでないとダメ、さらに、ピンチの色(各色があった)と洗濯物の色も心地よく合わないとダメなのであった。よって、色彩の不協和音は容認できないというタイプの人間に育ったのだと思う。


新しい掛け布団カバーの「オフ白」と、シーツの「Sea Blue Green / Bluegrass」は、温度が同じで相性が良い。


IMG_5852-500500-ol.jpg


これなら心地よく睡眠の世界にいける。


たしか、このシーツの色によく合うスリープウエアをがあった、と出してみる。
寝るときは、専用の衣類に着替えるが、所謂パジャマとして売られているものではなくて、上はTシャツ、下はラウンジパンツ。


sheets and pj 500457


完璧!

幸せは不協和音のない生活 💕




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-06-08 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

床材目地の修復



リフォームの2年フォローアップの際に指摘した床材タイル目地のリペアにリフォーム施工のNリフォームの人、それに、LIXILから職人さん2名来訪。

玄関ホール床材は40センチ角の大理石タイル。この目地が何箇所も欠落してしまったので、補修するもの。

タイル職人さんは、丁度良い色味の目地剤を持参。輸入品は色が豊富なのだと説明してくれた。予め練ってあるタイプなので直ちに作業にはいる。


LIXIL repair 01


あらかじめ昨日のうちに印をつけておいた目地剥がれ部分は合計11箇所。


LIXIL repair 00


「指でやるのが一番なんですよね〜」

と言いながら目地をタイルの間に押し込んでは、しめったスポンジ、乾いた布、の順番で周囲についた目地を拭き取る。


LIXIL repair 02


当方が指定した11箇所の補修が済んだあとは、他に問題がないかフラッシュライトで角度をつけて照らしながら欠落を探していく。いくつか目地剥がれがあったのでそこも修復。

30分くらいでリペア工事終了。


工事の後は雑談になった。

来た職人さんは2人とも2年前にリフォーム工事をした時の人で当時の苦労話などを問わず語りに話し出す。

・ LDの床は、色味を合わせるのがとても難しかった。このホワイト・オーク材は、ロットによりイエローっぽい板や緑がかった板などがあり、箱を開けて部屋の端から板を張っていくと部屋の途中で2色になりおかしくなるので、適当に色味をばらけて張らないとならず、ふつうなら1日で張り終えるところを3日かかったとか。

・ 書斎床はヘリンボーンなのだが、これは張っていく時に注意深くしないと、組み合わせを間違えることがあり、やり直しになるのだ、とか。

・ タイル屋さんは、床の大理石より、ホール壁の大判磁器タイルを貼るのが大変だった、とか。

・ 床(ゆか)の工事は他の職人が作業中はできないので、他が済んだ後しか作業できないのでいつも夜だった。夜景を見たりしたなあ、とか。


我が家リフォーム映画のMaking 版を見ているようで、とっても面白かった。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-05-25 00:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0