ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

窓の開く位置と方向



我家のLDとバルコニーの境界は床から天井までの引戸式ハイサッシ。
フル・オープンするとこうなる。

Windows

開くのは左右のパネルのみ。
真ん中に見える縦の枠のようなのものは、左と右の窓枠。
真ん中の部分は幅2メートル以上のFIX。

デザイナーはピクチャーウインドウを意識して、真ん中部分は大きな一枚ガラスにしたのだろう、という意図は分かるけれど、非常に使いにくい。

何故なら、カーテンは真ん中から開き両脇にとめる形にしたから、バルコニーに出るときはカーテンがちょっと邪魔になる。
それに、折角横幅のある開放部なのだから、端っこではなくて、真ん中からどうどうと外に出たい。

3枚パネルではなくて、4枚の戸で構成されていて、真ん中からでも、両脇からでも、どこからでも開くような戸だったらどんなにか使いよかったことだろうか。

集合住宅なので、自分だけ窓を替える事は出来ないので、この窓と共存するよりないが、こういう真ん中はFIXという窓は一般的なのだろうか、といつも思う。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2015-10-20 10:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6

エアコン冷房の温度設定



リビング・ルームのエアコン(AC)は天井に埋め込みカセット式。
壁取り付けの一般的なAC室内機のようなでっぱりが無いので空間が圧迫されない。
見た目も機能もとても気に入っている。

AC Living Room Casette AC

冷房の温度設定は、今年から24℃としている。
ほんとうはもう少し涼しいほうが好きで、去年までは22度にしていたのだけれど、エコ観点から2度あげて24度にしてみたら何とか快適が保てるので24度としたもの。

最近、友人とACの温度設定について話していたら、彼の家では何と28度にしているという。
これは、かなり驚いた。
かなりの暑さだと思うのだけれど、除湿すれば28度でも快適レンジなのかもしれない。
この友人の家では小鳥を飼っていて、小鳥にあわせた気温設定としたということだけれど。

インターネットでいろいろ調べたら、28度設定が奨励されているというページがいくつもあった。
電気代節約に役立つからとのことらしい。
快適と思う環境気温は個人差があり、わたしは無類の暑がりなので気温は低ければ低いほうが良いというタイプなので、夏の間は電気代や地球の資源のことは目をつぶりACの恩恵にあずかる日々なのであった。

***

エアコン、ひきで見るとこんな感じ。

約一年前、入居直後のリビングは、こんなにサッパリしていた。

Living Room

現在のレイアウトは、コーヒーテーブル、大型のグリーンやスツールを置いていて、それなりに好きだけれど、この、殆ど何も無い、というのが実はわたしの一番の好みだったりもする。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
  1. 2015-08-21 00:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

外から見た夜の我が家



そういえば、と思って、外から見た我が家を撮影。
我が家はLDの片側が一面の窓となっていて、バルコニーから見るとこうなる。

夜は通常こんな感じ。

night-withoug-curtain-light-off_01.jpg

書斎に居ることが多いので照明は書斎とキッチンのダウンライトの一部をオン。
LDの照明はオフのことが多い。

カーテンは閉めない派。


LDの照明を点灯するとこんな感じ。

night-without-curtain-light-on.jpg

照明は全てLEDの「電球色」。特にオレンジ色は強くない。
LEDの場合、「白昼色」だと青白いので、「電球色」が好き。


夜は、このように丸見えなのだけれど、全然気にならない。
というのも、我が家は目の前の公園を見下ろす立地となっていて、最も近い建造物までは
1.5kmくらいの距離がある。
その距離だと高性能の望遠鏡でも使わない限り、肉眼では窓の中の様子は分からない。


ウインドウ・トリートメントは、カーテン(シャンペン色ボイル)とドレープ(濃いめのグレー)。
夜間に閉めることはまずない。
閉めるのは昼間、外の光線が眩しいとき遮光のため。


カーテンを閉めるとこんな感じ。

night-with-curtain-closed.jpg

カーテンを閉めると、ほとんど中の様子は分からない。


光は外にたっぷり漏れる。

night-with-curtain-closed-balcony-off.jpg

バルコニーに置いたチェアの形ははっきりわかる。
読書するには暗いが、ドリンクやおしゃべりをしたりするには十分な光量。


なお、カーテンを閉めない理由はというと、その方が広々するから。
いつもはカーテンを開けているのでたまに閉めると、家が急に狭くなった気がする。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア



  1. 2015-07-09 00:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

洗うと縮むというコットンの特性を逆手にとって



お気に入りのストライプのクッション・カバーをプチ修正。


after

Stripe cushion cover after 01


これは4月にNITORIで購入したもので、色合いやストライプの感じがとても気に入っている。
ところが、ひとつ問題があったのだ。

それはサイズ。45cmのクッション用に45cmのカバーを購入し、45cmとラベルのついたものが届いた。
クッションにはめてみると、ぶかぶか。

そこで測ってみたら、45×45であるはずのカバーなのに一辺46cmだった!
NITORIはお値段以上のみならず、サイズも表示「以上」だったのである。

そこで一考・・・

このカバーはコットン100%。

シーツでよーく分かっていることのひとつが、コットンは縮むということ。
ゆとりあるシーツを買っても、洗うと縮んでマットレスにぎりぎり引っかかるぐらいになってしまう。

これを逆手にとった。

クッションカバーを洗ったのだ。


ほどよく縮み、45cm四方のカバーになった。
前よりぐっとフィットが良くなって満足。


アップ写真。

Stripe cushion cover after 02

中に入れているヌードクッションはフェザーが好みで、ポリエステル綿のもののようにはパンパンにならない。
このよれっとした感じだけれど、よりかかった場合のサポートはしっかりあるのがフェザーの好きな点。


before

Stripe cushion cover befire

クッション・カバーが届いてすぐにとった写真。
実は、大きすぎるので、余剰分を後ろ側にたぐり寄せるように引っ張って撮影したもの。

もう、普通に使って大丈夫。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ 白黒病重症患者
  1. 2015-06-01 20:30 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

リビングのプチ模様替え〜シマシマ・デビューを果たした日



リビング・ルームのプチ模様替え。

白黒シマシマ・クッションカバーを導入。
これで、我が家のリビングルームもシマシマ・デビューを果たした。

Stripe Cushion 01

実はこのクッションカバーは表と裏で柄が違う。
裏面は太いストライプ。

Stripe cushion 02

好みは細い縞の側だけれど、写真映えするのは太いほうかもしれない。

実は縞はかなり好きであり、衣類は縞が多いのである。

だけれど、インテリアは無地派で縞もチェックもクロスも無しだった。
でも、それも今日まで。

部屋が急に明るくなった気がする。夏向き。

ところで、このクッションカバー、調達元はニトリ。
はじめて買ったが、確かに「お値段以上」というのに同感。
唯一の不満は、表と裏が別柄なこと。正面から見るのはOKだけれど、横から見ると柄がごちゃつくのが残念。

クッションカバー(ボーダーBK)


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ 白黒病重症患者



  1. 2015-04-30 12:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2