ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

大きな蜘蛛が室内に!



最近の出来事である。

そろそろ寝ようかとベッドルームに行き思わず息を飲んだ。
窓際の壁になにやら黒い物体が存在するではないか。
我が家のベッドルームの壁は白なので黒いものは寝室の明度の低い照明のもとでも認識は容易い。

Spider image

その正体が蜘蛛であることは瞬時に理解した。というのも2ヶ月くらい前に我が家のあるビルディングのエレベーター・ホールで大きな蜘蛛をみかけてびっくりしたからだ。それは大人の掌くらいもあるサイズで、全身を黒い毛で覆われた8本足のイキモノ。イメージはタランチュラそのもの。驚いているうちにエレベーターが来たので乗ってしまい写真撮影できなかったのは残念。


後日アパートのマネジメント・オフィスの人に聞いたら、隣接している緑地から時々館内に入り込んでくる事がある蜘蛛で、人間にとり無害だとのことだった。
杜に隣接しているビルディングなため都心部とはいえそれなりのワイルドライフを経験することになるのだと知った。


今回は、それと同じ種類の蜘蛛が我家の室内にいる!
いくら無害でもこんな大きな蜘蛛がいる部屋では寝たくない。寝る前に排除せねばならない。


幸い敵は窓辺が近い壁に張り付いているので、窓から外に追い出すことにした。


用意したのは比較的厚手な上質紙の広告の紙。それを丸めて長さ30cmくらいの筒を作成。
筒の片端を持ちもう片方で蜘蛛の一部をそっと上向きに押してみた。
いい塩梅に蜘蛛は上の方に移動してくれる。
窓に誘導すると思惑通りに窓枠の方へのそのそと歩く。

「よしよし」


窓は開けてある。


窓の外に出てくれた。しかし、そのままではまだ窓の下枠の部分に佇んでいるので次に窓を開けた時に家の中に戻ってくるかもしれない。そこで、もう一押し。蜘蛛は空中に向けてジャンプしていったのであった。さらば!


こうして安眠の夜を迎えることができた。


蜘蛛の侵入経路は不明だが発見場所から窓から入って来たと推察するのが合理的だと思う。
12階の我が家まで外壁を登って来たとは思えない。
こんな大きな蜘蛛でも風に乗って上層階までくるのだろうか。

いずれにせよ、この経験以降は窓を開放するときは必ず網戸を閉めることにした。

ひとつ非常に残念でならないことは、今回も再び写真撮影を失念してしまったこと。


なお、この蜘蛛の種類だが、アシダカグモ、または、イオウイロハシリグモ、あるいは、キシノウエトタテグモ のいずれからしい。どれも東京にも存在する種とのこと。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-11-14 00:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

プラタナスと冬支度



IMG_3694-500400.jpg

プラタナスの葉が色づいて来た。

プラタナスの葉が黄色くなるのは、落葉のプロセスの一環。
気温が低くなり空気が乾燥してくると光合成の効率が悪くなり、そのまま葉をつけていると樹木のエネルギーを使いすぎるので落葉してエネルギー消費を抑える。そのために葉に残っている光合成のパワーを樹木本体に回収している段階が黄葉となり、回収が終わると落葉し越冬する。

つまり、冬支度をはじめていたのであった。


人間界のわたしというと、ACをつけた部屋で暑さをしのいでいる状態。
では、冬支度は何もしてないのかというと、実はそうでもなかったりする。

(続く)


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-10-06 20:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

台風と風速の計算



bad weather


台風24号が日本国を縦断中とのことで、準備をしておく。

東京地方は日曜日(9月30日)の夜から翌日の夜中くらいが暴風雨となり、我が家のある地域は、26時ごろ16m/sの最大風速が予測されているとのこと。

この風力の表示がわからない。

これがどの程度の風なのか分からないいのは、わたしが日本に移住して1年程度なので日本国の経験が浅いからかと思い、日本に長く住んでいる友人や知人に聞いてみたが、誰もが、天気予報でいう風力は秒速なのでどのくらいの強さなのか分からないという。

そこで、分かるように換算することに。

16 m/s は、meters per second、つまり秒速16メーターということ。そういう生活をしていないので秒あたりの風速などわからないので、時速にして、ついでに、キロメーターにする。
16×60×60/1000=57
時速57キロである。
これならどんな風の強さかわかる。
時速57キロで走る車の窓から顔を出した風とおもえば見当つくというものだ。

これを暗算でするには、気象庁の発表する秒速メーターに 3.6 をかければ良い。

マイルだと、
16×60×60/1000/1.6 = 36 mph
時速36マイルとなる。
暗算するには 任意の m/s に 2.25 を乗ずることで求められるので容易い。
60×60/1000/1.6 =2.25

これで、台風情報もわかりやすくなる。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2018-09-30 15:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

初めてのお盆



生まれて初めてのお盆体験。

思っていた以上に日常生活に大きな影響があったのだった。


[ 去年まで ]

日本生まれだが、季節の行事を一切行わない家で育ったので「お盆」の存在を知らないまま大人になった。
大人の人生の殆どは日本国外で過ごしていたので、日本の夏の風習である「お盆」は名前を聞いたことがあるといった程度以上の知識はなかった。


[ 今年の夏 ]


去年、東京に移住し、今年の夏が実質的にお盆の初体験。

帰省する人で電車や高速道路がこむだけで自分には関係がないと思っていたら大違い。

東京以外の場所での状況は分からないが、東京都心部では、多くの店が夏季休暇、または、お盆休暇、ということで店を閉めているのであった。
異常な暑さの中、よく行く店にランチに出向いたら、なんと閉まっている。


お盆


なら、デパートなら良いかとデパ地下に行ったら、デパート自体は流石にしまっていなかったが、出店店によってはガラスケースは空(から)で「16日まで休み」などと書いてある。

がっかり。もっぱらコンビニで食料を調達する日々となったのであった。

夏になると、多くの店がお休みにしてヴァケーションというのは、ヨーロッパでは当たり前のことだけれど、東京も欧州化してきたということなのだろうか。

今日ぐらいから、ようやくいろいろな店が通常運営に戻ってきて、ほっとしている。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-08-20 00:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

地震対策について



先日、大阪、近畿地方に大きな地震が発生した。
わたしが現在住む地域である東京都心部では揺れはなかったが、ニュースで近畿地方の様子をみていて被害の様子にショックをうけた。というのも、わたしは大きな地震を経験したことがなく、地続きの場所で起きた大地震のニュースをリアル・タイムで見るのは今回が初めてなのだ。


これを機に、我が家の地震対策をみてみることに。

家の中での地震の被害は圧倒的に倒れて来たものの下敷きになること。

今回の地震では、タンスが倒れて下敷きになった被害者が複数ケースあったが、我が家にはタンスは無いので、下敷きなることはない。実際にどのようなリスクが我が家にあるのか分析してみた。


リビング・ルーム

我が家のリビング・ダイニング全貌。

living and dining all

チェアやテーブル類などのLDの家具類は特に高さのあるものではないので地震の際に倒れて被害を及ぼすことはなさそう。
キッチンとの境界においてある植木は160cmくらいの高さがあり、倒れるかもしれないが、軽量なので倒れても特段の被害の原因にはならないと思われる。

LDで問題となりそうなのは、AV機器類。

テレビジョン画面は「吸着Qちゃん」というふざけた名前のしかし効果は真面目な吸着ジェルパッドを敷いてあり震度7までは問題ないはず。

audio quake check

倒れる可能性があるのは、オーディオのスピーカー。こちらは W35cmxD30cmxH60cmで、重量19キロ。倒れたら床にダメージが発生しそう。吸着ジェルパッドをスピーカーの下に敷けば転倒リスクは減るものの音質に変化が生じるので当面は手当せず。


書斎

問題あり。
書斎机の上の iMacは倒れるかも。
一番の問題は床から天井まである本棚。

bookshelf

本棚自体は作り付けなので倒れることはないが(壁が倒れない限り)、中身が問題。
本棚は本以外に文房具やその他の仕事の道具も収納していて、特に、向かって右側は、ケースに小分けした様々なものがしまってあるセクションとなっている。高いところに置いてあるこれらのものは低いシェルフに移したほうがよさそう。


キッチン

カップボードに陶器やガラスの食器が入っているが、耐震ラッチつきなので、大きな揺れが来たら扉がロックされ中身が溢れでてしまうことはないはず。カウンターの上に置いてあるのはコーヒーメーカーだけなので特に問題なし。もし落ちて壊れたら買い換えれば良い。大きな地震が来て倒れる可能性のあるものといえば冷蔵庫。大地震が起きたら冷蔵庫の前に行かないようにすればリスク回避できる。


寝室

空気清浄機が倒れるかも。そうしたら起こせば良いだけ。


浴室、パウダールーム、トイレ

浴室: 特に何も置いてないので問題なし。
パウダールーム: 洗濯機が倒れたという事例はあまり聞かないが、揺れでホースが外れて水浸しになってしまうということは多いらしい。我が家では、洗濯機への給水栓を使う都度開けて使い終わると閉めているのでもしホースが外れても水がでてくることはなく大丈夫だが、栓を開けたままにしている使い方の人も多いらしくその場合は洪水が起きるので要注意。
トイレ: 吊り戸棚に予備のトイレットペーパーがしまってあるのみ。落下してもダメージはない。


ということで、少し改善が必要なのは書斎の本棚の中身だけとわかった。
この本棚、実は、約1年前に引っ越した際にフルサービスの引越し業者によりとりあえず収納され、以降手付かずだった場所。地震対策を機にきちんと整理することに。


大地震未経験につき、防災用として常備しておくべきもの(食べ物や水他)などについては別途調べる予定。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-06-19 19:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2