新築住宅を入手したので、家具も新調して部屋を作っていく過程を記録するブログ

シンプル・リビング - Less is more

トイレで不要なもの、あってよかったもの



我が家のトイレはかなり狭い。そして、不要なものがいくつかある。

WC

もし注文住宅だったらトイレもいろいろと好みに合わせて選べるのだけれど、マンションではトイレはデフォールト・セッティングで変更は不可。

設置されていたのは、Panasonicの「アラウーノS」という、タンクレス・トイレ。
パナソニック独自の「ターントラップ洗浄方式」で大洗浄5.7L、小洗浄4.5Lと20年前の方式(大13L)に比べ大幅な節水とのこと。
タンクレスや節水型という点は良いけれど、まったく不要な機能(わたしにとって)もいくつかあり、自分だったら選ばないトイレだなあと思う。

トイレについてきた機能でまったく使わないもの。
 1. 便座を暖めるヒーター。
これは常時「オフ」にしている。便座が暖かいのは好まないのだ。誰かが座った直後のような気がしてしまう。つめたい便座に座ることを苦痛とは感じないし。
 2. シャワー・トイレ機能。
これは、過去にも使ったことがないので、使った場合の便利さなどを分かっていないだけかもしれないが、今まで使わないで何も不便を感じたこともないし、それに、使わなければ、掃除する部分が一箇所へることになるし。← 掃除は基本的に好きなのだけれど、生来の面倒くさがりでもあるので微妙。

一方、便利している機能はというと、
 1. 自動洗浄。
用を済ませてたちあがるとセンサーが働き自動的に水を流す。便利だけれど、これに慣れてしまうと、自動じゃないトイレに入ったときに水をながすのを忘れてしまうことがありそう。
 2. セルフ・クリーニング。
ソープ・タンクがトイレットボウルの横についていて、台所用の中性洗剤をいれておくと、流すボタンを押す何回かに1回はソープが水流に混ぜられて自分でクリーニングするセルフ。クリーニング。これは良い機能。

その他のポイント

不思議でならない点
これだけ、自動化がすすめらているトイレなのに、ライト(照明)だけは何故か手動。
人感センサー連動の照明にしてくれていたらどんなにか良かっただろうか。
トイレの電気ほど消すのを忘れやすい照明はないのだから。

収納
トイレの部屋については、大きめの吊戸だながあり、トイレットペーパーなどがたっぷり収納できるのは良い。
また、手洗いシンクの下にも小さいけれど収納できるようになっているので、トイレ自動洗浄用の中性洗剤や使い捨てトイレブラシなどを収納。部屋が狭いわりに収納は充実。

アクセサリー類
トイレの中に置かれることが多い品のうち、我が家にはないものというと、
トイレマット、トイレのカバー、トイレ専用のスリッパ、タオル、など。
全ては一切無し。ミニマルなトイレ。
引渡し以降に加えたものは、小さなフェイク・グリーン×2、および、ペーパータオル。以上。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ






  1. 2014-12-11 10:00 |
  2. Interior - トイレ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/72-c9a93990
Use trackback on this entry.