ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

ベッドルーム 2020年夏のプチ模様替え



BR by the window 2020 July


3年前に引っ越してからずっと気になていたことをようやく修正。

それはベッドルームの窓際に配置しているチェアとオットマンで使っているクッション類。時々ここで読書などする快適スポット。

トップ画像は after。
引越し後3年間は以下の beforeの状態だった。


<< before >>
IMG_9996.jpg

オットマンは、もともとは前居の(広い)バルコニーで使っていた金属製の丸椅子。その上にクッションを置くと足の乗せ心地のよいオットマンになった。

チェアもバルコニーで使っていたもので、樹脂製なので背中にはクッションをあてて室内快適度を高めた。

つまり椅子類もクッション類も前居で使っていたものなのだが、今の住居だといまいちしっくりこない。


<< after >>
IMG_9997.jpg
これがアフター。

白黒ストライプをやめて、背当てクッションはクリーム色無地のベルベット、オットマンのクッションは注文してあるものが届くまでは、白地に黒のペイズリー柄のバンダナでカバー代用。

このセッティングになりとても落ち着いた窓際ができて満足。


(参考)

これは前居のリビング。

past--20150430_stripe_01.jpg

白っぽい大理石床の家だったので、白と黒のストライプのクッションカバーを愛用していたのだった。
今でもモノトーンのインテリアは好きだし、白と黒のストライプも大好きなのだけれど、現居のオーク材の床には別のカラー・スキームのほうが好みに合うので、白黒ストライプはリタイヤとなった次第。



このように、住環境の変化に伴いインテリアの調整をすると幸福度が大幅にアップしたのだった。





にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2020-07-06 21:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

Comments

Makiさんこんばんは!ファブリックでお部屋が大変身しましたね!
Afterのペイズリーの感じはカーテンやナイトスタンドのクラシカルな雰囲気ととてもあっていると思います☺️
布の力って偉大だと改めて思いました(^O^)
窓辺の景色とこの空間を見るとまるでホテルみたいでとても過ごしやすそうです♪
  1. 2020/07/11(土) 22:22:59 |
  2. URL |
  3. mashley #-
  4. [ Edit ]

mashley さん

ファブリックひとつで部屋全体の雰囲気が変わるのだから最も手軽でかつ効果抜群のイメージチェンジ手段ですね。
布の力って本当に偉大 (^^)
ナイトスタンドに置いたランプがクラシカルな雰囲気なのでペイズリー柄が合うのですね、なるほど! beforeでは色のトーンが合わなかったのかと思っていましたがランプシェードの雰囲気との調和だったのかと、納得しました。
  1. 2020/07/12(日) 08:44:49 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/672-07ee739a
Use trackback on this entry.