ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』




poster-onceuponatime-in-hollywood.jpg


劇場公開で見そびれた本作を日曜日にアマゾン・プライムで鑑賞。


2020年オスカー賞(第92回アカデミー賞)で数部門にノミネートされている作品でもあるので、応援がてら観たところ、ブラッド・ピットが助演男優賞を受賞した。応援の甲斐があったというものだ。





SUMMARY:

ハリウッドの黄金時代の最後の瞬間を舞台に、大規模なアンサンブルキャストと複数のストーリーラインで当時の映画界へのトリビュート。

当時の映像や再現映像などで史実に沿いながらも、映画的脚色やフィクションを巧みにブレンドして独自の世界が繰り広げられる。


STORY:

落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)と、彼の長年のスタント・ダブルで付き人兼運転手のクリフ・ブース(ブラッド・ピット)は、1969年ロサンゼルスのハリウッドの黄金時代の最後の年の間に映画業界で名声と成功を達成するために努力している。

ハリウッドの変遷についていけず落ち込むリック、ゴーイング・マイウエイでこだわりの少ないクリフ、性格が正反対の2人は相性がよくて、兄弟以上、妻未満と自ら認めており非常に親密な関係を保っていた。

リックは再び輝く存在になろうとマカロニ・ウエスタンにいやいや出演することに決め、クリフとともにイタリアで3本の撮影を終えてロス・アンジェルスの自宅に戻ってきた。隣人はロマン・ポランスキーとシャロン・テート。その夜に事件に遭遇する・・・


IMPRESSIONS:

映画の中は1969年で、当時の映像が用いられている他に、現代のアクターが扮するブルース・リー(Mike Moh)やスティーブ・マックゥイーン(Damian Lewis)が登場する。2人ともよく雰囲気が出ていて驚く。

シャロン・テートが序盤から何回も登場し、リックの家の隣人ともなるし、また、別の場所ではヒッピー集団がコミューンと称する共同生活を送っていたりするわけで、当然のことならがら何かがおきるのだろうと映画を観ている人は思うことになる・・・

ブラッド・ピットはオスカー受賞スピーチで語っていたがタランティーノ監督は人の良いところを引き出す才能があると。たしかに本作品でのピットは今までの作品と少し違い人間の内面の表現がほのかに出るところが実に良かった。


REMARKS:

生涯10本の映画を撮るといっているクエンティン・タランティーノ監督の9作目。



その他:


2019年 USA 2h 41min



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2020-02-11 12:00 |
  2. Movies
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/647-f76575fa
Use trackback on this entry.