ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

Gとの遭遇




2日前の朝、思いもよらぬ出逢いがあった。

それはG・・・・


出逢い


毎朝、起きるとすぐにリビングの窓とバルコニーへのドアを開けて空気の入れ替えをするのが習慣となっている。

2日前の朝もいつもどおり窓とドアを開けた。涼風が入ってきて気持ち良い。

「ん?」

しかし、バルコニーのドアから焦げ茶色のものが入ってきた。とことこと白い壁を歩いていどんどん室内に進んでいくではないか。この虫は何年も目にしたことのないものだが、過去に何回も見たことがあるアレによく似ている。

でも我が家は12階。ここまで歩いてきたのだろうか??

急いでメガネをして再確認。色は焦げ茶色、サイズは人間の大人の親指くらいのイキモノはやはりアレ、Gと認識して間違いない。

うわぁーー、どうしたものか。もちろんこのまま家に住み着くのを許容することは選択肢にない。起きたばかりのぼんやりしている頭が、どんどん覚醒していく。退治方法を頭脳内で模索する。

これはやはり、他の侵入者の場合と同じように対応することに。

それは、厚紙で追い払ってお引き取り願うというもの。

我が家は目の前が緑地なので飛んでくる虫が入ってくることは珍しくないので、そういう時のために少し厚手で大きめの紙が用意してある。

厚紙2枚を片手に1枚ずつ持ち、Gをバルコニーのドアに誘導して追い出すという計画。まずは方向転換。うまくいった。あとは後方から追い立てるようにドア方向に導く。片手では風も起こす。Gは、入ってきた時とおなじような速度でとことこと歩いてまんまとドアから出て行ったので、すかさずドアをしめて一件落着。

あぁ、驚いた。とんだ1日のスタートとなった。


友人に話したら、複数が「冷凍して殺すというスプレーを家に置いている」というではないか。それなら臭くならないし、毒成分が家のなかにスプレーされることもない。


防衛開始

調査と注文


その夜、早速アマゾンで対Gの武器を注文。

まず、冷凍スプレー。その名も凍殺ジェット。

また、インターネットであれこれと検索して見て、バルコニーに置くブラックキャップというG用の毒入りエサがあり、これを外に置いて置くと外で駆除され家の中には入ってこなくなるのだというので、それも購入。


本日、対G戦争の武器2点が配達された。


まずは、-85℃で冷凍してしまうスプレー。


IMG_7183-375500.jpg


使わないですみますように。


それから、ブラックキャップ。

IMG_7194-375500.jpg



これはセットアップが必要。

箱の中には8個の小さな容器がはいっている。


バルコニーに設置して外で駆除する



IMG_7196-500500.jpg


5平方メートルに1〜3個が適量だと取扱説明書に記載がある。

我が家のバルコニーは、4.03平方メートルだけれど、多めに4個おくことに。

製品の説明書によると、Gはプランターやエアコンの室外機が好きで住み着くことがあるとのことなので、説明書に従い設置。


防衛線の設置



まずは侵入してきた場所であるバルコニーのドア。

IMG_7197-500500-a.jpg



写真はないがドアの向かって左側にも設置。

それから植木鉢の横。

IMG_7198-500500-a.jpg


エアコン室外機の下にも1個。


IMG_7216-500500-a.jpg



Gの我が家室内への侵入は許さないバリアというわけ。

もし、それでも入ってくるツワモノがいたら、冷凍スプレーという武器もあるという二重の防衛なのである。


この家はダメだ、とGに学習してほしい。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-09-27 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

Comments

Makiさん
こんばんは!
G事件大変でしたね(^◇^;)
私はカエルと違って平気で退治できるのですが(それでも好きではありません笑)家の敷地内に侵入されると面倒に感じるのでスプレーやキャップ同じものを使っています。
特に庭に来られたら厄介なのでブラックキャップは庭にいくつも置いております。
マンションでもやはり植物が近くにあるとやってくることがあるんですね。
どうかもうやってこないようにと願っています。
  1. 2019/09/28(土) 21:42:24 |
  2. URL |
  3. mashley #-
  4. [ Edit ]

mashley さん

わたしは、虫が出てもきゃーきゃー騒ぐタイプではないのですが(母がそういうタイプ)、でも、Gは嫌ですね。
今回は、完全に想定外の訪問者だったので一瞬かたまりました(^^);
わたしの買ったG防衛ツールは2種とも王道だったようで、MS家以外にも他にもおなじものを使っているという人が何人かいました。
それにしても、この手のものは箱やスプレー缶にもれなく虫の絵が描いてあるのは何故なのでしょうね。今回の記事では画像加工して虫の大きな絵を消しました。
  1. 2019/09/29(日) 16:23:10 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

こんにちは☆Gの出没!!大変でしたね。
私もものすごく苦手というわけではないですが、目の前に現れるとショックですよね。しかもマンションのある程度の高さまで、どうやって簡単に現れるんだ!?と思ったり。(うちは今の所まだ出てませんが。)
そして、それを友人に聞いてみるとどうやら「宅配便のダンボールにGの卵がついていて、それが孵化するんだよ。」とのことでした。。恐怖。。汗
なので、その話を聞いて以来ダンボールは玄関で開け、そしてすぐにゴミ置場まで捨てに行くようになりました。。予防の参考までに☆笑。
  1. 2019/09/30(月) 16:47:10 |
  2. URL |
  3. RuiCo #W7VHOzRM
  4. [ Edit ]

RuiCo さん

こんにちは (^^)/
いやぁ、驚きました。
Gとは無縁の環境だと思っていたのでショックでした。
Gは汚いところを歩き回り病原菌を運ぶそうなので嫌ですね💢
宅配便のダンボールにGの卵がついている事があるのですか!
そんなもの注文してないのに😬
実は、わたしもダンボールは玄関で開けて、直ちにゴミ置場に捨てているのですが、それは邪魔だからでしたが、室内で孵化するのを防ぐ効果もあったのですね。これからもダンボールは家に滞留させない徹底を続けます。予防の参考ありがとうございました。
  1. 2019/09/30(月) 17:49:22 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/622-ef59b9e6
Use trackback on this entry.