ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

初夏のベッドルーム: 色彩の温度をあわせ不協和音が無い組み合わせ



初夏のベッドルームは、ベディングに新しい色が登場した。

<< after >>
br 201906


それは、ブルー+グリーン+グレーが渾然一体となった海の中にいるような色で、Sea Blue Green / Bluegrassという名前で売られていたもの。
もともと大好きな色だけれど、ベディングへの採用は初めて。
新しく買った掛け布団カバー(Duvet cover)の色(無印良品の「オフ白」)との相性も極めて良い。

クリスマス・セールで買ったエジプト綿のシーツ・セット(トップシーツ、ボックス・シーツ、枕カバー)で、以前に1回セットしてみたのだけれど、当時の冬布団カバーはピーチがかったクリーム色で、このシーツとは色が合わなかったので使わなかった。
関連記事: ベッドルームで失敗


<< before >>
br egyptian sheet failed


写真では、差が分かりにくいが、<< before >> は、冬の布団カバーに含まれるピーチ・クリーム色の暖かさがシーツのアイス・ブルー・グリーン的な氷河のような色とミスマッチで、わたし的には許容できなかったのだ。


わたしは色彩にとてもこだわるタイプ。
育った環境もあるのかもしれない。母が色彩を大切にする人で、子供の頃に洗濯物を干すのを手伝わされた時など、適当に干すとやり直しさせられた。隣り合う洗濯物は色彩的に心地よくマッチするものでないとダメ、さらに、ピンチの色(各色があった)と洗濯物の色も心地よく合わないとダメなのであった。よって、色彩の不協和音は容認できないというタイプの人間に育ったのだと思う。


新しい掛け布団カバーの「オフ白」と、シーツの「Sea Blue Green / Bluegrass」は、温度が同じで相性が良い。


IMG_5852-500500-ol.jpg


これなら心地よく睡眠の世界にいける。


たしか、このシーツの色によく合うスリープウエアをがあった、と出してみる。
寝るときは、専用の衣類に着替えるが、所謂パジャマとして売られているものではなくて、上はTシャツ、下はラウンジパンツ。


sheets and pj 500457


完璧!

幸せは不協和音のない生活 💕




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-06-08 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

Comments

Makiさんこんばんは♪
Sea Blue Green / Bluegrassいい色ですね!
色の温度って大事ですよね♪
私は家づくりする前は色には疎い方で直感だけで選び
あとでなんか違うなあ」と後悔したことが多々ありました(^◇^;)
照明も色もそうですが色温度って結構重要になってきますね。
同じ青でも深い青なのか温かみがあるのか。
白でもそう。
いろんな失敗を繰り返しながら自分の中でなんとなくこれが好き、これは嫌いというものができてきました。
そして寝室はリラックスして過ごす場所であり夜暗い場所でもたとえあまり見えなくてもやはり気になるものです。
部屋着ともとてもしっくりくる組み合わせで爽やかに過ごせそうだと思いました♪
あと今ベッドカバーについて色々悩んでいます。
現在はいわゆる日本式の掛け布団カバーと時々使う薄手のブランケットを
フットスローのように敷いているのですが布団は薄手ながらやはり海外と比べて厚みがあるので起きた時にベッドが乱れた際にもこもこっとしてぐちゃっとなり気になってきました。
Makiさんのベッドのちらっと見えるシーブルーグリーンをみてやはり敷布団と掛け布団の間に一枚フラットシーツを用意しようかなと思いました♪
素敵な寝室を見せていただきありがとうございます。
  1. 2019/06/09(日) 21:30:36 |
  2. URL |
  3. mashley #-
  4. [ Edit ]

mashley さん

海の中にいるような気分で安眠しています。
光線により深海のブルーだったり、水深5メートルくらいのところから水面を見上げたような色だったり、この色は多面性があり楽しいです (^^)

気に入って買った品だけれど、既存の品と合わないことは珍しくなく、その際は気に入った組み合わせを模索することになりますね(^^); そして思いの外ステキな組み合わせが見つかったりもします。「失敗は成功の母」。
今回の場合も、最初は合うものがなくて失敗かと思ったのですが、新しく買った布団カバーの色が運良くシーツと温度がぴったりで幸せになれました。

MS家の寝室は、ほっこり感につつまれた暖かい感じでとても素敵ですね。
ベッドカバーにつき考慮中のようですね。カバーをエンハンスしたら、どのようなイメージになるのか楽しみです (^^)

トップシーツですが、わたしは子供の頃から現在に到るまでトップとボトムの2枚のシーツに間に体を滑り込ませて寝るという習慣ですが、日本ではトップシーツは使わないことが一般的なようでシーツ売り場でも扱いがないところが多く、母がシーツ購入に少しの困難を伴っていた理由がいまになりわかりました。

寝室は、暗くてほとんどは自分も目をつぶっている場所であるものの、寝る前の一瞬はもちろん、昼間でも部屋の前を通った時などベッドメイクの状態を目にすることは多いので気に入った状態にしたいですね。
  1. 2019/06/10(月) 10:03:03 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/594-95684bb5
Use trackback on this entry.