ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

セブンチェア・メインテナンス・セミナー



フリッツ・ハンセン青山本店へ。


IMG_5882-500.jpg


鮮やかなイエローのドロップチェアがお出迎え。

「セブンチェア メインテナンスセミナー」へ参加するのが目的。
セブンチェアを既に持っている人、これから購入を検討している人などを対象にフリッツ・ハンセン青山店が主催するイベント。

この店に来たのはスワンチェアを買った時以来なので一年半ぶりくらい。

14時少し前に会場に着くと、いつもは家具売り場の1階がセミナー会場用にアレンジされていた。

大量の(そしていろいろなヴァージョンの)セブンチェアが並んでいるのは圧巻。


IMG_5889-500.jpg
写真のチェアは全体のほんの一部。全部で30脚以上はあったと思う。


最初の15分くらいはチェアのデザイナーであるアルネ・ヤコブセンの略歴とフリッツ・ハンセンとの関連、それに、ヤコブセンの作品の特徴などにつきスライドを使い説明。

IMG_5890-500.jpg


全世界でいままでに6百万脚ほど売れたという名作セブンチェアをデザインした アルネ・ヤコブセンはデンマークの建築家であり家具デザイナーでもある。世界で初めて座面と背もたれが一体型の木製椅子を作った人である。

フリッツ・ハンセンは成型合板の得意な家具店で、アルネ・ヤコブセンとのコラボレーションがあって、座面&背もたれ一体型の椅子が誕生となった。

セミナーはセブンチェアにフォーカスされているが、セブンチェアと親戚関係にあるようなデザインとなる他のヤコブセンの他の名作チェア作品も紹介。


IMG_5891-500.jpg


スライド左から、アントチェア(初めて座面と背もたれ一体型に成功したモデル)、リリー、セブンチェア、グランプリチェア、そしてドロップチェア。

それぞれが作られた背景や特徴などを説明するのだが、都度、スライドのみでなく、椅子現物も掲げながらというところが、ダイナミック。


一通りの説明が済むといよいよメインテナンスについて。

先ずは座面の汚れ。

汚れがついてしまった場合は、中性洗剤で拭いてみる。

それでも、とれなかったら、消しゴムを使う。

それでも取れない汚れは、メラミン・スポンジでピンポイントでこすってみる。ただしメラミンスポンジは研磨スポンジなので、使用には注意が必要。

欠けがあった場合、同じ色にペイントするのが良い。現行モデルのセブンチェアの’場合、ペイントは Fritz Hansenの店で全色売っているとのこと。


次にレッグ。


セブンチェアはクロームのレッグが一番一般的。スティールにクロームメッキを施したもので、使用環境や経年劣化などで輝きがなくなったり錆がでたりする。

レッグの手入れに有用なのは、Kure 5-56 および PIKAL。

前者は防錆潤滑剤、後者は、研磨剤。


IMG_5897-500.jpg


クロームのレッグに輝きがなくなった(触るとざらっとする)だけなら、Kure 5-56 を柔らかい布につけて脚をふく。それだけで輝きやすべすべ感が復活する。

赤茶の錆が出て来てしまったら PIKALを使う。柔らかい布につけて脚を磨く。それでも取れないような場合は内部まで錆が進行しているので外からの研磨では対応できない状態。


次に本体と脚の接続部分。

座面下のメカニズムはプラスティックのカバーで覆われているのでそれを外す。

ヴィンテージものだと金属のカバーのこともある。


IMG_5894-500.jpg


座面裏で脚を固定するのはスペーサーとトルクスネジ。ネジのサイズはT30なので、それに対応したドライバーが必要となる。

IMG_5896-500.jpg


1年に1回くらいネジの緩みがないかチェックし、締め直すと安全だし椅子が長持ちする。



次に足キャップ。

IMG_5898-500.jpg


足キャップは、消耗品なので時々の交換が必要となる。

キャップを取り外すには椅子を横にして、ペンチなどでキャップをつまみ引っ張る。そのときにレッグをゆさゆさと揺らすようにすると抜きやすい。揺らす事により椅子の構造が壊れることはないので心配なく揺らしてよとのこと。

足キャップは床に傷をつけないためのものなので、床の材質に応じて、床面にフエルトがついたものとつかないものの2種類がある。そして其々は上の写真のように芯がついたものとつかないものがある。これはセブンチェアの足が二重構造になっているからで、実は全ては同じなのだけれど、使用している段階で芯が椅子のパイプ側にくっつきキャップと離れている場合があるので、そういう時は、新しいキャップは芯のないついていないキャップ(写真の下側)を使う。芯ごと外すことができたら写真の上のキャップをつけることになる。フェルト付きも無しも、また、芯のついているのも付かないのも全てのヴァージョンは Fritz Hansenで販売している。


キャップの付け方。

IMG_5900-500.jpg

手でキャップを5割程度ねじ込み、最後はゴムのハンマーで。金槌しかない場合タオルなどで保護をして叩く。

もしキャップを4個すべて交換した場合なら、5割程度手で押し込んだら椅子を起こして、そこに座れば体重により全てのキャップが奥まで挿入される、という方法もある。

セブンチェアの足キャップの交換をした知り合いからとても大変だったという話を聞いたことがあるが、Fritz Hansenの人によると慣れればキャップひとつにつき1〜2分だとのこと。



セミナー終了後はおやつタイム。

IMG_5885-500.jpg


木製容器に盛られていたのは、どら焼き。なんと Fritz Hansenのシンボルマークともいえるエッグ・チェアの焼印のついたもの。食べるのが惜しい。


IMG_5886-500.jpg


水のボトルも FRITZ HANSEN。

季節外れの暑い日だったけれど、青山まで出向く価値おお有りの楽しい催しだった。


なお、どら焼きは、持ち帰って帰宅後冷蔵庫にしまった。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-05-27 00:00 |
  2. References
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

Comments

Makiさんこんばんは!
なんて素敵なイベントなんでしょう!!
現物を見ながらの歴史やデザインの解説に
直し方まで。
今まで我流でピカールやクレを使ってましたが
これで堂々と使っていこうと思います笑
そしてエッグチェアのおやつ!!いいですね。
もったいなくて食べれないかもしれません笑
実は今回デンマークに行くにあたりフリッツハンセンの方に
本店ではイベントや見学などはないのか聞いたのですが
やっていないようだとのこと。
こうしたイベントはもしかしたら日本の方が盛んなのかもしれないなあと
思ったりしました。
素敵なイベントの記事をありがとうございます!
  1. 2019/06/02(日) 21:12:35 |
  2. URL |
  3. mashley #-
  4. [ Edit ]

mashley さん

60分間の中身の濃いイベントでした。
記事に書いた他に、セブンチェアを作る工程の
紹介もあり楽しかったです。
ピカールとクレが登場した時は、
mashleyさんと同じだ、と思いましたよ😃
イベントは参加者が全てフリッツハンセンや
北欧の家具類が好きな人々ばかりで、
デンマーク旅行から帰ってきたばかりの人の
家具愛な発言もあり雰囲気も和やかで楽しかったです。
なお、エッグチェアのおやつは、昨日たべました(^^)
  1. 2019/06/03(月) 08:04:52 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/591-2a0a89b6
Use trackback on this entry.