ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

床材目地の修復



リフォームの2年フォローアップの際に指摘した床材タイル目地のリペアにリフォーム施工のNリフォームの人、それに、LIXILから職人さん2名来訪。

玄関ホール床材は40センチ角の大理石タイル。この目地が何箇所も欠落してしまったので、補修するもの。

タイル職人さんは、丁度良い色味の目地剤を持参。輸入品は色が豊富なのだと説明してくれた。予め練ってあるタイプなので直ちに作業にはいる。


LIXIL repair 01


あらかじめ昨日のうちに印をつけておいた目地剥がれ部分は合計11箇所。


LIXIL repair 00


「指でやるのが一番なんですよね〜」

と言いながら目地をタイルの間に押し込んでは、しめったスポンジ、乾いた布、の順番で周囲についた目地を拭き取る。


LIXIL repair 02


当方が指定した11箇所の補修が済んだあとは、他に問題がないかフラッシュライトで角度をつけて照らしながら欠落を探していく。いくつか目地剥がれがあったのでそこも修復。

30分くらいでリペア工事終了。


工事の後は雑談になった。

来た職人さんは2人とも2年前にリフォーム工事をした時の人で当時の苦労話などを問わず語りに話し出す。

・ LDの床は、色味を合わせるのがとても難しかった。このホワイト・オーク材は、ロットによりイエローっぽい板や緑がかった板などがあり、箱を開けて部屋の端から板を張っていくと部屋の途中で2色になりおかしくなるので、適当に色味をばらけて張らないとならず、ふつうなら1日で張り終えるところを3日かかったとか。

・ 書斎床はヘリンボーンなのだが、これは張っていく時に注意深くしないと、組み合わせを間違えることがあり、やり直しになるのだ、とか。

・ タイル屋さんは、床の大理石より、ホール壁の大判磁器タイルを貼るのが大変だった、とか。

・ 床(ゆか)の工事は他の職人が作業中はできないので、他が済んだ後しか作業できないのでいつも夜だった。夜景を見たりしたなあ、とか。


我が家リフォーム映画のMaking 版を見ているようで、とっても面白かった。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-05-25 00:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/590-43f4188a
Use trackback on this entry.