ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

透明なペーパータオル・ケース



洗面所にはペーパータオルをおいているのだけれど、気に入ったケースが無くて、カウンターに束のまま積み重ねてあった。

ペーパータオルのケースは壁に取り付けるものが多いが、それは望まない。今回ようやく見つけたのは、ティッシュー・ペーパーのケースのようにカウンターに置く方式。そして、スタイリッシュな透明クリア。

Clear paper towel case 1

蝶プラ工業 ペーパータオルケース

紙の取り出しシステムがユニーク。蓋はボディーには固定されておらず、本体より一回り小型の蓋がペーパーの一番上に載っているだけ。ペーパーが減ると蓋も下がっていく。蓋には適度な重みがあるので紙はスムースに取り出せる。非常に合理的な仕組み。利点は、紙が減ってきても最後の1枚まで問題なく取り出せること。

横からみたところ。富士山みたいに真ん中が盛り上がった蓋の中央にスリットがいれてあり、そこからペーパータオルがディスペンスされる。

Clear paper towel case side view

ペーパータオルは比較的厚みのある紙質なので、ディスペンスされている紙はぴんと立っていてとりだしやすい。

材質は一見アクリルに見えるが、実はスチロール樹脂。安価なのも納得。


ついでに、ティッシュー・ペーパーのケースも買った。

Clear tissue paper case

このティシュー・ケース、わたし的には失敗。というのも、いままではティシューは箱のままか、或いは白色のケースに入れかえて使っていたので気づかなかったが、ティッシュー・ペーパーは横からみると結構よれよれなのだ。クリア・ケースだとよれよれがみえて美的ではないというのが、わたし的には問題。蓋が自重で下がってきて最後の1枚まで普通に取り出せるところは良いので、サイドを見えなくするなどの改良を考慮中。

洗面所に2つのクリアなケースを試しに置いてみたが、両側に似たようなケースがあるのは、視覚的に鬱陶しく、この配置はボツ。置くのはペーパータオル・ケースのみとする。

Clear cases in Powder Room


なお、ペーパータオル・ケースティシュー・ケースも両方とも価格がかなり手ごろで、コストパフォーマンスは高いと思う。


TUBELOR ゴミバコを作っている ideacoでも ideaco ペーパータオルケースを出していて、色もホワイトで美しいけれど、値段は4倍以上。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ


トラコミュ モノトーンのインテリア







  1. 2014-11-28 11:28 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/59-1cf01186
Use trackback on this entry.