ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

ウィーン・モダン: クリムト、シーレ世紀末への道



国立新美術館で開催中の展覧会『ウィーン・モダン: クリムト、シーレ世紀末への道』を鑑賞。


vienna 01



ウィーン世紀末 それは新たなはじまりだった

18世紀の女帝マリア・テレジアの時代から19世紀末~20世紀初頭のモダン・アート、モダン・デザインの黄金期まで、近代化(モダニズム)の過程を4章構成でたどります。




1700年代末期から20世紀までを4部に分けて、ウィーンがモダニズムに進んでいく経過に沿って、絵画、彫刻、家具(チェストや椅子)、建築模型などを展示。


展覧会場は撮影禁止だが、なぜか、この「エミーリエ・フリーエの肖像」(Boldnis Emilie Flöge)のみが撮影が許可となっていた。1902年クリムトの作品だが、モデルになったエミーリエ本人は気に入らなかったらしい。


vienna 02

19世紀末から20世紀にかけては、クリムトのほかに、シーレ、ココシュカの作品も多くとても楽しめた。


椅子もたくさん展示。

それまでの椅子は、座る人の権力や地位をあらわす威圧的なものだったのが、この時代から、一般の人々が家庭内部の空間で寛ぐために用いるものにと変化してきた。

よって大きく重く動かすのも大変な椅子から、置く位置を自由に変えられる現代のような椅子が現れたとのことは、とても興味深い。


vienna 03
Photo Credit: カタログ。


ポストカードを数枚購入。


vienna 04


左上はシーレ、右上はココシュカによるポスターの縮小版。

下は、ルエーガ・ウィーン市長が60歳の誕生日のときにオットー・ヴァグナーが製作した椅子(1904)。リベット風のものも文字も象眼細工。


ウィーンの歴史200年を駆け足でみることができるセレクション分けと配置で見応えのある展覧会だった。


  




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-05-04 00:00 |
  2. Art
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

Comments

Makiさん
こんばんは!
ウィーンモダン展行かれたのですね!
なんと羨ましい!ウォーンでは美術館にいくつか行きましたが
日本から見たウィーンはまた違った味わいが
ありそうでとても興味深いです。
近ければ通ったのですが(^◇^;)
そして家具まで置いてあったのですね!
なんとまあ椅子さんたちが!!
特に扇型の椅子これいいですね。
今の椅子と違って座面に極度の厚みがありますが
背もたれの部分にややモダンさを感じます。
椅子の軽さって時代を反映している気がします。
遡るほど思い椅子が多く試行錯誤が見られますが
現代になるほど移動しやすく無駄を削ぎ落とし余裕が見られる気がします。
私はどちらも大好物で人の道具に込めた思いを感じます。
いやあ羨ましい!
素敵なレポありがとうございました♪
あとグルート可愛いです♪
世界的にも大成功を収めているようで今のフェーズの終わりであるスパイダーマンが早くも楽しみです!
  1. 2019/05/04(土) 22:37:04 |
  2. URL |
  3. mashley #-
  4. [ Edit ]

mashley さん

ウィーンモダン展は、ウィーンの美術館から借りたたくさんの絵画が素敵でした。そして、ウィーンが現在の姿になるまでをアート(絵画、彫刻、家具、建築)を通して見ることができるので、ウィーンに行かれたことのある人にとり更に興味深く鑑賞できると思います。
わたしは違う季節に3回ウィーンに行っていまして、その時歩いたリンク通りは、こうやってできたのか、とかあの美術館はこうして建設されたのか、建設された経緯や模型などもあり自分的には時空を超えた楽しみ方ができました。

この展覧会は、東京のあとは大阪で、8月から約4ヶ月開催される予定だそうですので、MS家からも行きやすそうですね。お楽しみに!
  1. 2019/05/05(日) 08:38:36 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/585-0c6f1f8d
Use trackback on this entry.