ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

大きな蜘蛛が室内に!



最近の出来事である。

そろそろ寝ようかとベッドルームに行き思わず息を飲んだ。
窓際の壁になにやら黒い物体が存在するではないか。
我が家のベッドルームの壁は白なので黒いものは寝室の明度の低い照明のもとでも認識は容易い。

Spider image

その正体が蜘蛛であることは瞬時に理解した。というのも2ヶ月くらい前に我が家のあるビルディングのエレベーター・ホールで大きな蜘蛛をみかけてびっくりしたからだ。それは大人の掌くらいもあるサイズで、全身を黒い毛で覆われた8本足のイキモノ。イメージはタランチュラそのもの。驚いているうちにエレベーターが来たので乗ってしまい写真撮影できなかったのは残念。


後日アパートのマネジメント・オフィスの人に聞いたら、隣接している緑地から時々館内に入り込んでくる事がある蜘蛛で、人間にとり無害だとのことだった。
杜に隣接しているビルディングなため都心部とはいえそれなりのワイルドライフを経験することになるのだと知った。


今回は、それと同じ種類の蜘蛛が我家の室内にいる!
いくら無害でもこんな大きな蜘蛛がいる部屋では寝たくない。寝る前に排除せねばならない。


幸い敵は窓辺が近い壁に張り付いているので、窓から外に追い出すことにした。


用意したのは比較的厚手な上質紙の広告の紙。それを丸めて長さ30cmくらいの筒を作成。
筒の片端を持ちもう片方で蜘蛛の一部をそっと上向きに押してみた。
いい塩梅に蜘蛛は上の方に移動してくれる。
窓に誘導すると思惑通りに窓枠の方へのそのそと歩く。

「よしよし」


窓は開けてある。


窓の外に出てくれた。しかし、そのままではまだ窓の下枠の部分に佇んでいるので次に窓を開けた時に家の中に戻ってくるかもしれない。そこで、もう一押し。蜘蛛は空中に向けてジャンプしていったのであった。さらば!


こうして安眠の夜を迎えることができた。


蜘蛛の侵入経路は不明だが発見場所から窓から入って来たと推察するのが合理的だと思う。
12階の我が家まで外壁を登って来たとは思えない。
こんな大きな蜘蛛でも風に乗って上層階までくるのだろうか。

いずれにせよ、この経験以降は窓を開放するときは必ず網戸を閉めることにした。

ひとつ非常に残念でならないことは、今回も再び写真撮影を失念してしまったこと。


なお、この蜘蛛の種類だが、アシダカグモ、または、イオウイロハシリグモ、あるいは、キシノウエトタテグモ のいずれからしい。どれも東京にも存在する種とのこと。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-11-14 00:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

Comments

makiさん

こんにちは♪

大変でしたね~。
掌ほどある毛の生えたクモなんて
この田舎でも見たことないですよー(><)
無害でよかった。
でも、いつも冷静なmakiさんが紙の筒をもって
悪戦苦闘している姿を想像すると、
可愛いなと思ってしまいましたゴメンナサイ(笑)
  1. 2018/11/14(水) 08:24:36 |
  2. URL |
  3. たまご #iTjQ6kIY
  4. [ Edit ]

たまご さん

大きく毛だらけのクモに遭遇したときは、
「アマゾンのジャングルでもないのに」、
と驚きました。
映画だったら「きゃぁーー」と叫ぶ場面でしょうが、
現実社会では静かに対処ですね。
1分足らずでで自然に帰せたので良かったです。
「もう来ないように」
とテレパシーで言い含めましたが伝わったかどうか。
  1. 2018/11/14(水) 12:53:45 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/540-a439d131
Use trackback on this entry.