ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

たかがティシュー、されどティシュー




わたしは色々なものの好みがはっきりしている方で、ティシュー・ぺーパーもその例外ではない。

愛用品は、Scottie の白とグレイのボッックス。
いつでも売っているという品ではないので、見つけると買う。


tissue boxes entrance closeup


買ってくるとまず玄関に置くのが習慣となっている。
その後、3分以内には所定の場所に片付けるのだが。


この製品が好きな理由は以下の2点。
(1) 材質が好み。ソフトだが適度な強度もある。
(2) 箱が好み。ティシュー・ボックスは、多色づかいのデザインが殆どだがこれはモノトーン。


ティシューを置いている場所は3箇所


キッチン

tissues kitvhen

白いALESSIのティシュー・ケースに移し替えて使っている。

主たる用途は、キッチン・シンクの水滴の拭き取り。
それに、何かが溢れた時にさっと拭き取るのにも便利。
Scottie は吸水性にすぐれているので、これらの用途に適している。




パウダー・ルーム

tissues powder room closeup


透明ティシュー・ケースに移しかえて使用。

クロース・アップ

tissues powder room close up


洗面台の上には、他に、歯ブラシ、歯磨きペースト、メガネを配置してあるが、どれもガラス入れ物使用としているので、全て透明という点で統一。




移し替えるのならボックスに拘る必要はないかというと、そうでもない。


浴室

tissues bath room


浴室内のカウンターの上には、箱のまま配置。

シャワーの後、壁やバスタブと壁のコーキング部分を拭くのに使用。
まずスキージーで水切りをしたあと、ティシュー2枚を1セットとして拭く。
だいたい3セットで拭きあげ終了。


システム・クローゼット内の収納


ティシュー・ボックスはたいてい5個パックで売られているので、常に収納場所を必要とする。


tissue boxes in closet



このScottie のモノクロ・ボックスはなかなか売っていないので、見つけると自宅にストックがまだあっても買うので、クローゼット内に10個近く在庫を持ってしまうこともある。

これが、カラフルな箱たちだったら、クローゼットのドアを開ける都度、自分が選んだわけでもない色の洪水に圧倒されて嬉しくないと思われるが、このグレーのボックスならオーバー・ストック気味でも(あまり)気にならない。


たかがティシュー、されでティシューなのだ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-11-10 00:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/539-fccd840d
Use trackback on this entry.