ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

木製家具についた粘着テープ跡を除去する



我が家の寝室にはヴィンテージな木製家具がある。

楢材(たぶん)のチェストで、かつて母親が買ったものを引き継いで使っている。
いまや年代物となったので、あちこちにすり傷や欠けななどあり、数年前に実家から我が家に移管して以降修復作業を施してきた品。

最近、レイアウトを変えて、いままで壁側だったので状態の見えなかったチェストの左側が白日のものとに晒されるような置き方となった。すると、父親の悪事のあとがかなり気になる・・・

父親は、普通に会社で働いていた普通の大人だったけれど、どういうわけか壁やら家具やらにテープやスティッカーを貼るという悪い習慣があった。
まるで幼稚園児である。

このチェストもテープの跡やらスティッカーの跡やらがベタベタ。

そこで、目立つ場所から、少しずつキレイにすることにした。


<< before >>


before


テープ、それに少し剥がした後のベタベタなどかなりのもの。

指が痛くなるので作業は少しずつ。


使用したもの
 ・ ハンドクリーム
 ・ スコッチテープ
 ・ ティシュー・ペーパー
 ・ 木製家具・床のクリーナー


手順
(1) 患部にハンドクリームを塗り30分放置する。
(2) ティシューでこすりとる。驚くほどするりとベタベタが取れる。
(3) ティシューで取りきれずに木の表面にのこったベタベタの残骸は、スコッチテープやセロファンテープで取る。
(4) そのあと、水で湿らせたたティシューでクリーム成分を拭き取り、さらに、乾いたティシューで水分を拭き取る。
(5) 仕上げに、木製の家具や床用のクリーナーで拭く。


<< after >>


after


テープ跡はきれいに消滅。
手で触ってみてもベタベタ感はない。

指や手首をけっこう使う作業なので1日1箇所として少しずつ修復する。
(わたしは慢性的腱鞘炎なので手首や指を使う作業は集中しては行わないようにしている)

徐々に家具が綺麗になって行き、ある日すっかり蘇るというプロセスはとても楽しい。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2018-10-24 20:00 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/535-db203ee6
Use trackback on this entry.