ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

縄文アートの展覧会



Jomon ticket in front of Tohaku


8月の最初の日曜日、暑い中、上野の東京国立博物館に出向き、開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」を鑑賞。

14000 BC頃 から 4000 BCまでの約1万年にもわたる間続いた縄文時代の間に作られた土器や土偶が系統だって展示されており、その造形力や芸術的センスに圧倒されると同時に、16,000年前の人類が実際作ったこれらの土器や土偶の現物が目の前にあるという時空を超越したアートに興奮を覚える。

特に今回は、縄文時代の発掘品から国宝になった「縄文のヴィーナス」、「縄文の女神」、「仮面の女神」、「合掌土偶」そして「中空土偶」と国宝土偶全5体が展示。斬新なデフォルメと豊かな表現力に驚かされる。

展示品は最後の3つの壷を除き撮影禁止。もっともそのおかげで落ち着いて鑑賞できたとも言える。

撮影OKの壷。


Jomon photo allowed


縄文土器(Cord Marked Pottery)の名前の由来となった縄の文様がよくわかる。


展覧会は 9月2日まで上野公園内にある東京国立博物館で。

Jomon poster

展覧会公式サイト
jomon-kodo.jp

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」@東京国立博物館
www.tnm.jp



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-08-07 17:00 |
  2. Walk
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

Comments

こんばんゎ〜

1万年前のものを目にするって不思議な気分です💓
歴史のあるものが好きなので、
展覧会に行くと見入っちゃいそうです(〃艸〃)
田舎では目にする機会が無いのが残念・・💧
  1. 2018/08/07(火) 21:05:51 |
  2. URL |
  3. YOU #-
  4. [ Edit ]

YOU さん

大昔の人がつくっていた土器を
21世紀の我々が目の前で鑑賞できるなんて
不思議な気分ですよね。
どんなに技術が進んでも歴史のあるものの
再建はできないのですから。
田舎は住環境が良い反面、
文化的催事は機会がすくないのですね。
都会も田舎もどちらも一長一短(^^
  1. 2018/08/08(水) 09:41:59 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/518-6f6335c7
Use trackback on this entry.