ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

ベッドルームでのベッドの配置を検討



来月に引っ越す新しい住居のレイアウトを検討中。

悩んでいるのはベッドルーム。  
現在の住居ではベッドルームが狭く、毎日ストレスだった。
というのも、ベッドの足元と壁の間が28cmしかないという設計なのだ。28cmというのは普通に歩いて通ることができない寸法で、体を横にしてカニのように移動しつつベッドの向こう側に行くことになる。こういう部屋を寝室として売り出したのに驚いたが、驚いていてもしかたないので我慢を重ねていたのだった。今度のアパートでは、この点が改善される。
今度の住居のベッドルームは約10畳のサイズがあるものの、細長いので足元にチェストを置くことはできない。それでもカニ歩きからは解放される。ベッドの置き方により周囲のスペースは変わるが、最有力候補のこの置き方で、一番狭いところでもベッド足元と壁のあいだは55cmが確保できる。

部屋の形は変形で、エアコンのない側の壁は窓のある壁から直角ではなく斜めになっており、入り口ドアの方向にいくに従って部屋は細くなるのだ。

New-new bed room layout plan

よって、窓の近くにベッドを置けば足元は最大85cmくらいのクリアランスがとれるが、すると頭の上はACとなり、大地震のときに寝ている間にAC室内機が落下して頭部直撃というシーンを想像してしまい安眠できなそうなのでACの手前くらいからベッドを置くというレイアウトを考えている。

レイアウトのプランにいままで 用いていたのは、フロアプラン(間取り図)に家具サイズを当てはめていく方法、および、CG合成画像でイメージをみるものだったけれど、今回はじめて導入してみたのは「実寸」のシミレーション。

いろいろなレイアウトを検討するうえで使っているのは紙製の「ベッド・テンプレート」。
紙を貼り合わせ、140cm×200cmというものを作った。わたしのベッドのサイズである。
窓側を頭にしてみたり、ACのない側を頭にしてみたり、etc。

現在の住まい以外の過去の住居は常にベッドの左右と足元にたっぷりの余裕がある部屋で寝ていたのでなんとかそれに近いレイアウトを探しているところ。この紙製テンプレートはなかなか便利。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2017-05-27 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

Comments

こんばんゎ〜

来月のお引っ越しに向けて、
着々と準備を進めてるんですね(〃▽〃)
レイアウトを考えるのって楽しいですよね〜

実寸台の型紙を使ってのレイアウトなら、
実際の通路幅とか分かりやすいですし、
色々な置き方を試せますね(〃▽〃)b
  1. 2017/05/27(土) 22:40:21 |
  2. URL |
  3. YOU #-
  4. [ Edit ]

YOUさん (^^)/

レイアウトを考えていくのはほんとうに楽しいですね。
あっという間に時間が経ちます (^^);

型紙を用いた実寸シミレーションは、1/50縮尺の
図面を用いてコンピュータ・ディスプレイでアレコレ
試すのより、実際の通路幅などのイメージがリアル
にわかりました (^^)
  1. 2017/05/28(日) 06:57:30 |
  2. URL |
  3. Maki #EBUSheBA
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/397-96a4de90
Use trackback on this entry.