ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

椅子に靴下を履かせた理由 (チェア・ソックス)



ダイニングチェアの脚の底にはフェルト材のパッドをつけている。
目的は、すべりを良くすること、それから、勿論、床の保護。

我家のダイニングチェアはBoConceptの Zorro Chair。

BoConcept Zoro Chair

この椅子は背もたれ、座面、脚まで全てが黒いレザーで覆われたスタイリッシュなもので気に入っているのだけれど、問題は脚の下。床保護のパッドは BoConceptがつけくれていたが、この手のパッドの例にたがわず、すぐにパッドがとれてしまう。特に、Zorro Chair は脚がかなり細く、つまり、接着面が小さいのでパッドの取れやすさも格別。

Chair socks - reason why


自分では椅子に座るときは床との接点に注意を払っているが、来客の都度、友人・知人に「椅子を引くときは全体を持ち上げて」などと小うるさく言うのは好まない。
ある日、遊びに来た友人が帰った後、早速、悲しい深い傷がしっかり椅子の下の床につけられていた。



これではならじと、取れにくい椅子足パッドを探した。すっぽり覆う方式のものがいくつかあったが、サイズ的にあわない。これなら良いかもしれない、というものもあったが、理不尽な価格設定に購入意欲が萎えた。

そこで、自分で開発することにした。手持ちの材料を用いるので材料費はゼロ。


作り方

必要なのは手袋、それに丈夫な糸または細い紐。

もう使わない手袋を用意する。
椅子が黒なので、黒い手袋が好ましい。持ち物の殆どは黒なので選出は容易い。比較的丈夫そうな材質を選ぶ。

1hair socks 1

指の付け根の部分から指の部分を切りはなす。

Chair socks 3

使うのは指の部分。
5つの チェア・ソックスが出来た。椅子のサイズによっては小指は細すぎるかも。

Chair socks 3

椅子の足にひとつずつソックスを履かしていく。

Chair socks

パッドの位置を正して、ぴっちりとソックスを履かせ、上から2cmくらいの部分をゴムか糸か紐で結わく。
上の部分は折り返して更にゴムか糸か紐で結わく。

これで椅子足パッドがずれることはなくなった!!

Chair socks


ルックスも気になる点は無いと思う。
床の上に椅子の動きも軽やかになり大成功!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ


トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ シンプルライフ

  1. 2014-11-07 11:07 |
  2. Life hacks
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

Comments

Only the administrator may view.

Only the administrator may read this comment.
  1. 2015/02/05(木) 14:13:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ Edit ]

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/38-f810fd3d
Use trackback on this entry.