ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

『コンビニ人間』



文藝春秋-2016-09

第155回 芥川賞受賞作「コンビニ人間」村田 沙耶香著 を読む。

大学卒業後18年間にわたりコンビニでアルバイト店員を続ける主人公。小さいときから、変わっていると言われ続けたが本人はどこが変わっているのかわからないまま大人になると、結婚もせずアルバイトを続けるのは普通ではないと周囲に言われるが、彼女にとり束縛の少ないアルバイトという雇用形態でコンビニにいる時は非常に活き活きとできるのだった。

コンビニというマニュアルによる統制が全てを管理するという社会、ミニ・ユニバースにおいて、普通とは何か、あるいは、普通ではない(変わっている)とは何かをという現代の実存を書き出す。

テーマは非常に面白いのだが、出演者やアプローチがイマイチだし、コンビニという舞台はどうもわたしにとっては異質だったのがイマイチ感を否めなかった理由だと思料。

文筆力はあり上手い作家なのは確か。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2016-08-16 10:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.

Trackbacks URL
http://makiliving.blog.fc2.com/tb.php/329-e945aff8
Use trackback on this entry.