ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

シャワーヘッドの洗浄をしたらアレルギー性鼻炎の症状が消えた



Shower


我が家の浴室は、サイズ1620(1.25坪タイプ)のUB(ユニットバス)。

壁や浴槽の外側はタイル、床とカウンターは天然石(御影石)なので、一見すると在来工法による造作風呂に見えるが、集合住宅なのでユニットバスである。UBは防水性に優れているので最近は一戸建てでも採用するケースが少なくないらしい。

シャワーについては、購入したアパートにHansgrohe(ハンスグローエ)のホースとシャワーヘッドがついていたが、水栓の位置がバスタブから非常に遠いので ON/OFFに関して使いにくいので、手元スイッチ付きのシャワーヘッドに引っ越してすぐに交換して使っている。

これが交換したシャワーヘッド、Grohe(グローエ)の「スプリー90 ハンドシャワー(クローム)」 。




HansgroheとGroheはどちらもドイツの水栓やシャワー用品の会社。別会社ではあるもの、創業者が血縁関係にあることから、規格などにも共通性がありシャワーヘッドは互換性がありアダプターなしで使える。

手元スイッチは便利だし、水流も、レイン、ハードレイン、マッサージなどとの調整できて、満足の使い心地。


このシャワーヘッドだが・・・
(ここから本題)

ある日、浴室掃除をしているときにシャワーヘッドを見たら、ピンク色のものが水の出る穴の何箇所かに付着しているのが認められた。

一体何なのだろう!
もしかしてカビ???

調べたら、これはカビではなく酵母。
それ自体は無害とのことだった。しかし長期間にわたり放置するとカビの好む環境となる可能性もあるらしい。


3年前に東京に引っ越す前までは、硬水の地域に住んでいたので、シャワーヘッドにつくのは、カルキやミネラルで、白い石状態のものの蓄積。シャワー穴が狭まり水の出が悪くなったら掃除する程度というメインテナンス。
しかし、引っ越した東京では軟水で、違うものが付着するとは思いもしなかった。

つまりシャワーヘッドの点検をする習慣はなかったのだ。

普段おお風呂に入るときはメガネをしていないので、気づくのが遅れたのだった。


さっそく洗浄を行う。

BEFOREの写真は無し。

83%アルコールで水の出る穴周辺に満遍なくスプレーして20秒くらいおいてから勢いよく水流をだす。


< AFTER >
Shower head cleaned

これでシャワーヘッド穴に発生して付着しているピンク色の酵母がなくなる。
BEFOREの写真は無いのは撮影失念によるものだけれど、美的でないのでもしあったとしても掲載したくないかも。


きれいになったシャワーを壁にセット。

Shower head cleaned 02


このシャワーヘッド洗浄作業をするようになってから、アレルギー性鼻炎風な症状が劇的に消えたのには驚いた。
浴室につくピンク色の酵母は無害とのことだったが、わたしはこのタイプの酵母にアレルギーがあることが判明した。

以降、週に1〜2回くらいの頻度でシャワーヘッドのアルコール洗浄することにしたら極めて好調に。
春の花粉症のシーズンが終わってもクシャミや鼻水が出ていたので、今年はいつまでも嫌だなあと思っていたのだったが、それは花粉症ではなくて、酵母症(?)だったというわけだ。

きれいなシャワーでハッピー・ライフ。

Clean shower


清潔な環境は、健康的な生活にいかに重要であるかを再認識。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2020-07-28 15:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

費用ゼロでマスク入れを作った



mask case 01


マスクは箱入りや袋入りなどいろいろある。
今までは、買った時に入っていた箱やバッグなどの包装から毎日1つづつ取り出して使っていたが、それが面倒だなあと感じていた。

そこで、

毎日使うマスクなので、衛生的に格納しつつ取り出しやすいという入れ物がほしかったので作ってみた。
ティシュー・ボックスをリメイクしてみたところ、このようにサイズはぴったり!

mask case 02

それに、取り出しやすい。


作り方は、ティシュー・ボックスの構造によるが、わたしの愛用しているスコッティーのグレイ・ボックスの場合は横が開くようになっているので、そこからマスクを入れる。なお、マスクは、耳掛けゴムが使用中にはずれたりしないように、自分で検品を行ったもののみを入れることにしている。


mask case 03


開けたままではホコリも入るし中から出て来てしまうので、テープを貼る。
何回も開閉できるように、開閉部は本体にテープを貼ったうえでロック用のテープを貼り開閉自在の仕組みとする。

なお、マスクは、耳掛けゴムが使用中に取れてしまう事がないように、自分で検品を行ったもののみを入れることにしている。← 重要
こうすれば、外出的で突然のマスク機能喪失という事故に遭遇するリスクがほぼゼロ近くまで減少する。


コストはゼロで、便利なケースができた。




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2020-07-23 11:00 |
  2. DIY
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

洗面ボウルは夜に掃除する




Powder room sink bowl



我が家の掃除は基本的に朝に行う。

ルーティンは決まっていて、毎日のものや、曜日により実施を定めてあるものを掃除するが、タイミングは、朝食の後。

ところが一つだけ例外の場所がある。

それはパウダールームの洗面ボウル。
これは、毎晩、歯磨き終了後に中性洗剤で洗い、ペーパータオルで水滴を拭き取る。

ここだけ夜に掃除する理由はただひとつ。

朝起きた時の幸福のため。

起床して最初にするのは歯を磨くこと。
そのときに見える洗面ボウルがキレイだととても幸せな気持ちになり1日のスタートとして非常に好ましい。

水滴の跡のない洗面ボウルと一点のくもりもない鏡は爽やかな空気を感じるのだ。
豊かな生活は心地よい朝がキーポイントだと思う。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2020-07-16 19:00 |
  2. Interior 2.0 - パウダールーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

冷蔵庫とネズミ




IMG_9765-500500.jpg


ある日、冷蔵庫を開けたら奥の壁際に怪しげな影を発見。
手前のものをどけてみた。

なんと、ネズミが入り込んで昼寝中ではないか。

ということは、もちろん無いのだけれど、どう見てもネズミの形であった。


この正体は、実は、冷蔵庫内の消臭剤。


refrigerator deodorizer



炭の脱臭パワーをゼリー状に固めたものがケースに格納されているもので、絶大な効果がある。

炭が原材料なので食べ物をしまう場所に使ってもケミカルな心配はない。

この減り具合が、トップ画像のようになったのだった。

中身が小さくなってきたら交換時。


新しいものと交換するとこのようになる。


IMG_9789-500500.jpg


しばらくしたら、またネズミの登場となるのかどうか、1ヶ月後が楽しみ。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

脱臭炭 冷蔵庫用 脱臭剤(140g*2コセット)【脱臭炭】
価格:695円(税込、送料別) (2020/7/15時点)







にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2020-07-15 12:00 |
  2. Interior 2.0 - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ベッドルーム 2020年夏のプチ模様替え



BR by the window 2020 July


3年前に引っ越してからずっと気になていたことをようやく修正。

それはベッドルームの窓際に配置しているチェアとオットマンで使っているクッション類。時々ここで読書などする快適スポット。

トップ画像は after。
引越し後3年間は以下の beforeの状態だった。


<< before >>
IMG_9996.jpg

オットマンは、もともとは前居の(広い)バルコニーで使っていた金属製の丸椅子。その上にクッションを置くと足の乗せ心地のよいオットマンになった。

チェアもバルコニーで使っていたもので、樹脂製なので背中にはクッションをあてて室内快適度を高めた。

つまり椅子類もクッション類も前居で使っていたものなのだが、今の住居だといまいちしっくりこない。


<< after >>
IMG_9997.jpg
これがアフター。

白黒ストライプをやめて、背当てクッションはクリーム色無地のベルベット、オットマンのクッションは注文してあるものが届くまでは、白地に黒のペイズリー柄のバンダナでカバー代用。

このセッティングになりとても落ち着いた窓際ができて満足。


(参考)

これは前居のリビング。

past--20150430_stripe_01.jpg

白っぽい大理石床の家だったので、白と黒のストライプのクッションカバーを愛用していたのだった。
今でもモノトーンのインテリアは好きだし、白と黒のストライプも大好きなのだけれど、現居のオーク材の床には別のカラー・スキームのほうが好みに合うので、白黒ストライプはリタイヤとなった次第。



このように、住環境の変化に伴いインテリアの調整をすると幸福度が大幅にアップしたのだった。





にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2020-07-06 21:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

梅雨の晴れ間




IMG_0001-600450.jpg


雨の日が続いていたが、今日は朝から晴れた。
こういう日は屋外で食事したい。

伊勢丹の地下で升本の「Macrobiotic Perfect Lunch Box」を購入、新宿御苑でランチとした。

食事はテーブルと椅子のセッティングで食べるのが好きで、新宿御苑には何箇所かそういったセッティングある。よく弁当を食べるのは大きな東屋のようなところで、感じの良いがっしりとした木製のテーブルと椅子が設置されたお気に入りの場所なのだけれど、今日は気分を変えて別のスポット。

それは園内レストラン“ゆりの木”のテラス。
店の人に利用条件を確認する。
テラス席は“ゆりの木”での買い物有無を問わず誰でも利用可なのか、自分の持ってきた弁当を食べるのも可なのか。

「はーい、もうどなたでもOKですよ」

とにこやかに言われて安心。


IMG_0002-450600-02.jpg


天蓋のような屋根がつけてある場所なので直射日光は当たらず、風が吹き抜け快適。


食後は園内をゆっくり歩く。


lawn


芝生の踏み心地が最高。
どんな高級ホテルのふかふか絨毯もかなわない。

Life is Good。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2020-07-02 20:00 |
  2. Walk
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2