ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

大量のエタノールが我が家にやって来た



これはエタノールの化学式。エチル・アルコールとも言われ、サトウキビなどの糖質を原料としてつくられる発酵エタノールと石油からつくられる合成エタノールとがある。COVID-19アウトブレイクによりエタノールの消毒作用から人気が爆発してつい最近まで品薄状態が続いていた。

ethanol.png

コロナ禍になるはるか以前から、我が家ではエタノールを常備している。
用途は主に掃除。クロームなどの光沢のある金属面の掃除に愛用している。

在庫が減って来たがCOVID-19騒ぎで一時は異常な高値となっていたがようやく価格も安定して来たので今回1Lを購入。

ところが届いたのはなんと4Lだった・・・


IMG_9894-400.jpg


宅配便を受け取った時に、箱の重さが思っていたより重いなとは感じたのであったが、まさかこれが入っていたとは。


IMG_9897-500.jpg


同梱の納品書には、ちゃんと「1L」とある。

さっそく先方にEメール。以下は要点。

当方  「HPTCエタノール除菌781Lを注文しましたが、届いたのは4Lと記載された大きな容器に入ったものでしたが、どうしますか?」

先方  「弊社の出荷ミスとなりますので、そのまま4Lをお受け取りいただけますでしょうか。」

確かに、もう一度正しい品を発送し、間違い品を集荷というのは、先方にとりコストがかかるので避けたいという気持ちはわかるので、そのまま4Lを受け取ることで合意した。

とはいうものの、いくら便利な品でも、4Lはいらない。
狭いアパート暮らしなので収納場所だって限られている。
邪魔なのだ!



IMG_9898-400.jpg



家にある500mlミストスプレーボトルをメインに他のスプレー容器総動員して小分けしたが半分くらい残っている。残りはアパートのマネジメントに渡して野村の掃除クルーに使ってもらおうと思っている。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2020-06-23 08:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

剪定とフラスコ型花瓶




Ivy b4


バルコニーにおいている鉢植えのアイビーが気温と陽光により非常に育ったので剪定することに。

上の画像は、実は既にに少しカットした後。
床を這うように伸びきったジャングル状態の写真撮影をしなかったのは残念。

更にカットする。



Ivy after



カット後。

さっぱり♪



剪定でカットした枝の一部は花瓶にいれて室内へ。

水挿ししたアイビーは非常に成長するので最初はこのくらいの控えめな量が良い。



Ivy and Flask-shape vase



花器はこのために昨日100均ストアにて購入したもの。

三角フラスコ型のフォルムはシンプルでとても好みに合うし、安定が良いところも気に入って居る。
110円でこんなに良いものが買えるなんて素晴らしい店だ!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2020-06-19 18:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

浄水器のカートリッジ交換




BRITA cartridge change


浄水器を使っている。

東京の水はそのまま飲んでも衛生的には何の問題もなく、実際に、実家(一戸建て)の水は蛇口から出たままでとても美味しく浄水器は不使用。しかし我が家は集合住宅ビルディングのパイプや屋上にある水タンクなどの理由でそのままでは金属のような味がして美味しくないので浄水器を用いている。浄水器は水を濾過するためのカートリッジの定期的交換が必要となる。

我が家では浄水器はブリタ(BRITA)を愛用しているのでカートリッジはピッチャーの所定の位置にセットすることになる。

BRITA cartridge

今日はBRITAのカートリッジ交換。

これが何気に面倒な作業で、都度Britaのwebsiteに行き手順を確認する(カートリッジの箱には手順の説明が記載されてない)。

カートリッジ交換手順

 1. 各部分(カートリッジを除く)を食器用洗剤で洗う。
 2. カートリッジを水の中でよく振って、気泡を軽く取り除く。
 3. ファンネル(水受け部)にカートリッジをしっかりと差し込む。
 4. ろ過された最初の2杯分は飲まずに捨てるか、植物などに使う。
 5. 3杯目から飲用OK。

実は、たいして面倒ではなかった。
面倒だと思ったのは過去の経験に関係している。

今のブリタ・ピッチャーは2代目で2017年3月に購入したもの。
関連記事:
ブリタで美味しい水を(2017-03-13)

1代目となる先代ブリタは10年以上前くらいに買ったもので、当時のカートリッジは取り替えるときに20分水につけるとかその他にも色々な手順が非常に非常に非常に面倒だったのだ。それがしっかり刷り込まれているので、今2代目ブリタは前のカートリッジに比べて比較にならないほど交換手順が簡単になったのだけれど、いまだにすり込まれた記憶は健在という次第。


カートリッジの生産地

次の交換は夏の終わり頃かな。ストックしているカートリッジを使い切ったので次回用を注文。
1個1,200円位。
なんと届いたカートリッジは Made in Chinaになっていた。
いままでは、Made in Germanyだったのに。

BRITAよ、お前もか・・・


Brita cartridge then and now


箱の左下にあるドイツ国旗、新しい箱(右の写真)には
 「ドイツBRITAによる製品設計と品質管理。
  生産地については箱の裏側に記載」
とある。


IMG_9899-500375.jpg


箱の裏側には 以前(写真左)は Made in Germany、今回(写真右)は、Made in Chinaとプリント。


BRITA選択の理由

我が家のシステムキッチンにはビルトインの浄水器がついているのに何故それを使わないでBritaかという理由は次の2点。

(1) Britaの水がとても美味しく好みにあうこと。
(2) ビルトイン浄水器は1年に一回交換するカートリッジがキッチン・シンクの下にあり抽斗をぬいたりしないと届かない場所にあり極めて面倒。

水の味には個人により好みがあるし、また、浄水器の形態についてもビルトインかピッチャーか蛇口外付けなど好みがあるだろうけれど、わたし的にはBRITAが一番。カートリッジの生産地が変わってもドイツの製品管理下にあるので今後も同じ性能が維持されているなら継続しようと思っている。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2020-06-16 19:00 |
  2. Interior 2.0 - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

違う角度でみた夏のダイニング





LD fm hall


夏のダイニング。
いつもと違うアングルで撮影。

これは玄関ホールからみたダイニング。
ガラスの仕切りがある。

どこが夏なのかというと天井のエアコンが稼働中だから。
我が家では冬は床暖房なので、エアコンを使うのは夏のみ。
天井のエアコンのパネルがオープン状態なのは稼働中だから。

ここからみるLD&キッチンはかなり好きなアングルなのだけれど、ひとつだけ好きでない残念ポイントが・・・

それは、ホールと玄関の床材がちがうこと。
わたしは、すべての床材が同じというスタイルが好みで、この家のようにホールとLDで違う床材なので入り口に境界線があるというのが好きでない。いつのひか床の張替えが必要になることがあったら、ホールの床材に合わせたLDの床に変えたい。床張り替えはリフォームのなかでもタイヘンな部類なのでほとんど妄想のみのの世界だけど。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2020-06-08 21:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

消防設備保守点検



消防設備保守点検01


5月最後の土曜日、午前中に「消防設備保守点検」。

住宅における消防設備の保守点検を行うもので、消防法により1年に2回実施するように義務付けられている。

具体的には、ビルディング共有部の各種消防設備の点検に加え、専有部となる各住居内では次のものの点検が行われる。

住居内警報設備(火災感知器)、住宅用消化器、住宅用スプリンクラー、そして避難器具設備。

各住居に検査員が入室しての点検となるので、新型コロナ感染リスクの観点より今回は延期になるかなと思っていたが、実施日の少し前に緊急事態宣言が解除となったこともあり点検実施となった。

家中の窓を開けて風通しを良くして検査員を待つ。

予定された時間枠にマスクをした検査担当者到着。当方もマスク。

検査はいつもよりあっさり目で、キッチンの火災感知器のテスト(「火事です!」と警報がなる)、スプリンクラーの設置位置点検、消火器の設置確認、バルコニーの非常用退避ラダーの検査。数分で終了、結果は「何も問題ない」とのこと。


消防設備保守点検02


バルコニーの避難はしご。各住居のバルコニーにあるハッチを開けると、このようになっていて、一階下のバルコにーまでハシゴで避難する仕組み。
写真はハシゴを折りたたんだ状態で、ハシゴが降下した段階での撮影のタイミングを逸したのは実に残念。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2020-06-02 09:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2