ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

我家の光熱費



東京で冬を過ごすのは今シーズンで3年目となるが、過去2年より随分あたたかいと感じている。

ガス料金の月次通知が来たので、今年はあまり暖房を点けることがないという認識をしていたことから、過去と燃料費の使用に関して比較してみたく時系列にデータを並べてみたところ、今年がいかに暖冬かということが第三者の提供する数値にて立証された。



ガス使用量



我家の光熱エネルギーは電気とガス。
・ ガスは給湯と床暖房。床暖房はガスにより温められた温水が床下を巡る。
・ 電気は、給湯以外全て。つまり、照明、キッチン(IH、オーブン、コーヒーメーカー)、エアコン(暖房機能もあるが我家で使うのは冷房機能のみ)、AV一式、コンピュータ関連。

電気とガスで、使用量に季節変動が大きいのが暖房に使うガス料金。

暖房費は、住居の種類や地域によりさまざまだが、我家の条件は次の通り。
・ RC建築の集合住宅、上下左右を他の住居に囲まれている位置。
・ 広さ約83平米。
・ 地域は東京都心部。
・ 使用スタイル:わたしは、飲む・打つ・買うにも、贅沢にも興味のない質素な暮らしだが、快適な住居環境のためには費用を惜しまない傾向がある。


料金は単価が年度により異なるので、使用量を比べた2表目がわかりやすいと思う。

1月のガス使用量(主に暖房)は、過去2年が80m³超なのに今年は前年比-45%の53m³。


この差が生じたのは、今年の冬は、暖房をつけるのは夜のみなだからと結論づけて問題ないと思われる。
そして、暖冬比率(ガス使用量の減少比)は思っていた以上であった。


こういう暖冬は自然環境に対する影響がどうなのかはわからないけれど、お財布に対する影響は良いのだった。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2020-01-24 19:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2