ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

iPhoneの機種変更



原宿表参道でランチしたので、近くのApple Storeに寄った。


apple store omotesando


アップルストア表参道店は、わたしのお気に入り店。
新宿店のほうが家から近いが、いつも混んでいるし特にC国からの観光客がたくさん座り込んでいたりして落ち着いた雰囲気がないが、表参道店は静かな環境。


今回ストアに行った目的はiPhoneの機種変更の情報集め、他のApple デバイスの情報集めなど。


ところが店を出る時には新しいiPhoneを手にしていた・・・



もともと、機種変更は検討してはいた。


でも、今日は情報集めのみのつもりだった。

前回 iPhoneを買った時は量販店内のキャリア(SoftBank)ブースだったのだが、最近はApple Store でもキャリアiPhoneを扱っているということを知ったので仕組みとかデータ移行とかの話を聞く。

店に入り、いろいろな機種をいじったり店のスタッフと話したりしていたら、今日は比較的すいていて、ほとんど待ち時間なしで購入手続きができるというし、データ移行もアップルストアで完結するというので、それでは、と急遽、本日購入となったもの。


選んだモデルは、iPhone 11 Pro 256GB スペースグレー

希望色はシルバー(mac bookのような色)だったのだが、今回のiPhoneのシルバー色は殆ど白で好みに合わず、スペースグレーとしたもの。iPadのスペースグレーに似た色。


SIMフリー版か、キャリア・ロック版のオプションがあり、後者は一括払いだと8,000円引きだという。当面キャリアを変える予定はないので後者を選択。もしキャリアを変えたい場合は101日目以降はロック解除が無料で行える。


iphone 11 pro purchased


地下の専用コーナーに行き、手続きに約20分くらい。そのあとはデータ移行。


iphone 11 pro data xfr in progress


データの転送方法はいくつかあるうちから、iCloudにバックアップをとってあるので、それをリストア。

iPhoneへのデータ移行(復元)方法 Options
  1. iCloud上のバックアップからリストア。
  2. LocalなMac(iTune)にバックアップを作り転送。
  3. Direct Transfer: AWDL(Apple Wireless Direct Link)を利用し、2つのデバイスをP2Pのようにデータを転送。

上記方法のなかでは、今回のiCloudからのリストアがもっとも効率的だと思う。
2. だとローカルのバックアップがある場所でしか作業できないし、3. だと、転送中は新旧デバイス2台とも使えない。1. はどこでも作業できるし転送中は旧iPhoneは使える。


壁紙から様々なシステム設定までリストアされて、約90分でいままでのiPhoneのクローンが出来上がった。機種変更は、随分とラクになったものだ。これなら、来年、iPhone12が出たら気楽に機種変更できる。

というのも iPhone11 Proの三つ目(トリプル・カメラレンズ)はどうしても好きでないし、今回のモデルは5G対応でもないので、それらが変わった時点で新しい携帯電話に変えるつもり。

三つ目は好きでないけれど、でも、新しいギャジェットを入手するとウキウキと嬉しくいつまでもいじっているのは否めない。


wireless charging yay


帰宅して、ある程度使ってから充電。
購入したのは「Belkin BOOST UP CHARGE Wireless Charging Pad(ワイヤレス充電器 )」。
今までのiPhoneはワイヤレス充電ができなかった機種なので、こうやってパッドに置いて充電するだけでも楽しい。

サイズや重量は前の4.7インチ時代の筐体のほうが好みだが、機能は最新バージョンが楽しい。





わたしは所謂アップル信者ではないけれど、でも、Apple製品のミニマルなデザインや機能そして使い心地、そして店のスタッフの対応など好感が持てるところが多い。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2019-12-23 09:19 |
  2. Tech
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2