ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

ガスメーター取替作業



我家の光熱用エネルギー源については、給湯(含む床暖房)が都市ガス、それ以外は電力となっている。

今回、都市ガスを購入している東京ガスのガスメーター取替の作業が行われた。

IMG_7922-500500-white.jpg
我家のメーターと同タイプのもののイラスト


ガスメーターは「計量法」に定められた有効期限に基づき、定期的に取替作業が実施されるのだそうだ。計量法については後述。

作業については事前に文書による通知があり、アパートのビルディング全体が対象となり東京ガスの委託先である指定工務店により月曜日から1週間かけて順次交換するという日程になっている。

取替作業はメーター設置場所で行うので室内に入ることはなく在宅の必要はないので気づかないうちに作業が終了する。在宅している場合、約40分の取替作業の間はガスを止めるのでガスを使えない。我が家の場合はガスを使うのは給湯と床暖房。幸い今日は晴天で窓からの太陽光戦により部屋が温められる暖かい日で昼間は暖房不要だったのでメーター交換に何の影響も受けずに済んだ。

我が家のあるビルディングでは、共有廊下(屋内)の一箇所にメーターが集中しているクローゼットがあるのでそこでの作業となり天候に左右されないが、一戸建ての場合だとメーターは戸外ということが多いので、メーター交換作業は条件次第では暑さや寒さや雨などによりなかなか過酷な仕事だと思った。






「計量法」におけるメーター取替について:

「計量法」とは、計量の基準を定め、適正な計量の実施を確保することを目的とする日本の法律。所管は経済産業省。
取引または証明に用いる計量器(使用量に応じた料金精算に使用するメーターはこれに該当)は検定に合格し、かつ、有効期間内のものでなければ使用できないと計量法第16条に定められいるもので、各メーターの有効期限は以下の通り。
  ガスメーター: 10年(一部7年のものもあり)
  電気メーター: 10年(一部5年・7年のものあり)
  水道メーター:  8年

メーターには有効期限の年月を記した検定ラベルが貼り付けられている。





これは我家の場合。10年後の2029年11月にメーター交換となることがわかる。



IMG_1178-500590-c-01.jpg




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-12-17 21:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2