ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

寝室を冬仕様に




ベッドルームの冬支度完了。

東京はまだ暖房が必要なほどの気温にはなっていないが、そろそろ外は黄葉(樹木の冬支度)だし、ということで、寝具を3シーズンの薄手からふんわりした冬物にかえたのだ。

冷暖房なしで寝室の夜間室温が21度から22度くらいになるのだが、真夏は冷房を用いて22度くらいにして快適に3シーズンの掛け布団で寝ていたのに、今の季節は冷房なしで同じ22度、ところが同じ布団ではすこしひんやり感を感じるのだから季節の体感は数字だけではない。



<< after >>
Bed Room November 2019


これが冬仕様のベッドルーム。

見た目は他の季節と大差ないが、変更点は掛物。
それまでの春・夏・秋の3シーズン使っていたダウン250グラムの薄手のものから冬用のダウン750グラム入りに交換。


<< before >>Bed Room Spring-Summer-Fall 2019



冬用Duvet(掛け布団)は3シーズン掛け布団の3倍のダウンが入っているので重いかというと、そういうことは全く感じない。むしろふんわりと柔らかくて軽い雲につつまれている気分。というのも、詰め物のダウンが、夏用はダック、冬用はグースなので、ひとつひとつのダウンの大きさが冬用のグースは大きいので格段ふんわり度合いが高い。更に、側生地材質が、冬用は薄手で軽い。また、布団を買った時についてきた布団カバーが400TC以上のエジプト綿のカバーでこれが軽量しなやかで実に掛け心地が良いのだ。残りの人生は布団の中で過ごしたいと思うくらい。



実は、約1週間前にいったん冬用の布団を出したのだが、暑くて夜中に目が覚めて安眠できず、冬以外3シーズンのものに戻していたのだった。出した冬用布団を再びケースに戻して仕舞うのも面倒なので寝室の隅にざっくり置いておいたので何気に目障りな障害物のある1週間だった。


ようやく季節が追いつき、冬用をベッドにセットし、3シーズンは畳んでケースにしまいクローゼットに格納して、部屋の中がスッキリ。





Duvet のデータ

● 薄掛け布団:

 無印良品製、「羽毛薄掛ふとん」
 サイズ、重量:幅 190, 長さ 210、詰め物重量 0.25kg
 詰め物:ダック羽毛 ダウン 90%、フェザー 10%
 側生地:綿 60%、ポリエステル 40%


● 冬用掛け布団:

 フランスベッド製、「ティエドール・ミディアム」
 サイズ、重量: 幅 190, 長さ 210、詰め物重量 0.75kg
 詰め物:ポーランド・ホワイト・グース羽毛 ダウン95%、フェザー5%
 側生地:エジプト超長綿 "ギザ87" 100%


Furniture Data

 ベッド: シモンズ ゴールデンバリューグレーシャス、ダブルクッション。
          マットレス  ( コイルが6.5インチ(16.5cm)、マットレスの高さは約27cm)。
 チェア: MAGIS エアー・アームチェア。
 ラグ: パキスタン段通(手前)、ペルシャ(窓側)
 ナイトスタンド: メーカーなど不明。




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-11-21 20:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2