ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

バスキア展




basquiat poster



六本木ヒルズ森美術館で開催中のバスキア展に行って来た。


IMG_7411-500375.jpg


幼少の頃から絵を描くのが大好きだったジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)は10代でニューヨークのアートシーンに注目されるやいなやあっという間に一世を風靡し、モダン・アートの世界を大きく動かした画家。


約10年という短い活動期間に残した3,000点のDrawings、1,000点のPaintings計数千点の作品から約100点が展示。


バスキアは1960年12月22日ニューヨーク・ブルックリンで生まれ。父親はハイチ出身、母親はプエルトリコ出身。テーンエイジャーの時にマンハッタンのストリートで手がけたグラフィティーで注目された。その後キャンバスや紙などの媒体にエネルギッシュな創作活動を続けた。アンディー・ウォーホルやキース・ヘーリング等との交流もあり、今回の展覧会でもウォーホルとの共同制作となる作品が展示されている(撮影禁止だった)。



1988年8月12日、ヘロインのオーバードーズで死亡。ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン等と同じ「27クラブ」の一員となったのであった。



展示品のうちいくつかにはカメラのアイコンが表示されていて撮影OK。


会場に入る。

大きなサイズの絵が多い。

IMG_7419-500500.jpg

「Napoleon」 1982
121.9 x 121.9cm
キャンバスにアクリルとオイルスティック


IMG_7422-500500.jpg

「オニオン・ガム」 1983
198.1 x 203.2 x 5cm
日本に行った時の印象を絵にしたとのことで、右上に [MADE IN JAPAN] の文字が見える。


IMG_7417-500500.jpg

「自画像」 1985
141.9 x 153 x 14.9 cm
右半分には瓶のコルクや蓋をコラージュ。


IMG_7415-500500.jpg

「無題」 1982
183.2 x 173 cm
バスキアの作品にはスカル(ドクロ)をモチーフとしたものが多く、これもそのひとつ。


IMG_7423-500500.jpg

「Bombero(スペイン語で消防士)」1983
165.2 x 230.5 x 3.1 cm


IMG_7428-500500.jpg

「Carbon/Oxygen」 1984
224 x 196 cm
わたしが一番気に入った作品。
NY(マンハッタン)、世界、宇宙が出会い炸裂するというエネルギーに溢れる作品。







友人を誘ったけれど「落書きだしー」と断られたので、ひとりで行った。
期待をはるかに上回り見応えあり。


本物の感動が伝わる。
実際にバスキアがこのキャンバスで筆をふるった現物なのだと思うと興奮する。

ニューヨーク・ベースのアーティストの場合は、自分が長年にわたり住んだ街なので親近感がある。わたしは1985年からNYに住んでいたので、バスキアの最後の3年間は、同じ空気を呼吸していたのだ、と思うと絵の見方も変わる。

時々は本物の(アーティストのオリジナル作品)アートを見に行き細胞の活性化をはかりたい。


展覧会は11月17日まで。

 




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-10-24 18:00 |
  2. Art
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2