ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

浴室ドアの使い方を変えてみた



浴室ドアの使い方を変えてみた。


IMG_6240-450600.jpg


入浴の際は、このように少しだけ開いた状態にしておくのが良いという説があるのを知ったので試してみている。
浴室内の湿度をベンチレーションが吸い込む際に、ドアを少しだけ開けた状態にすると、効率よく空気が流れて湿気が排出されるからだそうだ。

わたしの場合は、それまでは常にドアは全開、つまり浴室ドアを閉めるという習慣は無かった。
いまでも、うっかりするとドアは開放状態で入浴、お風呂を終えてから握りこぶし大幅を残して閉めてベンチレーションを30分まわしている。

わたしの入浴時間は短いほうで、最長でも5分以内なので、そもそも湿気の排出効率が重要になるような状況にならないのだとは思うし、湿気が原因のカビも生えないが、それでも”こぶし大”を試している。
今までカビが生えなかったからといってこれからもカビが発生しないという保証があるわけではないし、なにより風通しは良いに限るから。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-07-12 00:00 |
  2. Interior 2.0 - 浴室
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0