ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

精進料理を初体験



日曜日、高校の時のクラス会に参加。
武蔵野の三光院という精進料理の店。わたしを含む多くの人にとり精進料理初体験となった。

店は寺院の敷地内にあり、雨に濡れた笹や木々の緑がうつくしいセッティング。

高校のクラス会には何回も出ている。幹事が都度趣向を凝らした場所のセッティングをしてくれる。
わたしを含み何人かのベジタリアンがいるので、ベジタリアン対応のスペシャル・メニューの手配がなされていたが、今回は、精進料理なので、べジタリアンの人もそうでない人も全員おなじメニュー。


作務衣のようなものを着たシェフが全ての料理の前に口上を述べる。

まず最初に抹茶と最中(写真無し)が出る。

ここは、竹之御所流精進料理という京都風料理だそうで、京都では、客がくると最初にお茶をふるまうという習慣があるので、それにならったのだとのこと。


IMG_6362-500.jpg


お茶が苦手なわたしは口をつける程度でほぼ全て残す。

続いて「お煮しめ」というセレクション。

IMG_6363-500.jpg


大和芋の海苔巻き、高野豆腐の含め煮、ごぼうの胡麻和え、パンプキンの煮物、葉っぱは飾りの南天。

どれもおいしかった。


次は胡麻豆腐。

IMG_6365-500.jpg

弾力のあるババロアといったテキスチャー。
胡麻豆腐自体の味はまろやかだったが、かかっているタレが強烈な塩辛さで、最後のほうは大変。


続いて、ナスの枝豆和え。

IMG_6367-500.jpg

揚げたナスとマッシュして甘く味付けした枝豆。

熱いナス料理と冷たい枝豆の温度差を楽しむ趣向です、との説明だったが、ナスはとくに熱くなく(猫舌のわたしには好都合)、枝豆は特に冷たくなく温度差は微妙だった。


このあと、写真はないが、押しキュウリの酢の物。酸味を強調した味付け。


粟麩のおでん。

IMG_6368-500.jpg


「おでん」という名前だが、我々が普通に想像するおでんとは異なり、器のなかは煮た粟麩がひとつ。この麩は弾力があるし、辛くもなくて美味しく食べられた。上にのっている緑色のものは、強い味付けがされていて好みが別れる(わたしは食べなかった)。



「にゃくてん」。

IMG_6370-500.jpg


こんにゃくの天ぷら。見た目は美味しそうだが、裏側が濃い茶色で非常に濃い醤油に浸してあった様子で、ひとつ食べてあとは残した。他のクラスメートも「辛いね〜」と意見。


このあとごはん(写真はない)。
これがまた醤油味が濃くてとても塩辛かった。


最後に再びお茶。「すすりちゃ」という名称。

IMG_6374-500.jpg

タタミはテーブルの天板。
ユニークなデザイン。

お茶のカップに湯と茶葉を投入してから蓋をして1、2分蒸らしてから飲むのだとのことで、シェフがやってみせる。飲むときは蓋を完全にとらず薄くだけ開けて隙間からお茶を飲む。そうすることで茶葉が口に入ってくることが防げるのだそうだ。



お茶が苦手なわたしは一口飲むフリをしてから蓋を閉めた。


:::


初めての精進料理の感想は、というと、ヴィーガン(ビーガン)とおなじコンセプトなので、出たものすべてを安心して食べられるというストレスフリーな食事ができた。

ただし、料理の味は、塩や醤油が極めて濃厚でわたしの口にはあわないものが多かった。濃厚な醤油味付けが好きな人に向いているかも。


笹と木々に囲まれた寺院のなかという環境は大いに楽しめた。

20190707.jpg


生憎の雨だったが、寺の雰囲気と雨は似合うなあと思った。
@武蔵野にある三光院という店。


尚、食事の量はとても少なくて物足りなかったので、帰りに近くにデニーズがあったのでスナックとしたのであった。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-07-15 00:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

浴室ドアの使い方を変えてみた



浴室ドアの使い方を変えてみた。


IMG_6240-450600.jpg


入浴の際は、このように少しだけ開いた状態にしておくのが良いという説があるのを知ったので試してみている。
浴室内の湿度をベンチレーションが吸い込む際に、ドアを少しだけ開けた状態にすると、効率よく空気が流れて湿気が排出されるからだそうだ。

わたしの場合は、それまでは常にドアは全開、つまり浴室ドアを閉めるという習慣は無かった。
いまでも、うっかりするとドアは開放状態で入浴、お風呂を終えてから握りこぶし大幅を残して閉めてベンチレーションを30分まわしている。

わたしの入浴時間は短いほうで、最長でも5分以内なので、そもそも湿気の排出効率が重要になるような状況にならないのだとは思うし、湿気が原因のカビも生えないが、それでも”こぶし大”を試している。
今までカビが生えなかったからといってこれからもカビが発生しないという保証があるわけではないし、なにより風通しは良いに限るから。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-07-12 00:00 |
  2. Interior 2.0 - 浴室
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ニュウ・プリンタ



IMG_6343-500.jpg


新しいプリンタがやってきた。

買い物は嫌いなのだが、例外がギャジェット。新しい機器を選択して入手するとわくわくする。


今回は、4年前に買ったプリンタが壊れたので買い替え。


プリンタが壊れて半年くらい経つが、わたしはプリントは年に数回しかすることがないので、たまに印刷が必要なときはコンビニでプリントするというスタイルで特段の不自由はなかったほど。しかし、こう毎日雨だと、プリントする必要が生じた時に、わざわざコンビニ迄行くのも億劫なので、代替機を買うことにしたもの。


プリンタは既存機とおなじキャノン製。
キャノン TS3130S
複合機のなかでは最軽量の部類。軽量でコンパクトが決めて。

印刷機能はベーシック。
プリント機能はベーシックで充分な理由は、DVDのラベル印刷もしないし、ハガキ印刷もしないから。

スキャナ付きの複合機にしておけば、便利なこともあるだろうと既存機と同じ要件で選んだ。


IMG_6345-500.jpg


向かって右が既存機、左が新しく買ったもの。
サイズも見た目もほとんど同じ。

一番の違いは給紙と排出。
古い方は、INもOUTも前面。新しいのは、背面からのペーパー・フィード、前から排紙。

わたしとしては、どちらでも良いが、背面フィード、前面排出のほうが、プリンタ内での紙の動きがシンプルになり壊れにくいかもしれない。


IMG_6347-500.jpg


早速セットアップ。
Canonのwebよりセットアップ用のユーティリティーをダウンロードしてセットアップ。
量販店のページでユーザによる本製品のリビューでMac用のセットアップソフトは無い、という書き込みがあったが、そんなことは全くなく、ちゃんとCanonサイトにWindows用とMac OS用があった。付属付属CDはWindows用のみだが、付属CDなんて要らない。

ドライバーだけで良いのだが、不要なUIもユーティリティーが自動にインストール。一方、無線設定は自動設定でない。Wi-Fiのセットアップはなぜかマニュアルで行う必要があるが、特に問題もなくスムースに開通。セットアップ終了。


IMG_8884-500400-01.jpg


60分ほどで、プリンタ入れ替え作業全て終了。

つまり、セットアップして、テストプリントして、ダンボールを捨てて、古いプリンタを処分。Webで粗大ゴミ回収を申請し、コンシェルジュから粗大ゴミのシールを購入し貼り付けて、古いプリンタを地下の粗大ゴミ置き場へ。
部屋に戻り取扱説明書の新旧を入れ替えて古いのを捨てる。

終了。

室内は即座にスッキリ。段ボールや粗大ゴミを自宅内に保持しないで済む、これは集合住宅に住む大きなベネフィット。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-07-08 21:00 |
  2. Tech
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

梅雨時の散歩



東京地方は梅雨シーズン。連日の雨天、雨が降らない日でも高湿度で快適な季節とは言い難い。

でも、この季節ならではの散歩の楽しみもある。

それは植物たちの観察。

アジサイは6月中旬が美しい。
我が家の近くには歩道の際(きわ)に数百メートルほどアジサイが植えられている区域があり、通る都度たのしい。


IMG_6195_20190705084432edb.jpg


今年みつけたのは、くるんとした花をつける種類。


hydrangea20190621−02


アジサイの花の色は土壌の質により変化すると聞いたことがある。
隣あったアジサイでも色が違っているのは微妙な土の成分の差を反映しているのだろうか。


hydrangea20190621−01


最初はこれは蕾で、この後に盛大に開くの後思ったらこれは、最大の開花でこのあとはこの形で枯れて行くのだった(写真はない)。



新宿御苑には花壇(Flowerbed)が2箇所あり、どちらの植物も定期的に植え替えられている。

7月はじめにみたら、「丸花壇」はイングリッシュガーデンのような、まるで自然にワイルドフラワーが茂ったといったイメージに作られている。


flowerbed english style


フレンチやイタリアンの庭のように技巧的に作った感がある花壇より、こういう方が好み。
英国風花壇と名付けた。




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-07-05 00:00 |
  2. Walk
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2