ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

スワン・チェアの手直し



我が家のリビング・ルーム。
気に入った家具を配置して大好きな心地よい空間・・・になるはずだったのだが、実は少し失敗している。

IMG_0895-500375.jpg


それはスワン・チェア。

スワンを選択した事には何の問題もない。
フォルムも座り心地も完璧。

読書はスワン・チェアで、というのが定着している。


IMG_5657-450534.jpg


では、何が失敗だったのかというと、ファブリック。

スワンチェアのファブリックは何百、もしかしたら何千?という選択肢がある。
ファブリック見本帳を見て決めるのだが、非常に種類が多いので、まずおおまかに希望を伝えることになる。

 ・ 色はグレイ無地。
 ・ 材質はザラザラしないなめらかさのあるもの。

店の人が数冊の見本帳を出してきて、それを見せてもらい、候補を絞っていった。

そこに、店の人がいきなり取り出したのが Kvadrat社の製品。
デンマークに本社を置くテキスタイル・メーカーである。


Kvadrat Hallingdal 65


「これは、椅子の曲線がもっとも美しく出るファブリックなんですよ」

と言いながら、布を曲げてみせる。
なるほど、陰影の出具合が見事。
それまで見ていたファブリックたちはのっぺらぼうに見えてくる。

「この材質は、ウールのけばがあり、チクチクするのが気になるという人もいらっしゃいますが、それは最初の3〜6ヶ月ほどでチクチクするのはとれます」

そして、とうとう、当初の目的とは全然違うものを選んだのだった。

そして、それは失敗だった。

というのも、チクチクは3ヶ月経っても6ヶ月経っても、1年経っても一向にとれなくて、座ると皮膚が露出している部分はもれなくチクチクする。夏は露出が多いので心地よくない。

そこで手直しをすることにした。

どうしたのかというと、チクチクを取ればよいのだから、椅子を剃ったのだ。

最初は安全剃刀で剃ったが、もし手元が狂い穴でも空けてしまったら目も当てられないので、思いついたのが毛玉取り。


IMG_5543-500.jpg


これはうまくいった。
ちくちくするものは大分取れてきた。


IMG_5545-500.jpg

なお、この毛玉とりは、ALESSIの製品で、ピングーみたいな見た目はとても可愛いくて、力量はいかがかなというルックスだが、これが、とても良い仕事をする。

なお、これはピングー(ペンギン)ではなくて、キツツキなのだそうだ。


一時は、ファブリックの張替えに出そうかと思ったほどだったが、このキツツキのおかげでそのまま使えることになった。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-06-30 22:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2