ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

【Apple】 AirPort(AirMac)のステータスランプがアンバー色の点滅になった時




Apple AirPortを使っている。
Wi‑Fi ルータ、そしてタイムマシーン(バックアップ)の機能を一手に引き受けるデバイス。日本語のOSだと AirMacという名称表示になるらしいが、我が家は英語OSなのでAirPort。名前は違うが機能や性能は全く同じ。


airport 00


2018年に販売終了となったが、Appleのサポートはまだ継続している。
最低でもあと2〜3年は使うつもり。


Apple社のこの製品は、白い四角柱というルータとしてはユニークな形。天辺にリンゴのマーク、裏面にパワー・ケーブルやLANケーブル用のポート、前面の下部にはステータスランプがあり、通常は緑色が点灯。

しかし、このステータスランプがアンバー色の点滅となっているのに気づいた。

インターネットには普通に接続できているので接続問題ではなさそう。


アンバー色の点滅は、AirPortが何かを伝えたい時、ユーザに対応の必要があることを示唆するという意味がある。

アンバー色点滅の例としては、AirPortの設定がなされてない、コネクションやネットワークに不都合がある時(今回はこれは該当しない。なぜなら普通にインターネットにつなげているから)、ハードドライブに問題がありAirPort Time Machineが認識している、ファームウエアのアップデートがある、など。


まずは状況把握。


iMacの、AirPort ユーティリティーを開く。

airport 01

画面のAirPortのところに数字の「1」が表示されているので、1つ伝えたいことがあるためユーザの対応が推奨されている、ということがわかる。

ステータス・ウインドウを開くと、

airport 02

Firmware update availableとある。
何か不都合があることをうったえているのではないことがわかり安堵。

[Update]をクリックしアップデート。


アップデートのジョブ中はネットワークのコネクションは中断される。

airport 03

数分で終了。


アップデートが終わると、

airport 04

AirPort ユーティリティーの画面のAirPortはアンバー色ランプから緑色に。

AirPort本体のステータスランプも、緑色になり一件落着。

ファームウエアのヴァージョンが7.7.9 → 7.9.1になった。

前回アップデートしたのは約2年前なのでひさしぶりだが、やはりステータスランプは緑色が気分良い。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-06-22 00:00 |
  2. Tech
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2