ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

衣類の棚卸し



今の家に引っ越して最初の衣類棚卸しを始めた。


WIC NOV2018


棚卸しの目的は、在庫の確認と不要なものの選別。

寝室のウォーク・イン・クローゼット(WIC)にちょうど入るだけの衣類の量なので、無理やり量を減らす必要は特に無いのだが、棚卸しをしてて減らすアイテムがある場合は、もう少しゆったりした収納になれるのは歓迎。 
そして、何より、不要なものを所有しているという状態は好みでは無いということなのだ。


作業は、以下の基準に則り行う。

(1)着心地が良いか → (2)似合うか → (3)用途があるか

この順に確認してふるいにかけ該当なければ廃棄処分という手順。

例外はフォーマル・ウエア(葬式用の服)。
冬用とそれ以外の季節用の2着。これらは必須アイテムなので廃棄対象にはならないため。

それ以外の服は、着用して見て、 着心地が悪ければ即座にボツで廃棄対象。
着心地が良くても著しく似合わない(好みにあわない)ものはやはり廃棄。
着心地が良くて似合うが用途の無い物は持っている意味がないので廃棄。
たとえばスキーウエア(すでに処分済み)、スケート用の衣類(以前ほどダイハードにはスケートしなくなったので少量でよい)など。

基本的に、全ては着用してみなければ判断できないという事なので時間を要する作業。


服やファッションに興味の無いわたしが何故これだけの衣類があるのかというと・・・
WICの中身は、もともとのわたしの品は半分以下で、元は母の衣類というものが半分以上を占める。

スペースがあるので、今は無理やり捨てる必要もないのでしまっているが、もし将来もっと狭いクローゼットの場所に引っ越すことになったとしたら、大半は廃棄となる。その場合の残す衣類の選別はたやすい。
なぜなら、普段ローテーションで使っている衣類は数える程なのだから。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-11-23 21:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

冬準備ができたベッドルーム



急に寒くなったので、冬用の羽毛コンフォーターを出した。


IMG_4423-500375.jpg


ベッドルームが冬仕様になると、好きな季節の到来が示唆されるのでうきうきする。


羽毛布団のカバーはクリーム色で、他のベディングもクリーム色なので統一感があり心地よい。
ランナーのようになものは、超大型のカシミヤ・ショールを二つ折りにしている。
ランナーはベッドスプレッドよりはるかに小さいので、寝る際に剥がすのが容易いし、かさばらないで良い。


ベッドルームは冬準備が整ったが、季節はまだ冬未満だったためし、ちょっと暖かすぎたのか夜中に何回も目覚めたのは少し残念。




フランスベッド / IDC大塚 ティエドール・ミディアム・ホワイト



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ WEB内覧会*寝室


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-11-17 06:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

大きな蜘蛛が室内に!



最近の出来事である。

そろそろ寝ようかとベッドルームに行き思わず息を飲んだ。
窓際の壁になにやら黒い物体が存在するではないか。
我が家のベッドルームの壁は白なので黒いものは寝室の明度の低い照明のもとでも認識は容易い。

Spider image

その正体が蜘蛛であることは瞬時に理解した。というのも2ヶ月くらい前に我が家のあるビルディングのエレベーター・ホールで大きな蜘蛛をみかけてびっくりしたからだ。それは大人の掌くらいもあるサイズで、全身を黒い毛で覆われた8本足のイキモノ。イメージはタランチュラそのもの。驚いているうちにエレベーターが来たので乗ってしまい写真撮影できなかったのは残念。


後日アパートのマネジメント・オフィスの人に聞いたら、隣接している緑地から時々館内に入り込んでくる事がある蜘蛛で、人間にとり無害だとのことだった。
杜に隣接しているビルディングなため都心部とはいえそれなりのワイルドライフを経験することになるのだと知った。


今回は、それと同じ種類の蜘蛛が我家の室内にいる!
いくら無害でもこんな大きな蜘蛛がいる部屋では寝たくない。寝る前に排除せねばならない。


幸い敵は窓辺が近い壁に張り付いているので、窓から外に追い出すことにした。


用意したのは比較的厚手な上質紙の広告の紙。それを丸めて長さ30cmくらいの筒を作成。
筒の片端を持ちもう片方で蜘蛛の一部をそっと上向きに押してみた。
いい塩梅に蜘蛛は上の方に移動してくれる。
窓に誘導すると思惑通りに窓枠の方へのそのそと歩く。

「よしよし」


窓は開けてある。


窓の外に出てくれた。しかし、そのままではまだ窓の下枠の部分に佇んでいるので次に窓を開けた時に家の中に戻ってくるかもしれない。そこで、もう一押し。蜘蛛は空中に向けてジャンプしていったのであった。さらば!


こうして安眠の夜を迎えることができた。


蜘蛛の侵入経路は不明だが発見場所から窓から入って来たと推察するのが合理的だと思う。
12階の我が家まで外壁を登って来たとは思えない。
こんな大きな蜘蛛でも風に乗って上層階までくるのだろうか。

いずれにせよ、この経験以降は窓を開放するときは必ず網戸を閉めることにした。

ひとつ非常に残念でならないことは、今回も再び写真撮影を失念してしまったこと。


なお、この蜘蛛の種類だが、アシダカグモ、または、イオウイロハシリグモ、あるいは、キシノウエトタテグモ のいずれからしい。どれも東京にも存在する種とのこと。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-11-14 00:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

たかがティシュー、されどティシュー




わたしは色々なものの好みがはっきりしている方で、ティシュー・ぺーパーもその例外ではない。

愛用品は、Scottie の白とグレイのボッックス。
いつでも売っているという品ではないので、見つけると買う。


tissue boxes entrance closeup


買ってくるとまず玄関に置くのが習慣となっている。
その後、3分以内には所定の場所に片付けるのだが。


この製品が好きな理由は以下の2点。
(1) 材質が好み。ソフトだが適度な強度もある。
(2) 箱が好み。ティシュー・ボックスは、多色づかいのデザインが殆どだがこれはモノトーン。


ティシューを置いている場所は3箇所


キッチン

tissues kitvhen

白いALESSIのティシュー・ケースに移し替えて使っている。

主たる用途は、キッチン・シンクの水滴の拭き取り。
それに、何かが溢れた時にさっと拭き取るのにも便利。
Scottie は吸水性にすぐれているので、これらの用途に適している。




パウダー・ルーム

tissues powder room closeup


透明ティシュー・ケースに移しかえて使用。

クロース・アップ

tissues powder room close up


洗面台の上には、他に、歯ブラシ、歯磨きペースト、メガネを配置してあるが、どれもガラス入れ物使用としているので、全て透明という点で統一。




移し替えるのならボックスに拘る必要はないかというと、そうでもない。


浴室

tissues bath room


浴室内のカウンターの上には、箱のまま配置。

シャワーの後、壁やバスタブと壁のコーキング部分を拭くのに使用。
まずスキージーで水切りをしたあと、ティシュー2枚を1セットとして拭く。
だいたい3セットで拭きあげ終了。


システム・クローゼット内の収納


ティシュー・ボックスはたいてい5個パックで売られているので、常に収納場所を必要とする。


tissue boxes in closet



このScottie のモノクロ・ボックスはなかなか売っていないので、見つけると自宅にストックがまだあっても買うので、クローゼット内に10個近く在庫を持ってしまうこともある。

これが、カラフルな箱たちだったら、クローゼットのドアを開ける都度、自分が選んだわけでもない色の洪水に圧倒されて嬉しくないと思われるが、このグレーのボックスならオーバー・ストック気味でも(あまり)気にならない。


たかがティシュー、されでティシューなのだ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-11-10 00:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

アイスクリームは季節商品なのか?



Launuree ice cream

いわゆる甘党ではないので、趣向を凝らした日本のケーキなどは苦手だが、甘くても好きなのはアイスクリーム。
好みのタイプは確立していて、あちこちに「好みのアイスクリーム」を売る店を確認して自分のデータベースに記録している。

新宿ルミネ内にあるLADUREEは、そんなひとつ。
マカロンで有名な店だそうで、今年の夏、マカロンが好きだと言う人へのギフトでマカロンを買いに行ったときに、アイスクリームをみつけたので食べったらとても美味しかった。

今回、再びルミネの近くに行く用事があったので、寄ってみたところ、様子が違う。
夏は用意されている何種類かのアイスクリームから好みのものをスクープしてサーブする方式だったのに、今回は、奥から取り出したのはカップ入りのカチカチに凍ったアイスクリーム。
(トップ画像参照: スプーンが太刀打ちできない固さ)
これではスーパーで買うアイスクリームと何の違いもない。
がっかり。

この店においては、アイスクリームも季節商品と捉えていると見受けた。

我がデータベース更新。
LADUREEのアイスクリームは夏季に限る、と追記。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-11-08 10:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

BOTANIST で美味しいランチ



原宿のBOTANISTでランチ。

1Fはシャンプーやハンドローションほかの BOTANISTの製品を扱うストア、2Fが BOTANIST CAFEとなっている。


botnaist 01


CAFEのメニューはヴェジタリアン・フレンドリーでヴィーガンやグルテン・フリーも幾つかある。
また、肉食系の人用のメニューもあり幅広い層の顧客に対応している。

わたしが頼んだのは、パワー・サラダ・ブランチ・セット。
もともとは、チキンも含まれるメニューだが、チキン無しで作ってもらった。
それに、コーンスープ、おいしいロール、コーヒー。

どれも非常に美味。


botanist 02

LEDの細かいライトが照明い加わりハンギング・プランツも豊富な店内はBOTANISTの名前にぴったりなインテリア。

シンプルなデザインの食器、大型で手に馴染むカトラリーは食事をおいしくする。
Botanist mugcup 250250px
レストランで使われているマグカップなどの食器が気に入った場合は1階の店舗で購入可能。


お店のスタッフの感じもよくて、オススメの店。
明治通りと表参道の交差点を少しだけ渋谷方面にいったところ。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-11-05 00:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

コーヒーメーカーのクリーニング



コーヒーメーカーのクリーニングを実施。

使うのは、専用の洗浄剤 「SCALE CLEANER」。

coffee maker cleaning 01


Scale Cleanerは10グラム入りのパウチに分包されている。これが1回の使用量。
これを 600mlの水によく溶かし、コーヒーメーカーのウォータータンクに入れ、コーヒーを抽出する手順で通す。
1/3くらいのところで一旦止めて10分放置してから残りを通す。

コーヒーメーカーを使っているうちに水の通り道に付着するスケール(みずあか)が除去される。


coffee maker cleaning 02


続いて2回、水600mlを通して洗浄。終了。


翌朝のコーヒーは、いつもにも増した美味しさだった。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カリタ スケールクリーナー
価格:432円(税込、送料別) (2018/11/3時点)




Scale Cleaner の成分はクエン酸。
自分でクエン酸を適度な濃度に溶解して用いることも可能だが、この製品を用いると、1回分がパウチになっているのでクリーニングの面倒さが減る。

なお、コーヒーメーカーのクリーニングには、以前はホワイト・ヴィネガーを用いていた。
この方法もスッキリときれいになるが、一方でデメリットもある。
それは、クリーニングしている間、家中がお酢のにおいになってしまうこと。
お酢のにおいが嫌いでない人ならデメリットでないかも。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-11-03 11:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0