ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

IKEAのトレイ



   IKEA_BARBAR Tray



IKEAのトレイを購入。
いままでの我が家には無かったカラフルな柄。

理由はリビングルームで使用するある目的のため。


ottoman no tray


ニュウ・レイアウトのリビング・ルームでは、コーヒーテーブルを撤去して、コーヒーテーブルのあった場所にはオートマンを置いた。
普段はなんの不便もなく、快適なのだが、人が来た時にはちょっと不便。

オートマンは足を乗せたり、読みかけの本や携帯電話などを置くのにはとても具合が良いけれど、クッション面なので飲み物などを置いたりするのには不安定。


飲み物を置く時は、このようにトレイを置いてテーブルのようにしようというアイディア。


IMG_3385-600461.jpg


カップやグラスの他に小さなお皿も置けるのでスナック菓子などのおやつも置ける。


IKEA Tray with coffee and snack food


こんなカラフルなものを買ったのは、330mm四方というサイズがぴったりだったことによる。
オートマンは一辺の長さが360mm。
これより少しだけ小さめで金属かプラスティック製の(つまり木目でない)正方形のトレーを探していたが、サイズがあうのはこれのみだったのだ。

このトレイはIKEAのショッピング代行業者より購入。
IKEAの店舗に行けば、このサイズで白や黒の無地が売られているようなので次にIKEAに行くことがあれば、無地版を買いたい。


なお、普段のオートマンは、こういう状態。


IMG_3387-600450.jpg


iPad 置き場としての位置付けが定着している。
スワンチェアで読書の時は、この隙間に、iPhoneや読みかけの本を置くことになる。

カラフルなトレイは普段はパントリーに収納。


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-08-27 00:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

イチジク



Figs 01


この季節になると短い間だけ楽しめるのがイチジク。

大好きな果実。


いままではそのまま食べていた。


Fig opened


丸かじりも美味しいが、半分に割って、中の仕組みを見ながらの賞味も楽しい。


今年の夏に開発した食べ方はヨーグルトとともに食すこと。


Fig yogurt


適当な大きさ(バイト・サイズ)にしたイチジクをプレーン・ヨーグルトに混ぜる食べ方がとても美味しい。

夏の朝食にぴったり。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2018-08-25 18:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

初めてのお盆



生まれて初めてのお盆体験。

思っていた以上に日常生活に大きな影響があったのだった。


[ 去年まで ]

日本生まれだが、季節の行事を一切行わない家で育ったので「お盆」の存在を知らないまま大人になった。
大人の人生の殆どは日本国外で過ごしていたので、日本の夏の風習である「お盆」は名前を聞いたことがあるといった程度以上の知識はなかった。


[ 今年の夏 ]


去年、東京に移住し、今年の夏が実質的にお盆の初体験。

帰省する人で電車や高速道路がこむだけで自分には関係がないと思っていたら大違い。

東京以外の場所での状況は分からないが、東京都心部では、多くの店が夏季休暇、または、お盆休暇、ということで店を閉めているのであった。
異常な暑さの中、よく行く店にランチに出向いたら、なんと閉まっている。


お盆


なら、デパートなら良いかとデパ地下に行ったら、デパート自体は流石にしまっていなかったが、出店店によってはガラスケースは空(から)で「16日まで休み」などと書いてある。

がっかり。もっぱらコンビニで食料を調達する日々となったのであった。

夏になると、多くの店がお休みにしてヴァケーションというのは、ヨーロッパでは当たり前のことだけれど、東京も欧州化してきたということなのだろうか。

今日ぐらいから、ようやくいろいろな店が通常運営に戻ってきて、ほっとしている。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-08-20 00:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

ある日の朝食



1日の始まり。
ダイニング・エリアは前の晩にリセットしてあるので爽やかな朝がスタートできる。

Dining reset


歯を磨いてシャワーのあとは朝食。


Bfast


典型的な朝食は、ミューズリー + ミルク(または豆乳)、バナナ+ヨーグルト、コーヒー。


bananas


ミューズリーは欧州時代に知った朝食アイテムで、その後、北米生活の間に好みのブランド(Bob's Red Mill:これは米国のブランド)に出会い以降朝食の定番アイテムのひとつとなっている。

ミューズリーはこの好みのブランドを買い続けている。


muesli


最近は日本でもグラノーラやミューズリーが売られているが、日本製のものは、どれもわたしには甘すぎて口に合わないので、日本でも Bob's Red Mill のものを買える方法を漸く見つけた。
ハッピー :)
(注)日本製品を批判する意図はなく、わたしの好みには合わないという、個人的嗜好のステートメント。



日本でもいくつかの店から購入可能。


510グラム入りは使いやすいが、この店の場合単価も送料も割高。



こちらは大きい袋版で、510gr版より単価も送料も割安感あり(それでも米国で買うより高いけれど)。
これを買って適当なジャーに小分けして使っている。



食事が済んだら、もちろん、ダイニング・テーブルはリセット。

Dining area in the morning


何も置いていないテーブルを見る快感は、テーブルを片付けるモティベーションとして十分。
習慣づけてしまえば、大した手間ですらない。



トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ ミッドセンチュリー家具インテリア
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-08-12 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

理想的なハンドソープに漸く出会えた!



Powder Room 2018


我が家のパウダールーム。

最近ここにとても喜ばしいことがあった。

それは、漸く理想的なハンドソープに出会えたこと。

わたしがハンドソープに求めるのは・・・
 (1)手に優しい(手が荒れない)
 (2)無香料
 (3)フォーム・スタイル
 (4)目に優しい容器

その全てを満たすのが、「アルボース 弱酸性泡ハンドソープ 500ml 」。

出逢いは病院。
入院している親戚の見舞いに行った時に、その病院の洗面所においてあり、無香料、優しい泡、押しやすいポンプ、ワンプッシュで出る量がちょうどよい、そして手が荒れない、といった事実に惹かれてWebで探して入手。


Arbos Hand soap Before

色彩や文字が地味とは言えないが、最悪とまではいかない。
でも、このラベルは簡単に剥がせることは調査済み。
(病院でソープ・ボトルの端っこでこっそりと剥がれ具合をテストした)

ラベルは極めて簡単に剥がれて、とったあとは真っ白の容器となる。

     

 after

Arbos Hand soap After


この製品は、病院用がメインなので、多くのヴェンダーでは24個入りなどと大量でしか売っていない。ようやく見つけたのが、この店で、送料は製品と同じだけかかるが、500mlのソープを使い切るタイムスパンを考えれば、あまり気にならない。






トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-08-09 19:00 |
  2. Interior 2.0 - パウダールーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

縄文アートの展覧会



Jomon ticket in front of Tohaku


8月の最初の日曜日、暑い中、上野の東京国立博物館に出向き、開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」を鑑賞。

14000 BC頃 から 4000 BCまでの約1万年にもわたる間続いた縄文時代の間に作られた土器や土偶が系統だって展示されており、その造形力や芸術的センスに圧倒されると同時に、16,000年前の人類が実際作ったこれらの土器や土偶の現物が目の前にあるという時空を超越したアートに興奮を覚える。

特に今回は、縄文時代の発掘品から国宝になった「縄文のヴィーナス」、「縄文の女神」、「仮面の女神」、「合掌土偶」そして「中空土偶」と国宝土偶全5体が展示。斬新なデフォルメと豊かな表現力に驚かされる。

展示品は最後の3つの壷を除き撮影禁止。もっともそのおかげで落ち着いて鑑賞できたとも言える。

撮影OKの壷。


Jomon photo allowed


縄文土器(Cord Marked Pottery)の名前の由来となった縄の文様がよくわかる。


展覧会は 9月2日まで上野公園内にある東京国立博物館で。

Jomon poster

展覧会公式サイト
jomon-kodo.jp

特別展「縄文―1万年の美の鼓動」@東京国立博物館
www.tnm.jp



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-08-07 17:00 |
  2. Walk
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

LD 模様替えプラン (3) 照明編



今の住まいに引っ越して約1年が経過。
気に入った環境にするために少しずつ手を加えてきており、今回は、家具の入れ替えを含むリビングの模様替えを実施。

 今までの話。
 LD 模様替えプラン (1)
 LD 模様替えプラン (2)


模様替え後の 現在のリビング

real lighting with moon light

コーヒーテーブルは廃止してかわりにオットーマンを置いたソファまわり。
ソファ向かって左に、今までコーヒーテーブルとして用いていたアクリル・テーブルをおき、上には、グリーンと、それから、その手前には、LED照明を配置。この照明はタッチセンサーで点灯する球形で、なんと月型。精巧な月球儀をスキャンして3Dプリンタでつくったというもの。この照明がアクセントとなり、ソファ周辺エリアに立体感が出たと思っている。



月型LEDライト USB充電 リアルな3D月面プリント


天井照明?


我が家にはダウンライト、および、下がり天井に沿って設置してある間接照明により、ペンダントライトなどを下げなくても十分に明るい。よって、明るさを得るための天井照明は特に追加の必要は無いけれど、インテリアとしては、妄想中。

好きなペンダントとしては、スプートニク・スタイル。
ミッドセンチュリーの照明といえば、やはりスプートニク。
1950年代後半にソビエト連邦により人類史上初めて打ち上げられた人工衛星スプートニクにインスパイアされたデザインをイメージして作られたスペース・エイジ系の代用的なシャンデリア。

sputnik style


こいうインパクトのある照明をつけると部屋の雰囲気はさぞや変わるだろうと妄想。
しかし、現実にはたくさんのランプやデザイン的にホコリがたまりやすそうだしと面倒くさがりの家主の家には不向き。


こちらは、究極のミニマリズムな光のアート・ピース。
ルイス・ポールセンのエニグマ

Louis Poulsen Enigma


このライトは暗い環境で点灯したときに、その美の本領を発揮する。


      enigma at dark

暗い空間に浮く4つの光る輪(モデルによっては5つの輪)。
まるで土星が部屋の中にやってきたようではないか!


あるいは、こんなインダストリアル風なペンダントにも強く惹かれる。
これは、わたしのお気に入り某フレンチ・サラダバーの店内。

citron lighting

実は、インテリアとして最も好きなのはシンプル・インダストリアルだったりするので、いつの日か、こういったインテリアの家に住んでみたいという希望がある。そのときは迷わずこのようなペンダントを下げたい。

しかし、現在の我が家には、このペンダントは多分あまり合わない。


フロアランプ?



これなら、我が家の現在のインテリアに馴染むというのが・・・
フリッツ・ハンセンの、Kaiser Idell。
折衷案的な、ややインダストリアル寄りなフロアランプ。

fritz hansen kaiser idell
  Photo credit: Fritz Hansen


これを我が家に置いた感じを合成イメージでみてみる。

Virtul lighting with fritz hansen

なかなか素晴らしい!

これは、購入するかもしれない。有力候補。


将来の購入物の可能性を秘めつつ、今回の模様替えはこれで終了。


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ ミッドセンチュリー家具インテリア


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-08-01 19:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2