ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

シーツ交換とベッドメイクの手順



シーツ交換はかなりの手間だけれど、その夜の寝心地の良さを思えば、面倒度合いは緩和される。面倒な作業も将来の報酬を考えることで楽しめるという好例。

以下は、シーツ交換とベッドメイクの手順


まずシーツとピローケースをはがす。

IMG_2344-600450.jpg

Dysonのアタッチメントをフトン・ツールにしてベッドパッドとマットレスをじっくり吸引。

IMG_2347.jpg

すぐにはシーツをセットせずに、ベッドパッドとマットレスは、30分くらい放置し、風をあてる。


頃合いをみて、シーツのセット。
洗濯の仕上げは軽い糊付けが好み。

IMG_2354-02-600489.jpg

いちばん嫌いなボックスシーツのセットが終われば作業のヤマは越した。

bed making 01

シーツは、マットレスにはボックスシーツ、そしてトップシーツ(アッパーシーツ)はフラットシーツ。
フラットシーツのフチをどう処理するかは好みがわかれるところだが、わたしの場合は、「ホスピタル・タック」。
米国の病院でのベッドメイクに用いられる方法で裾は全てタック、コーナーは三角に折ってタック。
シーツの間に体を滑り込ませた時に、足の自由度が高めのタック方法。


枕は縦・横から叩いてふんわりを復活させる。


bed making 01

羽毛コンフォーターをかける。トップシーツは多めに折り返す。
寝ている間に動いても、コンフォーターが露出することなく覆われ続けるように。


bed making 03


最後にカバーをかけて、枕を2個だけカバーの上にセットして出来上がり。

こういう作業の間、窓をあけていられる季節になり嬉しい。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-05-12 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2