ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

バウムクーヘン



今年もこの季節になった。つまりホリデーシーズンで、すなわち、ベルリンからバウムクーヘンが届く時期なのである。

いつも、12月上旬〜中旬ごろに届くように手配している。

毎年クリスマス・テーマの包み紙が変わる。
今年はゴールド色に同色の星がちりばめてあるラッピングペーパー。

baumkuchen 01

2個重ねた姿は C-3POみたい!

包み紙をばりばりと開けるとセロファンに包まれた500グラムのバウムクーヘンが出現するのはいつも通り。

baumkuchen 03

しっとりした木の年輪をかたどったケーキの周りが甘すぎないチョコレートで覆われているバウムクーヘンは言葉にできないおいしさなのも、いつも通り。

ホリデー・ケーキには、シュトーレン、ブッシュドノエル、パネトーネ、などおいしものが多いが、このRABIENのバウムクーヘンに勝るものは無い。創業1878年と言う老舗の菓子店によるバウムクーヘンは程好い甘さとしっとり具合が口の中でハーモニーを奏で思わず幸せな表情になる。


届いたら直ちに解体する。


まず、真ん中あたりカットして上下に分ける。


baumkuchen 04


続いてそれぞれを4等分。


IMG_1067-480480.jpg


次に4等分したものを好みの薄さにスライスする。
わたしは5mmから10mmくらいの厚さが好き。


baumkuchen 05


この時に重要なのはカットする方向。
4等分するときは年輪に90度の角度で切ることになるが、それからうすくスライスするときは、年輪にそってカットすると口に入れたときの美味しさが良い。

全てを解体したら、すぐに食べる分を除いてあとは、ジップロックに入れて冷凍してしまう。すると3ヶ月くらいはこのフレッシュなおいしさが楽しめるのだ。ただし、3ヶ月より前にすべて食べてしまうが。

食べるときは冷凍庫から出して室温に放置すると5分くらいで食べ頃になる。

-----

わたしの好きなのは周囲がチョコレートになっているタイプ。ほかに白い砂糖アイシングのもの、それにプレーン(周囲には何もぬらない)のタイプがある。1回プレーンが届いたことがあったが矢張り味がものたりない感じだった。

現地ではプレーンが最も好まれるとのこと。バウムクーヘン自体の味はいちばんわかりそうで、何となく納得。

しかしバウムクーヘン(Baum=木、kuchen=菓子)という名前に一番相応しいのは周囲が茶色いチョコレート(Baumukuchen in Schokolade)だ。周囲がごつごつした感じはいかにも木という感じ。


RABIEN
Klingsorstrasse 13
12167 Berlin-Steglitz
Tel: (030) 7916595
www.rabien-berlin.de



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2017-12-29 00:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

リビングルーム 冬支度完了(2)



前号までの話

リビングルームの冬支度ということで、ソファの前に敷いていたラグを撤去した。

もともと、ラグ等は敷かないのが好みなのでプレーンな何も無い床はとても気持ち良い。
しかし、しかし、ひとつだけ問題があったのだ・・・

それは・・・

撤去したラグの行き先。

床暖房のない場所というと、パウダールームかベッドルーム、書斎、あるいは玄関となる。
玄関は絶対的になにも敷かない派なのでアウト・オブ・オプション。
書斎はスペース的にラグが置けない。
パウダールームは水しぶきが飛んだりして濡れるのでRugは好ましくない。
よって、消去法で、置き場所は寝室となった。
せっかく何も敷いてない床だったのに残念だが、仕方ない。


LD-winterversion-part2-Rug-whereto


緑色系のラグなので、窓の近くにあるオリーブの植木の緑と色彩の一致をみるのでなんとか許容範囲となった。

そんなにラグが好みでないのに所有している理由はというと、これは最愛の母親が買って愛用していたので、なんとか我が家で活用したいというもの。6月に売却したひとつ前の家では床の大理石を覆うのがどうしてもいやでラグはソファの下やベッドの下に押し込んでいたのだけれど、今度はなんとか活用している次第。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2017-12-27 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

リビングルーム 冬支度完了



リビング・ルームの冬支度を完了。

after

LD winter after 2


どこが違うのかというと、ソファの前のコーヒーテーブルの下に敷いていたラグの撤去。


before

LD winter before


理由は床暖房の熱効率向上のため。
床表面が閉塞されると、床から室内への放熱が抑制され、暖房への貢献が低くなる。
よって床暖房はできるだけ床を覆わないことで熱効率があがる。


LD winter prep


もともと、マット類を敷くのは好みではないので、このように床に何もしかないスタイルはとても心地よい。
ソファやチェアに座ったときに床からの輻射熱が解放されたことから暖かさもアップ。


しかし、ひとつだけ問題が・・・

(続く)


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ ミッドセンチュリー家具インテリア


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2017-12-24 00:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

年賀状



nenga2018


東京に移住して最初の年末。
年賀状なるものを準備。

子供の頃に書いた記憶はあるが、大人になってからは初めて。
全部で9枚。
右下モザイク部分は、現物はモザイクではなくて、わたしの住所と氏名。

自作の絵か写真をあしらって作りたかったが、雑事に追われてまとまった時間がとれなかったので、既存のスティッカーを用いたものでの準備となったが、少なくとも、文字は手書きなので、その部分は自作となる。


12月15日から12月25日の間に投函すると、1月1日に配達されるとのことなので、本日投函をすませ、一件落着。


個人的にはクリスマスを祝う習慣はないけれど、それでも、クリスマス前に来年の年賀状を出すというのは、奇妙な感覚だったのだ。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2017-12-22 00:00 |
  2. Misc
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

寒い朝のルーティン



bed room window

今の住宅に引っ越したのは6月なので、初めての冬経験である。

前の家同様に一部の窓枠に結露が生じる。

condensation

外気温が5℃くらい以下になると、窓枠(サッシ)の一部に結露が認められた。

全ての窓ではなくて、バルコニーに面してない腰窓の角部分のみ。
バルコニーに面している窓は結露皆無なので微妙な温度差が生じているもよう。
結露する窓でも、壁に流れ出すほどの水分ではなくサッシの枠に水分がたまり、それが蒸発していくといった程度。

結露を放置すると、窓枠に水の跡がつくので窓枠についた結露を拭き取ることが寒い朝の日課となっている。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ









  1. 2017-12-19 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

引っ越し後 初めての冬



朝晩の気温が下がるようになった。

今の住宅に引っ越したのは6月なので、初めての冬経験である。

待望の床暖房のテスト。

IMG_1025-500.jpg

前の家と全く同じTES(東京ガス)の床暖房。

今度の家は、リノベーション物件で、建物は築6年だが、わたしのユニットは水周り以外の部屋は新しく、LDの床も床暖房も新品。
入居時は暑い季節だったので床暖房のテストをする気分にはなれなかったので、購入後半年してようやく使ってみた。

運転結果、幸いなことになんの問題も認められなかった。仮に問題があったとしても、物件はリノベーションをした某大手会社による2年間の保証付なので問題は対処されるとはいうものの、床のからむ修理は面倒なので、順調な稼働が確認できて安堵。

フローリングの床暖房は初めて。
前の家は大理石床の床暖房で、暖かい石の床というのが極めて心地よかったが、木の床だと感じ方が異なる。慣れるまで数日は、暖かい木というものに違和感を感じたが1〜2週間で慣れた。


それからエアコン(AC)のメインテナンス。

IMG_1012-500-2.jpg

ACには暖房の機能も勿論あるけれど、わたしの好みは床暖房。
冬の間はACは使わないので、メインテナンス実施とした。

リビングのACはお掃除機能付き天井埋め込みカセット式。
自動掃除されるのでフィルターの掃除を自分でする必要はなく、時々フィルターのゴミを貯めるダストボックスをカラにするだけ。
大型のダストボックスがついているので一年に一回程度の作業でOKとインストールしたときの業者の説明だったが、夏の間毎日使い、これから約半年は使わないのでチェックしてみた。

ACは、DAIKINのフラットパネル。リモコン・ボタンを押すと、エアコンのフィルター掃除機能を持つダスト・ボックス付きパネルが降下してくるので、作業のしやすい場所で止めて、ダスト・ボックスの中のダストをきれいにする。脚立に乗っての作業が不要なのでとってもラク。そして、ダスト・ボックスの中はどうだったかというと、ごくわずかの塵のみでほぼカラだった。前の家でもお掃除ロボットのダスト・ボックスにたまるダストは僅かだった。ペットも居ないし絨毯敷きでもない部屋の場合、あまり塵はでない模様。


そういうわけで、冬支度は順調。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2017-12-15 22:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

iPadのケース



ipad and a cover

リビングルームに1枚ころがしておくと便利なものといえば iPad。

普段はむきだしでリビングに放置されているけれど、外出の時にカバンに入れる際は、簡易袋に入れたいなあと思っていたものの、なかなかしっくりするものが見つからないで居た。売っているのは落下時の衝撃からプロテクトするのを目的としたデザインが多く、Apple 純正品も、Third Party品も、どれも重さがわたしの希望にそぐわない。値段も高い。

別のものを買うために訪れていた100円ショップでたまたま見つけたのがこのケース。
軽量スポンジの薄いパディングつきナイロンのケース。ジッパーはネオン・グリーンだが許容範囲。
まさにわたしの希望通りの品で、価格は百円。良いことづくめ。

この製品シリーズはサイズ展開も豊富で、我が家の機種 iPad Proにぴったりサイズ のほかに iPad mini、iPad classic、12" Laptopなどさまざまな機器がちょうどよくおさめられるようなラインナップになっている。

100円ショップ、すごいなあ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2017-12-13 06:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

秋のバルコニー



ginkgo 20171202

我が家のバルコニーにも秋が訪れた。
待ちに待ったイチョウの黄葉がピーク。


3日前はまだ緑の部分が残っていたイチョウ。

ginkgo 20171129

季節の移り変わりが実感できて嬉しい。

今年の春に銀杏(ギンナン)から育てた我が家の銀杏(イチョウ)が健やかに育っているのを見るのも嬉しい。



トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ バルコニスト


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2017-12-02 10:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2