新築住宅を入手したので、家具も新調して部屋を作っていく過程を記録するブログ

シンプル・リビング - Less is more

洗濯機の使い方



pana na-nh320L

我が家の洗濯機はパウダールームの一角にある。
洗濯機置場として用意されていたのは、両側を壁で区切った一角にある60cm × 60cmの防水パンなので、大規模なリノベーションをしない限り設置できる洗濯機のサイズは限定される。
選んだのはパナソニックのプチドラム。その名の通り小さいサイズなのでキャパシティーも洗濯7kg、乾燥3.5kgとプチ。

pana washer dryer

通常の洗濯に要する時間は2時間半程度。
洗うのに要する時間はいつも概ね同じだけれど、シーツなどの大物や厚手のものなどが含まれる場合は乾燥に要する時間は長くなり全工程3時間ぐらいになることも。


終了後はフィルターの手入れ。

dryer filter

まずは乾燥フィルター。これは洗濯の都度必ず。
洗濯機の上部にある乾燥フィルターと奥にある乾燥フィルター(奥)を取り出しゴミを取る。
毎回、これだけのゴミがとれるということは、衣類やタオルは少しずつすり減っていくのだなあと毎回思う。


不思議なのが配水フィルター。

drain filter

洗濯機前面の下の方にあり取り外しはしやすい。
配水フィルターの手入れは、製品についてきたマニュアルによると1週間に1回程度とある。
これがよく分からない。
1週間に洗濯機を使用する頻度は人によって随分異なると思うけれど、わたしの場合は洗濯は2〜3日に1回なので、1週間の洗濯回数は2〜3回となる。以前はマニュアルに従い1週間に1回配水フィルターの点検をしていたが殆ど何もついてない。そこで最近は1ヶ月に1回程度の配水フィルター掃除。それでも、ごくわずかのゴミがあるかないかという程度。

ドアの内側のパッキングを2週間に1回程度ふきとる。これも殆どゴミ類はついてない。


オーバーオールで手入れしやすいデザイン。
殆どゴミがつかない配水フィルターのみが謎。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2017-03-31 12:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2