ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

真っ白なタイマー



愛用していたゼンマイ式タイマーが壊れたので代替品を探していたが、気に入ったデザインのものがないので、しかたなくデジタル式を購入。

条件は、ボディーは白、ボタン表示は数字とアルファベット、文字色は黒またはグレー。
数値入力がワンタッチでできることが重要で、回転式かテンキーのものが良い。
ボタンを何回も押して希望のカウントダウン数値を出すというのは好まない。

これら条件を満たすものがなかなか無い。なんとか妥協して購入したのがこれ。

Timer 01

カクカクしたデザインは悪くない。

しかし、サイズはかなり大きめ。
希望はこの半分かそれ以下のものだけれど、小型のものでスッキリしたデザインは見つからなかった。

Timer 02

少し前の携帯電話並みのサイズ。
持ち運ぶわけではないのだが、でも、大きいものはカウンターなどの上で邪魔。

良い点としては、サイレントモードがあり、光だけで時間到来を知ることができる点。
状況によっては便利な機能だと思う。

機能については、わたしにとっては次の2つが問題点。
1. 時間が来ると鳴るのが無機的な電子音(例:ピピピ)ではなくて、音楽。
2. 時間が来る10分前と5分前に予備音が鳴る。

予備音は不要でかなり不快なのだが、以下の使用方法により、上記問題点を2つともクリアーできる。
それは、時間をセットするときに、本当の時間より10分先の時間を入力する。
すると1回目の「予備音」が、実際には自分の本当の目的時間。
予備音は普通の電子音。なる時間は短いが、認識には充分。
この段階でリセットしてしまえば、不愉快な2回目の予備音や安っぽい音楽を聞かずに済むし、時間の告知という目的は果たされる。

なお、わたしがタイマーを使う場合とは、例えばあと90分で出かけるので、80分でアラーム、とか、掃除をするときに1時間のアラームをセットして行うとか、読書を2時間だけしよう、など。携帯電話のアラームを使うこともあるが、専用アラームのほうが少ないアクションで時間設定ができるし、長年、専用アラームを使っているので慣れている。





トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ 白黒病重症患者
トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2015-12-23 22:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:8