ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

ブランディアとZOZOTOWNを初体験



クローゼットが混雑してきたので、衣類と靴をそれぞれ数点リサイクルに出してみた。
以前、会社員だった頃のシューズや衣類はもう使うこともなさそうなので、今回はそのようなものをメインに整理することにしたもの。


Ferragamo shoes recycled

送った先はブランディアとZOZOTOWN。

扱いブランドも異なるが、システムも両者がだいぶ違っていて興味深かった。

集荷の利便さ、査定の速さはブランディアが軍配が上がった感じ。
他の違いは以下のとおり。Bはブランディア、ZはZOZOTOWN。

1. 申し込むと配達されてくる「キット」
  B: 組み立てた箱の状態で届く。中にマニュアルや集荷の際に使う伝票など。
  Z: 箱は平らな状態で届く。中にはマニュアルと箱を組み立てた時に使うテープ。

2. 集荷
  B: クロネコヤマトに電話連絡して自宅で集荷のほか、コンビニやクロネコの店舗に持ち込みも可。
  Z: Webで集荷を申し込み、クロネコによる自宅(あるいは指定した場所)でのピックアップ。

3. 査定にかかる時間
  B: 3日。査定終了のメールが来て、Webにて売却/返品 を指定する。
  Z: 10日。査定終了のメールが来て、Webにて売却/返品を指定する。

4. Web Page の使いやすさ
  B: 現在の状態、査定、キット申し込み、全てがわかりやすく整理されていて使いやすい。
  Z:  Bに比較するとわかりにくいところが散見された。

全体の感想

使いやすさやスピードではブランディア。
全体のシステムが非常に練れている。

送ったアイテムが同一ではないので、どちらの査定が高額なのかは比較できないがが、ブランディアはWebにある「扱いブランド」以外は扱わないのに比較し、ZOZOTOWNはブランドに拘らず良い品は買い取る、といった点から、アイテム別、ブランド別に送り先を変えるのも良いかもしれない。

いずれにせよ、不要なものについて、少ない労力で処分ができて、少しお小遣いまで入手できるリサイクル・ビジネスはユーザ(不要品の売り手)にも便利だし、程度の良い品は第二の人生を送れるという資源の有効利用という点からも好ましいシステムだと思う。

ちなみに、写真の未使用フェラガーモのパンプスはZOZOTOWNで 2,300円の査定だった。
こんどは、類似のシューズをブランディアに出してみようと思う。


トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2015-12-08 19:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2