ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

窓の開く位置と方向



我家のLDとバルコニーの境界は床から天井までの引戸式ハイサッシ。
フル・オープンするとこうなる。

Windows

開くのは左右のパネルのみ。
真ん中に見える縦の枠のようなのものは、左と右の窓枠。
真ん中の部分は幅2メートル以上のFIX。

デザイナーはピクチャーウインドウを意識して、真ん中部分は大きな一枚ガラスにしたのだろう、という意図は分かるけれど、非常に使いにくい。

何故なら、カーテンは真ん中から開き両脇にとめる形にしたから、バルコニーに出るときはカーテンがちょっと邪魔になる。
それに、折角横幅のある開放部なのだから、端っこではなくて、真ん中からどうどうと外に出たい。

3枚パネルではなくて、4枚の戸で構成されていて、真ん中からでも、両脇からでも、どこからでも開くような戸だったらどんなにか使いよかったことだろうか。

集合住宅なので、自分だけ窓を替える事は出来ないので、この窓と共存するよりないが、こういう真ん中はFIXという窓は一般的なのだろうか、といつも思う。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2015-10-20 10:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6