ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

無印とSeriaのコラボレーションによる収納



我が家のカップボードには比較的深めの引き出しがある。

深めの引き出しにフィットする深めの仕切りがなかなか見つからず、いろいろ探して、無印良品とSeriaのコラボレーションに落ち着いた。

Muji and Seria Collaboration 01

右にはSeriaの「仕切りボックス深型ブラック」を縦向きに入れて、仕切りは3つにして、奥から絶縁テープ、ドライバー・セット、そして一番手前はエチケット・ブラシとミニ版「コロコロ」。

左には無印良品の「メイクボックス」を横向きに。
奥のボックスはDYMOとテープ、ラバーバンド、など。
手前のボックスは乾電池とボタン電池、ポケット・ティシュー、スコッチテープ。

一番左に少しスペースがあいてしまい、そのままではボックス類ががたつくので、予備のテープや予備のワイヤレス・アダプター他の小物を適当につめる。


無印の「メイクボックス」は重ねることが出来るので、奥は2階建て。

Muji and Seria Collaboration 02

下のボックスにはケーブル類を少々。
ケーブルはしょっちゅう取り出して、使って、戻す、というものではないのでこの場所である必要は無いのだけれど、収納サイズが丁度良かったので。

Seria の仕切りボックスも重ねることが出来るけれど、無印のボックスのほうがしっかりしているし、持つところ(穴)もあるので、持ちやすく2階だてにつかうのにとても便利。

Seria の仕切りボックスは、仕切り板2枚が付いている。この仕切り板は、ボックスのどの部分にでも取り付けられる。非常に便利なボックス。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ






  1. 2014-12-17 10:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

好みのマイナー・チェンジ



以前は衣類も家具もとにかく何でも黒、または黒+シルバーばかりだったのだけれど、最近は、白または白+シルバーに興味が出てきた。

というのも、たまたま買ったダイニングテーブルが白で、それで、白い家具も良いなあと思ったのがきっかけらしい。

今回、買い換えたテーブルも白、チェアはクローム(シルバー色)でシート・パッドは白。

White Bertoia Chair Seat Pad

ほかにも
白いスツールとか

White Stool

白いゴミバコも買った。

Whtie Trash Can


ひとつの理由は、新居が狭く、黒より白い家具のほうが、広さを感じるからという潜在的なことがあるのかもしれない。

TVボードもそのうち白にしたい。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ

トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ 白黒病重症患者

  1. 2014-12-16 12:00 |
  2. References
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ダイニング模様替え(その3)ベルトイア・サイド・チェア~ダイニングがカフェになる迄



模様替え終了。

ニュウ・ダイニングのロング画像。
とってもカフェなコーナーが出来た。
人工芝を下に敷いて屋外カフェの演出も楽しいかも。

Bertoia LD long

ダイニングの模様替え、目的は空間を作ることなので、目的は成功裏に果せた。

今回のメインはやはりベルトイア・サイド・チェア。

ワイヤーなので向こう側が見えるため、家具を置いたときの圧迫感が非常に希薄。

Bertoia chair back view

椅子の後姿。椅子の前においてあるテーブルの上のグリーンがクリアに見える。
絶妙なカーブによりすわり心地は非常に良い。

昼夜ふたつの顔をもつ椅子。

夜はこうなる。

Bertoia at night

シーリングライトから投射された光によりワイヤーの影が床に映り、美しい。
この効果は事前には考えていなかったのでボーナス。


以下は、家具選択のプロセスの記録。

今回の家具入れ替え、まずはテーブルが決定。
サーリネンのチューリップテーブルか、類似デザインのもの。

チェアは8つに候補を絞りProとConを分析して検討。


■□■□■ チェア選択までの道 ■□■□■

以下は、チェアを選択するまでの候補チェアとリサーチの抜粋。

1. チューリップ・チェア(Tulip chair)
  Pro- 回転するところが良い。
  Con- 足元がワイングラスの置いてある食器棚みたくなりそう。
       我が家は床も白っぽいのであまりめだたないかも?。

2. セブン・チェア(Series 7 Chair)
  Pro - 美しい。テーブルとの相性もよい。
       ラッカー仕上げの白かアッシュ・グレーなど材質オプションも豊富。
  Con - 特になし

3. エッフェル・チェア (Eiffel Chair)
  Pro - グッドデザイン、テーブルとの相性もよさそう。
  Con - 脚の部分のエッフェル・デザインがイマイチ好みじゃないかも。

4. マスターズ・チェア (Knoll Masters Chair)
  Pro- 超うつくしい。
       デザイン・コンセプト(**)が面白い。
       白、グレー、黒を重ねたところはアート・オブジェ。
  Con- 高い。背中部分の座り心地イマイチ
    ** Series 7 by Arne Jacobsen, Eiffel Chair by Charles Eames and the Tulip Armchair by Eero Saarinen という3つのチェアのアウトラインを組み合わせたもの

5. パントン・チェア(Panton chair)
  Pro- 美しい。
       特に使っていない時にテーブルにぴっちり収めた姿の美しさは他の追従を許さない。
  Con- 床面積が広く必要。サイズの問題。

6. イームズ・チェア(Herman Miller Eames Chair)
  Pro- Good Design。Tulip Table とよく合う。
  Con- 脚のデザイン(Eiffel Chair風)がイマイチ好みじゃないかも。

7. ゴーストチェア (Gohst Chair)
  Pro- ルイも肘かけなしも大好きなデザイン。
  Con- Tulip Tableとは合わない。

8. ベルトイア・サイド・チェア (Bertoia Side Chair)
  Pro- Tulip Table との相性が良い。
  Con- 納期が長い。→ 国内在庫があり3週間で納品と分かった


決まるまでは、サーリネン、ベルトイア、アルネ・ヤコブセン、シリーズ・7、ルイ・ゴースト、エッフェル、イームズ、マスターズ、パントン、などが頭のなかをぐるぐるしていた約2ヶ月、ようやくダイニング模様替えが終了した。

そのうちチェアを買い足して4人くらいでテーブルを囲めるようにするのもありかも。


模様替え(その1)ダイニング・マット
模様替え(その2)家具配置


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ 白黒病重症患者
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング
  1. 2014-12-15 10:00 |
  2. Interior - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ダイニング模様替え(その2)新しい家具の配置



これが模様替え後のダイニング・エリア。

Bertoia side chair

ダイニング・テーブルとチェアは新しく入れ替え。

前のBoConceptのもの(下のBefore画像参照)は、とっても好きだったのだけれど、広~い部屋に置いてこそ良さが映えるデザインであり、我が家のダイニングに置いたら、狭いダイニングの狭さが際立ってしまったので、もっと空間コンシャスなものと入れ替えてLDを広く使うというコンセプト。

Beofre 1
LD Dining Table and Chairs layout Version 1

キッチンの前の多くの部分がダイニング・セットでぎゅうぎゅう。

Before 2
LD Dining Table and Charis layout Version 2

ダイニング・セットをバルコニー手前に持ってきてみた。
空間の余裕が心地よく景色が近くてとても快適だったけれど、LD全てがダイニング・ルームと化したようなな感じになってしまった。

・ 前のテーブルは4本脚、それも太い脚デザインで部屋を狭くみせていた。
・ 前のチェアは背もたれがややハイバック気味で、部屋の中で圧倒的なスペースを占拠してしまっていた。

このふたつの点を考慮して新しいダイニング用のテーブルとチェアを選んだ。

After
Bertoia side chair 2

広々~。すっきり~。

新居購入時の最初から大きなダイニング・テーブルを置く考えは無くて、前のテーブルは一辺90cmの正方形カフェ・テーブルだったが、ニュウもカフェ・テーブル。一本足のものにしてテーブルの脚の占めるスペースを開放。形は円形。エーロ・サーリネンのチューリップ・テーブルの脚のカーブが限りなく好きなのだけれど、チューリップは直径90cm。出来たら90cmより小さなものが良いので、探しに探した結果、日本の家具工房SWITCHというところで直径80cmの円形テーブルを見つけた。

チェアは色々と検討した結果、ベルトイア・サイド・チェアに決定。白、黒、クロームがあり迷ったが、我が家のダイニングはキッチンに近くキッチンのカラースキームとマッチするのはクロームなのでクロームに決定。


決まるまでは、サーリネン、ベルトイア、アルネ・ヤコブセン、シリーズ・7、ルイ・ゴースト、エッフェル、イームズ、マスターズ、パントン、などが頭のなかをぐるぐるしていた約2ヶ月、ようやくダイニング模様替えが終了しつつある。


(続く)


模様替え(その1)


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ 白黒病重症患者
トラコミュ WEB内覧会*ダイニング Read more
  1. 2014-12-14 10:00 |
  2. Interior - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ダイニング模様替え(その1)ダイニングマット



2ヶ月ほどリサーチと準備をしてきた模様替え、いよいよ完成間近となった。

今日はダイニング・マットの導入。

今まではダイニングテーブルの下には何も敷いていなかったのだけれど、やはり食べ物がこぼれたりして、気づかないでいることもあり、床のシミに結びつくおそれもあるので床保護を目的としたマットを調べた。

撥水効果のあるファブリック調のマットは柄物ばかりで好みにあうシンプルなものが見つからず、結局選んだのは軟質塩ビ素材の「無色透明」なダイニングテーブル下保護マット(アキレス 透明ダイニングテーブル下マット(床保護マット))。

くるくると巻いた状態で配達された。

Dining Mat 01

床はヴァキュームしてから拭き掃除もしっかりとして準備万端。

届いたマットを早速敷いてみる。巻いた状態で届いたので巻き癖が取れるまで少し時間がかかりそう。
でも、下になる面を内側に巻いてあったので、巻き癖は下向き、反り返ることはなく危険は無い。

Dining Mat first installment

買ったのは180cm×150cm(2枚連結タイプ)。
「連結タイプ」といっても、実際には90cm×150cm2枚を並べて敷いて30cm直径の「連結シート」でずれを防ぐ。

Dining Mat connectors

「こっちが下」と書いてあるシールは美的でないので剥がそうとしたら、糊が強力でなかなかきれいにはがれない。

Dining Mat stsickers

石鹸、アルコールなどを駆使して苦節15分ほどで、何とか取れた。

Dining Mat completed

椅子を置いてみる。滑りの具合はかなり良い。程よくすーっと滑り、着席の際の椅子を引く動作もスムース。
こんな材質を椅子足自体につけても良いのだけれどと思う。もっとも、食べこぼしなどの心配も皆無では無いので、とりあえずのダイニングマット使用を試すことにした。

敷いたルックスは、「透明」といってもうっすら青白みがかっている。
まあ、使ってみて、そのうち慣れるか、それとも撤去となるか。


次回は、いよいよニュウ家具配置。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ 白黒病重症患者
  1. 2014-12-13 10:00 |
  2. Interior - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

冬支度



寒くなってきたので我が家のLDも冬支度。

Winter prep 01

我が家は皮革家具がメインなのだが、皮革製品の特性で、座ると座面が温まるまでお尻がひんやり感に包まれるのだ。

そこで登場するのがムートン。
これだと座っても最初から寒さはまったく感じない。

ダイニング・チェアにも、もふもふトリートメント。

Winter prep 02

直径38cmのミニラグはチェアにぴったり。

何より気にいっているのは、縁(ふち)の処理。
ミニラグによく見られる縁の処理が見える縫い方は好みじゃないのだけれど、これは周囲に迄たっぷりもふもふ。

Winter prep 03

このミニラグはグレー一色ではなくて白と混ざったグレー・ヘザー色なところも好み。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ 白黒病重症患者


  1. 2014-12-12 01:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

トイレで不要なもの、あってよかったもの



我が家のトイレはかなり狭い。そして、不要なものがいくつかある。

WC

もし注文住宅だったらトイレもいろいろと好みに合わせて選べるのだけれど、マンションではトイレはデフォールト・セッティングで変更は不可。

設置されていたのは、Panasonicの「アラウーノS」という、タンクレス・トイレ。
パナソニック独自の「ターントラップ洗浄方式」で大洗浄5.7L、小洗浄4.5Lと20年前の方式(大13L)に比べ大幅な節水とのこと。
タンクレスや節水型という点は良いけれど、まったく不要な機能(わたしにとって)もいくつかあり、自分だったら選ばないトイレだなあと思う。

トイレについてきた機能でまったく使わないもの。
 1. 便座を暖めるヒーター。
これは常時「オフ」にしている。便座が暖かいのは好まないのだ。誰かが座った直後のような気がしてしまう。つめたい便座に座ることを苦痛とは感じないし。
 2. シャワー・トイレ機能。
これは、過去にも使ったことがないので、使った場合の便利さなどを分かっていないだけかもしれないが、今まで使わないで何も不便を感じたこともないし、それに、使わなければ、掃除する部分が一箇所へることになるし。← 掃除は基本的に好きなのだけれど、生来の面倒くさがりでもあるので微妙。

一方、便利している機能はというと、
 1. 自動洗浄。
用を済ませてたちあがるとセンサーが働き自動的に水を流す。便利だけれど、これに慣れてしまうと、自動じゃないトイレに入ったときに水をながすのを忘れてしまうことがありそう。
 2. セルフ・クリーニング。
ソープ・タンクがトイレットボウルの横についていて、台所用の中性洗剤をいれておくと、流すボタンを押す何回かに1回はソープが水流に混ぜられて自分でクリーニングするセルフ。クリーニング。これは良い機能。

その他のポイント

不思議でならない点
これだけ、自動化がすすめらているトイレなのに、ライト(照明)だけは何故か手動。
人感センサー連動の照明にしてくれていたらどんなにか良かっただろうか。
トイレの電気ほど消すのを忘れやすい照明はないのだから。

収納
トイレの部屋については、大きめの吊戸だながあり、トイレットペーパーなどがたっぷり収納できるのは良い。
また、手洗いシンクの下にも小さいけれど収納できるようになっているので、トイレ自動洗浄用の中性洗剤や使い捨てトイレブラシなどを収納。部屋が狭いわりに収納は充実。

アクセサリー類
トイレの中に置かれることが多い品のうち、我が家にはないものというと、
トイレマット、トイレのカバー、トイレ専用のスリッパ、タオル、など。
全ては一切無し。ミニマルなトイレ。
引渡し以降に加えたものは、小さなフェイク・グリーン×2、および、ペーパータオル。以上。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ






  1. 2014-12-11 10:00 |
  2. Interior - トイレ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

洗面所のティッシュ置き場



ティッシューの置き方はずいぶん試行錯誤を繰り返した。

基本的にカバーはしない派で、携帯電話とかトイレとかカバーはしない。
ティッシューもほんとうはカバーはしたくないのだけれど、ティッシューの箱はあまりに美的じゃないものが多すぎて、そのままでは室内に置きたくないため、カバー系の容器に入れ替えている。

ところが、パウダールームでは、とても良い収納方法を発見してうれしくなっている。

それはキャビネットの中。

Tissue box in powder room cabinet

洗面所の前にある3面の鏡の後ろ側キャビネットのうちの中央のキャビネットの一番下の段には、謎のバーのようなものがあって邪魔で、その部分は有効な使い方ができていなかった。

ところが、この場所にティッシュー・ボックスを入れてみたら、謎のバーが丁度良い落下防止となり、ティッシュー・ペーパーを引き出しても箱はちゃんとその場所に留まるではないか。

謎のバーは、このためにあるのか、別の用途なのかは分からないが、わたしにとっては、、ティッシュー・ボックス用の場所となった。

外に出ているものがひとつ減ったのも嬉しい。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ シンプルライフ






  1. 2014-12-10 10:00 |
  2. Storage
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:1

模様替え



リビングルームの模様替えを検討中。

新築物件だったので、購入を決めた段階では実際の部屋は見ておらず、レイアウトや家具購入などは基本的に机上の空論的な部分もあった。

引渡し後、すぐに滞在可能な場所にしようと、即行で家具を手配して配置もしたけれど、イマイチよろしくない点がいくつも。

Layout Plan 2014 Fall


そこで、レイアウト変更をあれこれ考えていた。

リビングのAV配置の変更はずいぶんシミレーションしたりして研究。
この配置はTVとソファの相対関係は良くてTVやDVD映画を観るには最適。
でも、部屋の真ん中にソファを置いてしまうと横長リビングをふたつにくぎってしまい部屋が狭く感じるようになる可能性大。
ただでさえ狭いのに、敢えて狭さを感じさせる演出をすることもないかと、このプランは実行に移せないでいる。

だいたい横長リビングはレイアウトがたやすくない。

それでも、苦心の模様替えはようやく進行中となり、週末くらいには出来上がる目処がたった。
ポイントは狭さを感じさせないような空間の演出。

出来上がりがとても楽しみ・・・


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ






  1. 2014-12-09 10:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

クリスマスのディスプレー



装飾的な装飾を自分の家に施すのは好みではないので、我が家のクリスマスのディスプレーはとてもシンプル。

Xmas 2014 Den

書斎の本棚ににまだ空きがあったので、大好きな ティム・バートンのアートからクリスマスに関係のあるポストカードをディスプレー。

鏡面仕上げの面材を用いた書架なので、ポストカードが反射するところが好き。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ 白黒病重症患者
トラコミュ シンプルライフ
  1. 2014-12-08 10:00 |
  2. Interior - 書斎
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0