ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

イタリアン・レザーのルームシューズ



家の中ではルームシューズを履くという生活をしている。
(素足が一番だが、床に足の皮脂がつく汚れを考えるとシューズ必須。)

このルームシューズだが、いくつかの条件があり、それらを満たすものがなかなかない。
  条件1: 踵(かかと)を覆うスタイル。
  条件2: ソールはヌーバックかスエード風。
  条件3: アッパーは布製が望ましい。

夏用は昨年みつけた麻製のルームシューズが気に入り予備も1足あるのだが、夏以外の季節用を探していた。
色々探していてようやく出逢ったのがこれ。

farfalla 01

イタリアのルームシューズ・メーカー Farfalla(ファルファッラ)の製品。
アッパーはイタリアン・レザー。非常にしなやかで履き心地はとても良い。希望の材質は布だが、やむなく妥協。
また、色はダークブラウン。茶色系は好みではなく、黒やチャーコールグレーが良いのだが、この色しかなかったので妥協。

踵を覆うデザイン。

farfalla 03

ソールはヌーバック。

farfalla 02

我が家の床は、木製の部分と大理石の部分があり、ヌーバックだとどちらの床材でも滑り具合が程よくて快適に歩ける。
今まで使用したルームシューズは全て、ヌーバックやスエード風ナイロンなどの材質。

残念なのは、サイズが37なので若干大きめなこと。
これは、厚目のソックスで対応。
しばらくするとレザーが足の形に馴染んで来るので大きめさは気にならなくなる予定。

材質、色、サイズなど妥協ポイントはあるものの、履き心地はまあ良いのでしばし使うことに。

去年の冬に買ったs社のルームシューズは、1ヶ月であちこち破れてボロボロになってしまったので、今回のシューズにはもっと良い仕事をしてもらう期待をかけている。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2018-05-22 22:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

希望通りの「移植こて」が買えた



過去の人生を振り返ると、植物はもれなく枯らしてきたというわたしの歴史に輝かしい例外が記録できたのが昨年の夏。
そのグリーンを増殖させるという暴挙に出て、そのためのツールを購入することにした。

色はイエローが良いと決めていてセリアに行ったら希望通りのバナナみたいなシャベルをみつけて購入。


IMG_2162-500.jpg


わたしの育った家ではこのような小型で土を掘るものはシャベルと呼ばれていたが、世間では一般的にはスコップと呼ばれる場合もあるらしい。

しかし、セリアのレシートをみると「カラー移植こて27cm」とある。
そうか、正式名称は移植こてなんだ。
考古学者になった気分だ。


移植こてを用いて移植したのは、少し前から水さししていたアイビー。
程よく根が出たのでポットに植えてみた。
夏頃には立派な姿を見せてくれると期待している。


IMG_2169-500.jpg
04/23/2018


これらのモトは、リビングの出窓のアイビー。
環境が気に入ったのか、発育はかなりのもので、大きくなりすぎた部分を切り取り、水さししたのだ。

カットした元はこんなに立派なアイビー!

現在の「オリジナル」アイビー
リビングの出窓でのびのびと発育中。

IMG_2175-450626.jpg
04/24/2018


このアイビーも数ヶ月前は小さな枝だったのだ。
ここで歴史をひもといてみる。


アイビー・ヒストリー


2017年の春頃に、前居の隣人が長さ20cmくらいのアイビーの枝を2本わけてくれた。
グリーン・サムの友人に教わり、その枝2本を水さし。

懐かしの前居のキッチンカウンター。

Ivy_on_20170506
05/06/2017


6月に引っ越した時は、このガラスの花瓶ごと引っ越した。

去年の8月、3ヶ月ほど水さししていて根がたっぷり出たのでポットに移したところ。
これが人生初のグリーン生き残りとなることは、この段階ではわかっていなかった。

ivy-to-pot-20170805.jpg
08/05/2017


2ヶ月後のアイビー。
すでにかなり育っている。

ivy-20171007.jpg
10/10/2017


そして、その後もすくすくと育ち、6ヶ月後は上の「現在のアイビー」写真のようになり剪定が必要になるほどとなった。
最初のコはずっとリビング室内生育だが、南に面した出窓で十分な光合成環境。


新たに移植した4本(2つのポット)は外で育てるつもりだが、バルコニーの気候がどのくらい好きかは今後の展開で明らかになる。



トラコミュ シンプルライフ



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2018-04-24 18:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ニューバランス☆モノトーンのスニーカー・ バージョンアップ



わたしの足は一般的じゃない形体らしくて、どの靴でも合う、という事は全くなて、大抵のシューズが痛かったりするので、足にあうメーカーをフォローすることになる。

スニーカーはニュー・バランスを愛用するようになり久しく、今までにも何足も履き替えている。
今回もニューバランスのスニーカーを購入。

前回のニューバランスは2015年8月購入(関連記事)のモデルW990 v3だったので、今回は 2年半で履き替えとなった。


今回購入は、W990 v4。前回の v3からのヴァージョンアップだ。

New Balance w990 v4

前のヴァージョンと足入れは同じで履きやすい。
外観のデザインは前のデザインを踏襲しているものの、v3に見られた 赤い文字の New Balanceがなくなりモノトーン度合いが高まった。いちばん違うのはシューズのサイドに見える靴底のゴムがv3は白かった部分がv4はチャコールグレイになったこと。これはとても好みにあい嬉しいチェンジ。


before (前のヴァージョン)
NB w990v3


こうして前のヴァージョンと今のヴァージョンを比較してみると、シューズも変わったが、シューズを置いた我が家の床も変わったのであった。


製品リンク






にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-01-23 00:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

sarasa design ルームシューズ のリビュー




sarasa room shoes comparison

シンプルなデザインの品々を提供していることで知られる sarasa design studioでルーム・シューズ「マエストロ」を購入したのは去年の11月中旬。
ファブリックのものとPUレザー(人工皮革)のものとどちらにしようか迷い、最初はファブリック(写真手前)を選んだけれど、翌日に結局 PUレザー(写真後方)も購入した。Veganレザーというコンセプトが気に入ったのだ。

2種類の材質の「マエストロ」の使用感についての比較してみた。。

材質:
ファブリック(ストーン・ウォッシュ)のほうがごわっとした材質。
PUレザーは全体にソフト。

サイズ:
どちらも同じ「Women」サイズだが、ファブリックのほうが若干小ぶり。

履き心地
どちらも軽くてラクな履き心地。
ファブリックの方は全体サイズはちいさいものの、踵部分が若干低めにできているので歩く時にかかと部分が脱げやすい。
PUレザーは、全体サイズは大きめだが、かかと部分の高さは十分にあるのでかかとが固定され脱げにくい。
また、ソフトなので2日ほどで足に馴染みサイズの大きさも気にならなくなった。

耐久性
思いのほか短命。
何が起きたのかというと、1ヶ月でPUレザーのあちこちに擦れキズや穴が発生。
また、ソール(床と接する部分)を覆っている布も何箇所もびりびりに破れてしまった。
あまりに見すぼらしいので廃棄処分とした。

1ヶ月しかもたないという強度には驚きとともに失望もしたが、2点買ったうちPUレザーから日常使いとして履き始めたので、現在ははSWファブリックの方を履いている。ソールは同じ材質なので、あまり長持ちは期待できないけれど、他の部分はPUレザーではなく布なので、1ヶ月後の見た目は多分ベターと思いたい。

結論:
いままで使ってきたルームシューズはどれも長持ちするものだったので、これも何ヶ月も使えると思い込んで買ったけれど、この製品はソフトさや軽さを重視し、耐久性は追求せず、短期(たぶん1ヶ月ごと)に買い換えるという前提で作られたのだろう。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-01-04 10:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

iPadのケース



ipad and a cover

リビングルームに1枚ころがしておくと便利なものといえば iPad。

普段はむきだしでリビングに放置されているけれど、外出の時にカバンに入れる際は、簡易袋に入れたいなあと思っていたものの、なかなかしっくりするものが見つからないで居た。売っているのは落下時の衝撃からプロテクトするのを目的としたデザインが多く、Apple 純正品も、Third Party品も、どれも重さがわたしの希望にそぐわない。値段も高い。

別のものを買うために訪れていた100円ショップでたまたま見つけたのがこのケース。
軽量スポンジの薄いパディングつきナイロンのケース。ジッパーはネオン・グリーンだが許容範囲。
まさにわたしの希望通りの品で、価格は百円。良いことづくめ。

この製品シリーズはサイズ展開も豊富で、我が家の機種 iPad Proにぴったりサイズ のほかに iPad mini、iPad classic、12" Laptopなどさまざまな機器がちょうどよくおさめられるようなラインナップになっている。

100円ショップ、すごいなあ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2017-12-13 06:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2