ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

ニューバランス☆モノトーンのスニーカー・ バージョンアップ



わたしの足は一般的じゃない形体らしくて、どの靴でも合う、という事は全くなて、大抵のシューズが痛かったりするので、足にあうメーカーをフォローすることになる。

スニーカーはニュー・バランスを愛用するようになり久しく、今までにも何足も履き替えている。
今回もニューバランスのスニーカーを購入。

前回のニューバランスは2015年8月購入(関連記事)のモデルW990 v3だったので、今回は 2年半で履き替えとなった。


今回購入は、W990 v4。前回の v3からのヴァージョンアップだ。

New Balance w990 v4

前のヴァージョンと足入れは同じで履きやすい。
外観のデザインは前のデザインを踏襲しているものの、v3に見られた 赤い文字の New Balanceがなくなりモノトーン度合いが高まった。いちばん違うのはシューズのサイドに見える靴底のゴムがv3は白かった部分がv4はチャコールグレイになったこと。これはとても好みにあい嬉しいチェンジ。


before (前のヴァージョン)
NB w990v3


こうして前のヴァージョンと今のヴァージョンを比較してみると、シューズも変わったが、シューズを置いた我が家の床も変わったのであった。


製品リンク






にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-01-23 00:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

sarasa design ルームシューズ のリビュー




sarasa room shoes comparison

シンプルなデザインの品々を提供していることで知られる sarasa design studioでルーム・シューズ「マエストロ」を購入したのは去年の11月中旬。
ファブリックのものとPUレザー(人工皮革)のものとどちらにしようか迷い、最初はファブリック(写真手前)を選んだけれど、翌日に結局 PUレザー(写真後方)も購入した。Veganレザーというコンセプトが気に入ったのだ。

2種類の材質の「マエストロ」の使用感についての比較してみた。。

材質:
ファブリック(ストーン・ウォッシュ)のほうがごわっとした材質。
PUレザーは全体にソフト。

サイズ:
どちらも同じ「Women」サイズだが、ファブリックのほうが若干小ぶり。

履き心地
どちらも軽くてラクな履き心地。
ファブリックの方は全体サイズはちいさいものの、踵部分が若干低めにできているので歩く時にかかと部分が脱げやすい。
PUレザーは、全体サイズは大きめだが、かかと部分の高さは十分にあるのでかかとが固定され脱げにくい。
また、ソフトなので2日ほどで足に馴染みサイズの大きさも気にならなくなった。

耐久性
思いのほか短命。
何が起きたのかというと、1ヶ月でPUレザーのあちこちに擦れキズや穴が発生。
また、ソール(床と接する部分)を覆っている布も何箇所もびりびりに破れてしまった。
あまりに見すぼらしいので廃棄処分とした。

1ヶ月しかもたないという強度には驚きとともに失望もしたが、2点買ったうちPUレザーから日常使いとして履き始めたので、現在ははSWファブリックの方を履いている。ソールは同じ材質なので、あまり長持ちは期待できないけれど、他の部分はPUレザーではなく布なので、1ヶ月後の見た目は多分ベターと思いたい。

結論:
いままで使ってきたルームシューズはどれも長持ちするものだったので、これも何ヶ月も使えると思い込んで買ったけれど、この製品はソフトさや軽さを重視し、耐久性は追求せず、短期(たぶん1ヶ月ごと)に買い換えるという前提で作られたのだろう。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-01-04 10:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

iPadのケース



ipad and a cover

リビングルームに1枚ころがしておくと便利なものといえば iPad。

普段はむきだしでリビングに放置されているけれど、外出の時にカバンに入れる際は、簡易袋に入れたいなあと思っていたものの、なかなかしっくりするものが見つからないで居た。売っているのは落下時の衝撃からプロテクトするのを目的としたデザインが多く、Apple 純正品も、Third Party品も、どれも重さがわたしの希望にそぐわない。値段も高い。

別のものを買うために訪れていた100円ショップでたまたま見つけたのがこのケース。
軽量スポンジの薄いパディングつきナイロンのケース。ジッパーはネオン・グリーンだが許容範囲。
まさにわたしの希望通りの品で、価格は百円。良いことづくめ。

この製品シリーズはサイズ展開も豊富で、我が家の機種 iPad Proにぴったりサイズ のほかに iPad mini、iPad classic、12" Laptopなどさまざまな機器がちょうどよくおさめられるようなラインナップになっている。

100円ショップ、すごいなあ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2017-12-13 06:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

【 IKEA 】照明関連グッズ購入



IKEA 港北店を初訪問。
わたしにとり、日本では2軒目のIKEAとなる。

まずは食事、そして、店内のブラウジング、目的物を買い、最後はソフト・アイスクリームを食べるという、どこのIKEAにいっても同じお約束のコース。


今回の成果物は以下2点。

ワードローブ照明 センサー付き, ホワイト
¥ 799 / 2 pack
OLEBY closet light
   Photo Credit: IKEA

人感センサ付きLEDライトでパワーはAAA(単四)3本。
WIC内に設置。
我が家の寝室のWICは約1.6J。窓はなくライトなしでは真っ暗。勿論、照明はあるが、都度スイッチをONにするのが面倒。どこに何があるかは分かっているので、例えばジャケットをとる、といった時は今まではライトをつけなかった。
でも、ソックスなどは少し明かりがないと目的のソックスが選別しづらいので、この照明を導入したもの。
一旦点灯すると30秒間明かりが継続してからOFFになる。もっと時間が欲しい時は適当に動くと再びライトが点灯する。
いちいちスイッチをつけたり消したりしないで済むので かなり便利でとても気に入っている。


それから、LED電球も一点購入。

RYET
LED sign bulb E17 100 lumen, clear
¥ 249

110 lm led cube RYET
   Photo Credit: IKEA

前の家は2014年の新築で、家の中のダウンライトなどの照明は100%LEDだったのだけれど、今度の家は築2010年、2017年リフォームして売り出していたものなのに、ダウンライトほかに白熱灯が多用されているの。そこで一部の白熱電球をLED電球に交換中。

今回IKEAで買ったのは、100 lmという控えめえな光束値だが、クリアタイプだからなのか、数値より明るく感じる。
設置したのはホールの天井。54Wの白熱灯からリプレース。昼間でも薄暗い場所なので常時点灯とした。
本来サイン球として作られた品のようだが、通常の照明として使用して問題はない。
明るすぎないものを取り付けたかったのでぴったり。
消費電力 1.4Wなので点けっ放しにしても1日あたりの電気代が1円にも満たないというスィートさ。

IKEAのLED電球は 安いけれど寿命も15,000時間と短い。
一般的なLED電球は40,000時間だから、それを考慮するとIKEAの価格も寿命相応のもの言える。
電球の交換が困難な場所だと40,000時間(5年から10年)が良いけれど、そうで無い場合は15千時間で安いほうが良いかなとも思う。高いの買ったって、ハズレの電球に当たって1〜2年でだめになる可能性だってあるのだから。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2017-11-26 15:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

sarasa design で ルームシューズを買う



家の中では、ルームシューズに履き替えるという生活をしている。
ルームシューズは踵(かかと)のついたもので、軽量、リラクスフィット、が条件。

いままで愛用していたものが寿命となったので新規購入が必要になり、いろいろ探していた。
やはりフット・ウエアは履いてみないとわからない。

そこで、青山の sarasa design lab へ。
sarasa 01
外苑西通り(通称「キラー通り」)にあるsarasa design labは、4階建の小さな店舗。
小さな面積を有効活用するため急な階段が作られていてちょっと怖い。

店の内装や扱い商品はナチュラル系。
ブランケットや食器などが良いセンスで展示されている。

ここは、行くとコーヒーが出る店だが、「日曜日には甘いものもお出ししています」とブラウンの饅頭のようなものも出してくれたので、コーヒータイムとしてくつろぎながら、ゆっくり品選び。

ゆったりした時間が流れる心地よい店。

目的物であるルームシューズは4階。


sarasa 02


わたしの目当ては、この店の人気商品「マエストロ」というルームシューズ。
サイズ展開は、Ladies とMens の2種類のみ。
Ladiesを履いてみたがかなり大きい。でも、冬なら厚手の靴下を履くことでサイズ対応できると思うので 1ペア購入。

定番商品であるPUレザー(合成皮革)の他に、期間限定でストーンウォッシュ(SW)の布製シリーズもあり、チャコール・グレーのSWを選択。

これ。

maestro charcoal gray sw


帰宅して1時間ほど履いてみた感想としては:
 1. 大きめなので、かかとが脱げそうになるけれど、履いているうちにやわらかくなって馴染んできたら多分大丈夫そう。
 2. 足の甲をすっぽりと覆うデザインなので、足が暑くなるというのが難点となるかも。


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2017-11-12 21:00 |
  2. Goods
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2