新築住宅を入手したので、家具も新調して部屋を作っていく過程を記録するブログ

シンプル・リビング - Less is more

【WEB内覧会】 トイレ



我家のトイレは購入したマンションのデフォルト仕様のままで、特にわたしの好みが反映された内装などではない。
幅の狭さにおいては他に例を見ないようなチャレンジを念頭において作られたように見受ける。

Bathroom vertical

=====
  サ イ ズ
=====

奥行き約 1,400mm、幅約 900mm。

=====
収 納
=====

ドアを開けると突き当たりに吊戸棚。
この戸棚は容量が大きく、トイレットペーパー20ロールくらい、クリーネックスの予備数箱などが余裕で入る。

ドア近くにある手洗いの下は小型の物入れ。
洗剤や掃除用具を収納。


=====
トイレ設備
=====

トイレはパナソニックのアラウーノSというタンクレス・モデル。
これはとても気に入っているセルフ・クリーニングの機能がついている。
脇に小さなタンクがついていて、そこに皿洗い用の中性洗剤を入れておくと、大水流を選択すれば、洗剤での洗浄となる。通常の自動洗浄は水4.5Lを使う「小水流」だが、「大水流」をマニュアルで選択しなくても、何回に一回かは自動的に洗剤を用いた洗浄となる。

このクリーニング機能がどのくらい良いのかと言うと、我家の場合はトイレット・ボウル自体の掃除は殆どしないでOKという状態。
但し、数日間留守をしてトイレを全く使わない状態が続くと赤っぽい水の輪がついてしまうので、その時はマニュアル掃除することになる。

その他の機能としては、アラウーノSは、便座を好みの温度に暖める機能がついているが、暖かい便座は誰かが使った直後のような気がしてしまうので好まない為にOFFにしている。シャワー機能もあるが、好みに合わないので使っていない。蓋が自動で開く機能は幸いなことに最初から付いていない。


=====
  手 洗 い
=====

カウンターには小さな細い手洗い。

Bathroom Hand washing bowl

水ハネがすごいので、二段階式吐水レバーを提案したい。
クリックをつけて、普通にあけると細めの水流、クリックを通り越してレバーを動かすと、水流が増し、何かの理由で強い水流にするときに使う、という仕組みの導入が良いと思う。そういうものが既にあるか知らないけれど。

手洗いの横の壁には上のほうにタオル・リングが取り付けられているけれど、何も掛けていない。
わたしは、ペーパータオル派だから。
手洗いボウルの横にペーパータオルを重ねて置いてある。


=====
  内 装
=====

床材や壁紙は他の部屋と同じ。

但し、向って右側の壁だけ奇妙なことになっている。
天井近くは壁紙、その下は普通の鏡、そして更に下、カウンター近くは四角柄の入った曇りガラス風な鏡、そしてカウンターは天然石。もう、この組み合わせのくどさが信じられない。それぞれ単品は良いけれど。
更に不可解なのは、鏡の位置。見ることの出来る鏡は、上のほうだけで、座ると横に来るのは見えない鏡で何の意味も無い。
WC Crazy Wall
奇妙を通り越して幼稚園児がふざけながら選んだデザインではないかと思うほど。そもそも別にトイレで鏡を見る必要もないし。

内装ではないが、設置にも奇妙なことが。
このトイレの設置されている位置は、何故か中央ではなくて、向って右、座った場合の左にずれている。
よって、ふつうに座ると左足は手前のもの入れのドアにぶつかるので、体を右側に15度ほど傾けて座るテクニックが必要。テクニックは取得したと思っていても、ぼんやりしていると、いまだに膝や足指をいやというほどぶつける。

奇妙その1の壁紙と鏡はセンス皆無のデザイナーの仕事かもしれないが、奇妙その2のトイレの配置位置は、明らかな設計ミスと思われる。
ミスの起きた経路を解析すると、
(1) トイレは部屋の壁幅の中央に設置するように配管を含め設計し、てその通り工事された。
(2) 何処がミスかと言うと、カウンターをつけることがトイレ位置を決める際の考慮から漏れていた。→ トイレはカウンターの幅分だけカウンター側に寄っており、足元の壁は近いわ、トイレットペーパー・ホルダーは近すぎるわ、手洗いの下の物入れのドアに足がひっかかるわ、といったレイアウトが出来上がった。とほほ。


=====
アクセサリー
=====

敷物や専用スリッパ、カバー類は一切無し。

カウンターの奥に小さなフェイク・グリーンの鉢を置いているが、これはアクセサリーというより、壁とカウンターのくどい組み合わせをカモフラージュする意図によるもの。



ま と め



トイレは過ごす時間が極めて短い場所なので、改良したりする対象としての優先順位は低いので、文句を言いつつ使用中。


参加 トラックバック・テーマ 
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ WEB内覧会*総合
トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2015-11-14 00:00 |
  2. Interior - トイレ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

トイレで不要なもの、あってよかったもの



我が家のトイレはかなり狭い。そして、不要なものがいくつかある。

WC

もし注文住宅だったらトイレもいろいろと好みに合わせて選べるのだけれど、マンションではトイレはデフォールト・セッティングで変更は不可。

設置されていたのは、Panasonicの「アラウーノS」という、タンクレス・トイレ。
パナソニック独自の「ターントラップ洗浄方式」で大洗浄5.7L、小洗浄4.5Lと20年前の方式(大13L)に比べ大幅な節水とのこと。
タンクレスや節水型という点は良いけれど、まったく不要な機能(わたしにとって)もいくつかあり、自分だったら選ばないトイレだなあと思う。

トイレについてきた機能でまったく使わないもの。
 1. 便座を暖めるヒーター。
これは常時「オフ」にしている。便座が暖かいのは好まないのだ。誰かが座った直後のような気がしてしまう。つめたい便座に座ることを苦痛とは感じないし。
 2. シャワー・トイレ機能。
これは、過去にも使ったことがないので、使った場合の便利さなどを分かっていないだけかもしれないが、今まで使わないで何も不便を感じたこともないし、それに、使わなければ、掃除する部分が一箇所へることになるし。← 掃除は基本的に好きなのだけれど、生来の面倒くさがりでもあるので微妙。

一方、便利している機能はというと、
 1. 自動洗浄。
用を済ませてたちあがるとセンサーが働き自動的に水を流す。便利だけれど、これに慣れてしまうと、自動じゃないトイレに入ったときに水をながすのを忘れてしまうことがありそう。
 2. セルフ・クリーニング。
ソープ・タンクがトイレットボウルの横についていて、台所用の中性洗剤をいれておくと、流すボタンを押す何回かに1回はソープが水流に混ぜられて自分でクリーニングするセルフ。クリーニング。これは良い機能。

その他のポイント

不思議でならない点
これだけ、自動化がすすめらているトイレなのに、ライト(照明)だけは何故か手動。
人感センサー連動の照明にしてくれていたらどんなにか良かっただろうか。
トイレの電気ほど消すのを忘れやすい照明はないのだから。

収納
トイレの部屋については、大きめの吊戸だながあり、トイレットペーパーなどがたっぷり収納できるのは良い。
また、手洗いシンクの下にも小さいけれど収納できるようになっているので、トイレ自動洗浄用の中性洗剤や使い捨てトイレブラシなどを収納。部屋が狭いわりに収納は充実。

アクセサリー類
トイレの中に置かれることが多い品のうち、我が家にはないものというと、
トイレマット、トイレのカバー、トイレ専用のスリッパ、タオル、など。
全ては一切無し。ミニマルなトイレ。
引渡し以降に加えたものは、小さなフェイク・グリーン×2、および、ペーパータオル。以上。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ






  1. 2014-12-11 10:00 |
  2. Interior - トイレ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

トイレ改良案



トイレはかなり狭いところに、手洗い台と収納キャビネットがつけてあるので幅が非常に狭い。
それはなんとか我慢できる範疇なのだが、問題は壁面デザイン。

パウダールーム同様に統一のない雑多の材質でごちゃごちゃなのだ。
グレイにうすい横地紋みたいな柄の壁紙は家中共通だが、トイレにはどういうわけか、カウンター上部に高さ50cmほど「見えない鏡」のようなものがはってある。見える鏡ならそれなりに意味もあるし、広く見えるしでよいのだけれど、これは模様の入ったステンレスのような鏡のようなもので、鏡としての機能は皆無に近く(ちゃんと写らない)、最大の問題として、壁紙や天然石のカウンタートップと全く合わずにゴチャゴチャで全くおちつかないガッカリの空間。

WC


<<対策プラン>>
1.模様付きステンレス鏡を無地の鏡にはりかえる
2.カウンタートップの白黒の石の上に無地のカッティングシート(色はシルバー?)をはる
3.観葉植物などを置いてカモフラージュする

Simulation WC


:: シミレーション ::
観葉植物の場合、容器(プランター)をシルバーにすれば、なんとなく変な壁面のうるささがまぎれるかなとシミレーションしてみた(CG合成)。

やっぱり無地の鏡か無地のカウンタートップに変更するという案のほうが良さそうだなあ・・・
シルバー色のカウンタートップにシルバーの容器に入れた観葉植物というのがベストっぽい。

にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ
  1. 2014-10-06 02:43 |
  2. Interior - トイレ
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0