新築住宅を入手したので、家具も新調して部屋を作っていく過程を記録するブログ

シンプル・リビング - Less is more

ブリタで美味しい水を



我が家の水道水はあまりおいしくない。そのままでも水のまま飲むのにはあまり問題はないけれど、コーヒーを淹れるときはかなりまずくなる。

システム・キッチンには浄水器がビルトインされているのだが、交換フィルタの会社が消滅してしまったらしくて、フィルタを購入できないため、(コンパチブルなフィルター・カートリッジを見つけるまでは)以前のようにブリタを用いることとして早速購入。

選んだのはナヴェリア1.3Lというモデル。

選択基準は、
(1) サイズが小型のこと。大型は冷蔵庫への出入れが大変。
(2) 多色使いでないデザイン。ナヴェリアは透明ボディーに白い蓋。


届いたのは変形箱。

brita 01

開けると入っていたのは、ピッチャーとフィルター・カートリッジが2個。

brita 02


ピッチャーを洗い、フィルターを一旦水に浸してから、水受け部にフィルター・カートリッジをセットして終了。

brita 03

製品の1.3Lというのは内容量のサイズで、水を普通に満たせる量は750ml 程度で、わたしの用途にぴったり。
変形菱形ボディーで、ドアポケットに入る。

明朝のコーヒーが楽しみ!





トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!
トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2017-03-13 14:00 |
  2. Interior - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:8

カトラリー収納トレー を求めて



カトラリーの収納にはしっくりくるものが無くて迷走中。

カップボードの引き出しのサイズにフィットし、かつ、我が家のカトラリーを収容可能な仕切りのあるものというとなかなか無いのだ。

関連記事 ・・・ カップボード


<< before >>

Cutlery Tray before

わたしの使うカトラリーは4種類。
ナイフ、フォーク、ティー・スプーン、スープ・スプーン。

フォーク、スプーンはちゃんと収納できるが、ナイフがはみ出るのだ。
(種類ごとに1本しか入れていないのは、わかりやすくするため)

ナイフがちゃんと仕切りに収まり、かつ20cm×32cmという引き出しにフィットするトレイを探していた。

今回みつけて入れ替えをしたのがこれ。


<< after >>

Cutlery Tray after

ナイフは仕切りにおさまったが、こんどはティー・スプーンの柄がはみ出る。
ナイフの先端よりスプーンの柄の方が強度があるので、仕切りからはみ出てもまあ良いか、とりあえずはこれで行ってみる。

このトレーは、イノマタ化学という会社のもので価格がなんと137円。
しっかりした作りだし、ぬめっとした白いプラスティックも好みの感じ。
送料が500円だったので、637円となったが、それでもお得感。








トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ シンプルライフ



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2016-05-01 00:00 |
  2. Interior - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

美しさと便利さの妥協点



Kitchen at Nairankai

入居前に撮影した我が家のキッチン。
何も置いていないカウンタートップは実に美しく、わたしにとり理想的状態。

でも、生活するうえでは、ある程度は「何もない」から妥協する必要があり、コーヒーメーカーとペーパータオルを置くことを許容している。

kitchen いつものキッチン

コーヒーメーカーはまだ良いとしても、ペーパータオルは美的でないので片付けたほうが良いのだが、ここが、「美しさと便利さの妥協点」ギリギリで便利さが勝ったケース。


なお、一時的には、こういう状態になる。
朝食が終わり、洗い物を終了したところ。

kitchen morning 20160223


マグカップ、ボウル、皿は、シンクに渡す折りたたみ式水切りラックで乾燥させ、乾いたらラックも食器も全てを格納。




コーヒーメーカーのカラフェは洗った後、中に残った水分をペーパータオルで拭き取り、乾燥するまでカウンターの上に置いておく。乾いたらコーヒーメーカーにセット。コーヒーメーカー自体も、内部乾燥のために、水タンクやコーヒー・バスケット部分のフタをオープンにしてある。カラフェを戻すタイミングでフタを閉める。





トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 持たない暮らし


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2016-02-23 11:00 |
  2. Interior - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6

強力ステッカー ☆ 落ちないソープディッシュ



キッチン・シンクにスポンジ置き場を設置。

<< AFTER >>

Sponge deish AFTER


<< BEFORE >>

IMG_1133.jpg


我が家のキッチン・シンクはステンレスの長方形。
スポンジや洗剤を置くような凹みなどは一切ないシンプルなデザインがとても気に入っている。

でも、日常にシンクを使ううえではスポンジや洗剤は登場するので、

キッチン・シンクでの洗剤やスポンジの定位置扱いには試行錯誤、いろいろ試してきた。
洗剤は使うときだけ出して、普段は引き出しに格納。
スポンジは使用後は濡れるので、乾燥させたい為に空中に浮かすのが好みだけれど、吸盤式は1週間程度で落ちてしまうことが多かった。

というのもシンクの材質はステンレスだが超こまかいヘアライン仕上げが施されているようなので吸盤の定着が悪い。

スポンジも洗剤のようにシンクにはおいていなかった事もあったのだけれど、でも、スポンジはやはり手元に置いた方が便利かな、と今回の製品に出会い、導入してみたのが、強力ステッカー ソープディッシュ


<< THE PRODUCT >>

製品はマジック・スティッカーとソープ・ディッシュからなる。

IMG_1131.jpg

「スティッカー」は接着剤などをもちいるものではなくて、ジェルパッドのような材質で、取り付け対象の場所に強力に取り付く。
外した時は跡を残さず、洗って何回も使えるのだそうだ。
対荷重は5kgまでOKとのことで、浴室でシャンプーなどを置いて使用することも可能という。
わたしはスポンジを乗せるだけなので重量の問題はクリア。


<< INSTALLATION >>

まずは、シンク内の取り付け目的地をきれいに洗い、よーく乾燥させる。
「スティッカー」の保護フィルムを剥がし、目的の場所に配置し、指でしっかり押し付ける。

IMG_1149.jpg

スティッカーは銀色なのでシンクに貼り付けてるとシンクの壁部分とマッチしてあまり気にならない。


スティッカーにはフック状のものが2箇所にある。

IMG_1150.jpg

ソープ・ディッシュ(わたしにとってはスポンジ・ディッシュ)側には、そのフックに引っ掛けるくぼみがある。


スティッカーのフックにソープ・ディッシュをひっかけて固定する。

IMG_1157.jpg

しっかり付いてぐらぐらもせず非常に強力に安定的。

IMG_1159.jpg

ソープ・ディッシュ部分の取り外しは簡単なので、しょっちゅう洗えて衛生的。
色もモノクロなスポンジを乗せるのにピッタリ。
シンクの底にソープ・ディッシュのバーがボーダー状にうつるのは想定外の嬉しい点。


トラコミュ ビフォー・アフター
トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ 白黒病重症患者
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2016-02-08 18:00 |
  2. Interior - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

我が家のカトラリー



我が家のカトラリーは、ONEIDAのイーストン
それまでのものが気に入らず、いろいろ調べたうえで購入したのは、かなり前。

探した時のポイントは:
 (1)フォーク部分(刺すところ)がスリムで滑らか
 (2)ハンドルは細いが適度な重量があること
 (3)シンプルなデザインだが控えめなアクセントがある
 (4)ミラー仕上げ

ONEIDA_Easton

イーストンは、探していた時の条件をすべてクリアした。
18-10ステンレスのミラー仕上げ。
ほっそりした持ち手だが、重量は十分にあり使いやすい。

朝食のときはティースプーンを使う。

ONEIDA_Breakfast


一番出番が多いのはディナーフォーク。

oneida_easton_fork.jpg

大抵の食べ物はこれで食べる。

15年くらい使っているので傷は多いが、それでも鏡面の輝きは健在。ONEIDAのスタンダードなのでいまだに売られており、紛失ほかの理由で買い足す必要があれば問題なく供給されるのが定番のよいところ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2016-01-10 19:00 |
  2. Interior - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4