ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

虫除けパネル利用を実験した結果



プロローグ

我が家は樹木の豊富な緑地に面したロケーションなので、それなりのワイルドライフ(虫など)との出逢いがある。

ただし、12階という高さがあるので、1階や2階に比べれば虫は少ない。

それでも、ベランダのドアを開けていると招かざる生き物の訪問があることは少なくない。

そこで虫除け対策を施すことに。


導入するにあたっての調査

虫除けグッズの種類をリサーチ。

・ 虫の好きな光線で呼び寄せ電気で殺す誘蛾灯方式は、虫の死骸清掃がネック。
・ 虫の嫌う匂いを発生させる蚊取り線香方式は、その匂いが部屋に入るのが好みでなくてネック。
・ 電子マット方式は効果があるようだが、人畜無害と言われているあの匂いは頭痛が起きるので、人畜どちらでもないらしいわたしには発散成分がネック。

消去法でたどり着いたのが、パネル式虫除け。
電源も火も不要、匂いもなく、吊るすだけで虫よけになる製品がいくつかの会社から出ている。薬剤を染み込ませたパネルがプラスティックの薄型ケースに格納されている。



購入とインストール


今回、バルコニーへのドアの横にひとつ導入してみた。

我が家のバルコニー・ドアは、最も心地よい風が入る方位に開口している。ところが、ドアには網戸がなく、ドアを開けて風を取り入れると虫も入って来てしまうのだ。そこで、虫よけ対策として本製品を試すもの。


vapona.jpg


選んだ製品は、アース製薬株式会社の「バポナ 玄関用 虫よけネットW」。

茶色のケースがバルコニーに吊るしていちばんめだたないというのがこの製品を選択した理由。

使用薬剤は、トランスフルトリン、エムペントリン(ピレスロイド系)。



効果のほどはというと・・・


吊るした翌朝、バルコニーへのドアを開けた。

1分もしないうちに、蜂が入ってきてびっくり!
多分ミツバチ。


このアパートに住むようになって2年と1ヶ月経つが、ハチが入ってきたのは初めて。別の窓を開けて、カタログを丸めて風を起こしてハチを誘導。2.5メートルほど離れた窓から無事に出て行ってくれた。

翌日、起床して空気入れ替えのためバルコニーのドアを開けた。すると再び蜂が入ってきたではないか!やることはわかっている。2.5メートル離れた窓を全開にして蜂を追い出した。

2年間一回もなかったことが、2日連続して起きるというのは、偶然とは言い難い。薬剤には蜂を呼び寄せる成分が入っているのだろうとしか思えない。




製品の説明書による効果対象


商品説明書には、適用応する虫の種類について記載がある。

適用害虫: ユスリカ(群れで飛び回る薄茶色の小さな虫。蚊柱になるが蚊ではない)
非適用害虫: 蚊、コバエ

つまり、虫よけといっても、対応するのはユスリカだけ。一方で、蜂を誘き寄せててしまう可能性については言及されていない。



その後・・・

約1ヶ月間、バルコニーに下げていた。

今まで入ってきたことのない大きな蚊とかセミとかが来訪するので、明らかに、特定の虫を誘致する成分があると思われる。

我が家には向かないと判断して、約1ヶ月後に撤去、廃棄した。


エピローグ

無駄だったかというと、わたし的にはそうでもない。

この手の虫除けがどんなものなのかという実験ができて満足。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-22 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

キノコが生えた



funghi


毎朝、バルコニーに3つある鉢の植物に声をかける。


今朝は、イチョウの木の鉢にキノコが生えているのを発見!
それも今までみたこともないキノコ。何しろモノトーンで放射状の柄。

いろいろと調べたが、種類や名前をつきとめることはできなかった。

キノコは予想通り、夕方には全て消滅していた。
実家の庭によく生えたベージュのキノコも寿命は1日だったから何も驚かない。


キノコが生える原因としては湿度の高い環境がある。
最近、イチョウの木の植え替えを行ったので、たっぷりの水やりをしていたのが原因かもしれない。
あるいは、大きいポットに植え替えたので土を足したのだが、その買って来た土に胞子が混じっていたのかも??



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2019-08-09 21:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

イチョウの植替え




weak looking ginkgo tree


2年目を迎えた我が家の銀杏(イチョウ)の木。
銀杏(ギンナン)の実から手塩にかけて育て、いままで順調な生育だったのに、いきなり弱々しくなってきた。
葉っぱも黄色いスポットが目立つし。

園芸に詳しい友人に相談したら、鉢が小さいときはすぐ熱くなるから、大きくなって鉢も大きいのに移せばちょっとやそっとでは熱にやられなくなるよ、とのことだった。

そこで倍くらいの大きなポットと追加の土を買ってきて移植。


transplant


移植タイミングは夕方が良いというので18時半ごろ。

前のポットからイチョウを取り出すには、土ごとすっぽりと取れると思ったら、ぎっちりでびくともしないので、移植ゴテで周囲を緩めて取り出す。小さいポットの中は根がぎっしりでキツそうだった。


procedure done - hope it is going to survive

新たに土を足して大きなポットに植えて、溢れるほどの水を遣る。
ぐったりしているが、これは施術直後だからであろう。



翌朝。


the morning after - looking good!


葉っぱもピンとして、気のせいか、のびのびとしている感じ。

とりあえずは移植成功したようで一安心。

今後の成長が楽しみ♪



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2019-07-31 22:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

鳥害対策



火曜日の関東地方は記録的な大雨。都心部もかなりの風雨となった。

いよいよカラス避けの効果が試せる日の到来である。


fake crow



我が家のバルコニーはカラスの雨宿処と認識されているようで、雨の日のみカラスがやってきて手摺にとまり休んで行くのだ。休むだけでなく土産を置いて行くのでとても迷惑し、カラス避け対策をしているところ。



色々な鳥害対策グッズがあるが、買ったのは「偽カラス」。





これを上下逆にして吊るすと本物カラスは「わー仲間が殺されてる、あそこは危ない!」と思って近寄らないのだそうだが、まずは普通に手摺にとまらせてみた。それからCDを下げると非常に効果的だと教わったので、それも下げる。


前日のうちに偽烏とCDをセット。 偽カラスは杜の方向をきりりと睨んでいる。 紐に吊るしたCDは風でくるくると回り、この光が反射するものが動くところがカラスが嫌うのだとのこと。万全の対策である。


結果はというと・・・ カラスは一羽も来なかった。


しかし、この日はどういうわけかカラスは周囲にいなかったのだ。 カラスの事情があるらしくて、やたら飛んでいる日とほとんどいない日がある。 よって、カラス避け実験はまだまだ続くのであった。


他に検討したのはフクロウ。これならずっと設置しておいても悪くない。
それに高さ28cm。 30cm以内なので、不要となった時にも捨てやすいサイズ(我が家のある地域では30cm以内は普通ゴミ、それ以上のサイズは粗大ゴミとなり申請が必要となるので面倒)。

fake owl

偽フクロウ


カラスがダメだとわかったら今度はフクロウを購入予定。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-05-23 09:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

我が家のイチョウ



Gingko foliage 2018


公園のイチョウに遅れること数週間、我が家のイチョウもようやく黄葉した。


去年の3月頃にイチョウの大木の下に落ちていたギンナンの実を拾ってきて鉢に埋めたものが発芽して2年目となる。

去年の記事:
秋のバルコニー

去年の秋より何となく弱々しくみえるが、これは今年の夏が異常に暑かったためベランダの鉢植えイチョウにとり過酷だったため弱々しいのかも。


夏は異常に暑く、12月下旬になっても全く寒くなくて春か秋のような気候の東京地方、イチョウもさぞや驚いていることなのだろう。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2018-12-28 14:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0