ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

Gとの遭遇




2日前の朝、思いもよらぬ出逢いがあった。

それはG・・・・


出逢い


毎朝、起きるとすぐにリビングの窓とバルコニーへのドアを開けて空気の入れ替えをするのが習慣となっている。

2日前の朝もいつもどおり窓とドアを開けた。涼風が入ってきて気持ち良い。

「ん?」

しかし、バルコニーのドアから焦げ茶色のものが入ってきた。とことこと白い壁を歩いていどんどん室内に進んでいくではないか。この虫は何年も目にしたことのないものだが、過去に何回も見たことがあるアレによく似ている。

でも我が家は12階。ここまで歩いてきたのだろうか??

急いでメガネをして再確認。色は焦げ茶色、サイズは人間の大人の親指くらいのイキモノはやはりアレ、Gと認識して間違いない。

うわぁーー、どうしたものか。もちろんこのまま家に住み着くのを許容することは選択肢にない。起きたばかりのぼんやりしている頭が、どんどん覚醒していく。退治方法を頭脳内で模索する。

これはやはり、他の侵入者の場合と同じように対応することに。

それは、厚紙で追い払ってお引き取り願うというもの。

我が家は目の前が緑地なので飛んでくる虫が入ってくることは珍しくないので、そういう時のために少し厚手で大きめの紙が用意してある。

厚紙2枚を片手に1枚ずつ持ち、Gをバルコニーのドアに誘導して追い出すという計画。まずは方向転換。うまくいった。あとは後方から追い立てるようにドア方向に導く。片手では風も起こす。Gは、入ってきた時とおなじような速度でとことこと歩いてまんまとドアから出て行ったので、すかさずドアをしめて一件落着。

あぁ、驚いた。とんだ1日のスタートとなった。


友人に話したら、複数が「冷凍して殺すというスプレーを家に置いている」というではないか。それなら臭くならないし、毒成分が家のなかにスプレーされることもない。


防衛開始

調査と注文


その夜、早速アマゾンで対Gの武器を注文。

まず、冷凍スプレー。その名も凍殺ジェット。

また、インターネットであれこれと検索して見て、バルコニーに置くブラックキャップというG用の毒入りエサがあり、これを外に置いて置くと外で駆除され家の中には入ってこなくなるのだというので、それも購入。


本日、対G戦争の武器2点が配達された。


まずは、-85℃で冷凍してしまうスプレー。


IMG_7183-375500.jpg


使わないですみますように。


それから、ブラックキャップ。

IMG_7194-375500.jpg



これはセットアップが必要。

箱の中には8個の小さな容器がはいっている。


バルコニーに設置して外で駆除する



IMG_7196-500500.jpg


5平方メートルに1〜3個が適量だと取扱説明書に記載がある。

我が家のバルコニーは、4.03平方メートルだけれど、多めに4個おくことに。

製品の説明書によると、Gはプランターやエアコンの室外機が好きで住み着くことがあるとのことなので、説明書に従い設置。


防衛線の設置



まずは侵入してきた場所であるバルコニーのドア。

IMG_7197-500500-a.jpg



写真はないがドアの向かって左側にも設置。

それから植木鉢の横。

IMG_7198-500500-a.jpg


エアコン室外機の下にも1個。


IMG_7216-500500-a.jpg



Gの我が家室内への侵入は許さないバリアというわけ。

もし、それでも入ってくるツワモノがいたら、冷凍スプレーという武器もあるという二重の防衛なのである。


この家はダメだ、とGに学習してほしい。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-09-27 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

鳥害対策と秋の訪れ




20190918


午後から雨という天気予報なので、朝のうちにバルコニーの準備をする。

すなわち、カラス避けのための偽ガラスを逆さまにして吊るす。
逆さまにするところが重要。
カラスは「大変だ、仲間が殺されている、ここは危険だから近寄らないようにしよう!」と思うのだそうで、実際に上向きにして手すりに設置した時はカラスが隣にとまっていたが、逆さカラスにしてからはカラスは来ない。

せっかく吊るしたので記念撮影。

そこで気づいたのが背景の木々。プラタナス並木が色づいてきているではないか。毎日見ている光景だが、肉眼では色づきに気づかなかった。写真にしてみると色々が見える。

室内のインテリアでも撮影してみると肉眼のときより改善すべきポイントなどがよく見えるのとおなじなのだろう。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-09-18 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

虫除けパネル利用を実験した結果



プロローグ

我が家は樹木の豊富な緑地に面したロケーションなので、それなりのワイルドライフ(虫など)との出逢いがある。

ただし、12階という高さがあるので、1階や2階に比べれば虫は少ない。

それでも、ベランダのドアを開けていると招かざる生き物の訪問があることは少なくない。

そこで虫除け対策を施すことに。


導入するにあたっての調査

虫除けグッズの種類をリサーチ。

・ 虫の好きな光線で呼び寄せ電気で殺す誘蛾灯方式は、虫の死骸清掃がネック。
・ 虫の嫌う匂いを発生させる蚊取り線香方式は、その匂いが部屋に入るのが好みでなくてネック。
・ 電子マット方式は効果があるようだが、人畜無害と言われているあの匂いは頭痛が起きるので、人畜どちらでもないらしいわたしには発散成分がネック。

消去法でたどり着いたのが、パネル式虫除け。
電源も火も不要、匂いもなく、吊るすだけで虫よけになる製品がいくつかの会社から出ている。薬剤を染み込ませたパネルがプラスティックの薄型ケースに格納されている。



購入とインストール


今回、バルコニーへのドアの横にひとつ導入してみた。

我が家のバルコニー・ドアは、最も心地よい風が入る方位に開口している。ところが、ドアには網戸がなく、ドアを開けて風を取り入れると虫も入って来てしまうのだ。そこで、虫よけ対策として本製品を試すもの。


vapona.jpg


選んだ製品は、アース製薬株式会社の「バポナ 玄関用 虫よけネットW」。

茶色のケースがバルコニーに吊るしていちばんめだたないというのがこの製品を選択した理由。

使用薬剤は、トランスフルトリン、エムペントリン(ピレスロイド系)。



効果のほどはというと・・・


吊るした翌朝、バルコニーへのドアを開けた。

1分もしないうちに、蜂が入ってきてびっくり!
多分ミツバチ。


このアパートに住むようになって2年と1ヶ月経つが、ハチが入ってきたのは初めて。別の窓を開けて、カタログを丸めて風を起こしてハチを誘導。2.5メートルほど離れた窓から無事に出て行ってくれた。

翌日、起床して空気入れ替えのためバルコニーのドアを開けた。すると再び蜂が入ってきたではないか!やることはわかっている。2.5メートル離れた窓を全開にして蜂を追い出した。

2年間一回もなかったことが、2日連続して起きるというのは、偶然とは言い難い。薬剤には蜂を呼び寄せる成分が入っているのだろうとしか思えない。




製品の説明書による効果対象


商品説明書には、適用応する虫の種類について記載がある。

適用害虫: ユスリカ(群れで飛び回る薄茶色の小さな虫。蚊柱になるが蚊ではない)
非適用害虫: 蚊、コバエ

つまり、虫よけといっても、対応するのはユスリカだけ。一方で、蜂を誘き寄せててしまう可能性については言及されていない。



その後・・・

約1ヶ月間、バルコニーに下げていた。

今まで入ってきたことのない大きな蚊とかセミとかが来訪するので、明らかに、特定の虫を誘致する成分があると思われる。

我が家には向かないと判断して、約1ヶ月後に撤去、廃棄した。


エピローグ

無駄だったかというと、わたし的にはそうでもない。

この手の虫除けがどんなものなのかという実験ができて満足。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-22 20:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

キノコが生えた



funghi


毎朝、バルコニーに3つある鉢の植物に声をかける。


今朝は、イチョウの木の鉢にキノコが生えているのを発見!
それも今までみたこともないキノコ。何しろモノトーンで放射状の柄。

いろいろと調べたが、種類や名前をつきとめることはできなかった。

キノコは予想通り、夕方には全て消滅していた。
実家の庭によく生えたベージュのキノコも寿命は1日だったから何も驚かない。


キノコが生える原因としては湿度の高い環境がある。
最近、イチョウの木の植え替えを行ったので、たっぷりの水やりをしていたのが原因かもしれない。
あるいは、大きいポットに植え替えたので土を足したのだが、その買って来た土に胞子が混じっていたのかも??



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2019-08-09 21:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

イチョウの植替え




weak looking ginkgo tree


2年目を迎えた我が家の銀杏(イチョウ)の木。
銀杏(ギンナン)の実から手塩にかけて育て、いままで順調な生育だったのに、いきなり弱々しくなってきた。
葉っぱも黄色いスポットが目立つし。

園芸に詳しい友人に相談したら、鉢が小さいときはすぐ熱くなるから、大きくなって鉢も大きいのに移せばちょっとやそっとでは熱にやられなくなるよ、とのことだった。

そこで倍くらいの大きなポットと追加の土を買ってきて移植。


transplant


移植タイミングは夕方が良いというので18時半ごろ。

前のポットからイチョウを取り出すには、土ごとすっぽりと取れると思ったら、ぎっちりでびくともしないので、移植ゴテで周囲を緩めて取り出す。小さいポットの中は根がぎっしりでキツそうだった。


procedure done - hope it is going to survive

新たに土を足して大きなポットに植えて、溢れるほどの水を遣る。
ぐったりしているが、これは施術直後だからであろう。



翌朝。


the morning after - looking good!


葉っぱもピンとして、気のせいか、のびのびとしている感じ。

とりあえずは移植成功したようで一安心。

今後の成長が楽しみ♪



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2019-07-31 22:00 |
  2. Interior 2.0 - バルコニー
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0