ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

もっとも快適に使えるシーツ



bedroom20191009-505500

1日の1/3を過ごす部屋、ベッドルーム。

1日の疲れを癒し翌日への活力を養うためにはベッドルームは快適でリラックスできるインテリアが重要で、我が家の場合もとてもくつろげる環境になっている。あまりにリラックスできるので、ベッドに入ったら通常は10秒以内に眠りの世界にワープしているので、せっかくの快適さを長く味わうチャンスはないのは皮肉と言えないこともない。

窓際にはチェアとスツールを配置していて、昼間はそこで読書することもある。
照明は窓から差し込む柔らかい光、BGMは鳥の囀り、という環境での読書は悪くない。

このように大好きなベッドルームだが、ひとつだけ好きでないことがある。

それは、シーツの取り換え。
我が家の場合、シーツの洗濯は1週間に1回なので、交換作業も1週間に1回。
ボトムシーツ(ボックスシーツ)のセッティング、これが面倒なのである。

というのも、我が家のベッドはダブルサイズなので、シーツ類は一見したところ縦横が同じ長さでセッティングに手間取るのだ。
正しいと思った方向でセットし始めると縦横が間違っていたことに気づく・・・

ところが、数年前から愛用しているこのシーツは、そんな頭痛から解放してくれた。
極めて簡単なアイディアで縦横が明白になるのだ。


Good sheet explanation


ボックスシーツのある部分に秘密が!

1. 「LL Bean」のタッグがあるところが、角(かど)になる。
2. 「SHORT SIDE」と印のある方が、短いサイド、つまりベッドの足元あるいはヘッド部分に合わすことになる。
3. 「LONG SIDE」と印のある方が、長いサイド、つまりベッドの両側サイドにあわすことになる。

これはブリリアントなアイディアだ。

アッパー・シーツ(トップ・シーツ)は、短いサイド、つまり頭の方向で折り返す側、にはヘムの加工がもう片方とは異なるデザインなので、これも間違いなく一回でセットできる。

このシーツに出会ってからベッドメイクはあまり面倒なジョブではなくなったのであった。



LL Bean のこのシーツ・セット、トップシーツ×1、ボトムシーツ×1、枕カバー×2 のセット。それぞれのバラ売りもある。

www.llbean.co.jp





トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ WEB内覧会*寝室


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-10-09 14:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

枕の寿命と交換:ビフォー&アフター




bedroom pillow change


ベッドルームの枕のひとつを買い替え。

枕には寿命があり、その耐用年数は充填物により異なる。
枕はダウンが好みで、その寿命は3年程度といわれているが、わたしにとっては約5年で快適睡眠対応としての寿命が到来するので定期的に交換している。

今回、買い替え対象となったのは 4個のうち1つで、非常にへたっているのが気になっていたもの。
新規購入の Medium Downのピローをおろす。
サイズは50×70cm。いつものサイズ。

ベッドルームの見た目は何も変わらない。

取り替えた古い方の枕は、寿命といっても、まだ捨てるには至らない。

そこで、どこに行くかというと・・・


sofa and color


リビングで昼寝する時専用となる。

いままでは、昼寝の都度寝室から枕を移動し、昼寝終了後は寝室に戻していたのを専用ピローができたもの。
普段はパントリーに収納。

鮮やかなイエローのピロケースを使用したので、いままでモノトーンだったソファ周りの雰囲気ががらりと変わった。
グレーとイエローは好きな組み合わせなので、次の昼寝が楽しみ。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-06-18 22:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

涼しくて快適な睡眠環境の朝が意外な結末になった理由



我が家の寝室の入り口ドアの横には、チェストと空気清浄機を置いている。


IMG_6056-500500.jpg


窓の逆側なのでふだんはあまり目にすることは無い位置だけれど、毎朝、目が覚めて最初にはこの方向を見る。

チェストの上に置いてある時計で時間を確認するのが目的。

今朝、窓の外の騒音で目が覚めて、時計を見ると、5時。
窓のカーテンは閉めないで寝る派なので、夏は5時だと明るい。

あと少し寝ようと思ったのだが、近くの道路工事の音がうるさくて眠れないので、そのまま起床。我が家の近くの道路は2年くらいにわたり、間欠的に工事が続いている。東京オリンピックの為に国立競技場を始めいろいろな設備や建築のため、水道管やらガス管やら配電などの工事が続いているのだ。掘るのは一回にして欲しいのだが、各ユーティリティーにより利権が絡んでいるらしくて、掘って工事して埋めて、また掘って・・・の無限ループが続いている。工事は車道の地下なので、交通量の少ない深夜から明け方に工事が行われるのだ。迷惑するのは近所の住民なのである。

不本意にも早朝に目が覚めてしまったが、それ以外は快適な夜。

涼しい日が続いていて、冷房なしで心地よく羽毛布団(Duvet)をかけて寝られる。


IMG_6053-500500.jpg


但し、足先だけは暑いので必ず布団の外に出すのは一年を通じて同じ。

よって寝るのはベッドの端っことなる(そうしないと掛物から足だけ出すことができない)。


水曜日、起床時の室温は24.5℃。冷房する場合の温度設定は23℃なので、ほぼ理想通りの室温。こういう状態はあまりなく、工事による安眠妨害はますます残念だった。

そういうわけで、わたしは、すっかりアンチ・オリンピックとなったのである。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-06-12 22:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

初夏のベッドルーム: 色彩の温度をあわせ不協和音が無い組み合わせ



初夏のベッドルームは、ベディングに新しい色が登場した。

<< after >>
br 201906


それは、ブルー+グリーン+グレーが渾然一体となった海の中にいるような色で、Sea Blue Green / Bluegrassという名前で売られていたもの。
もともと大好きな色だけれど、ベディングへの採用は初めて。
新しく買った掛け布団カバー(Duvet cover)の色(無印良品の「オフ白」)との相性も極めて良い。

クリスマス・セールで買ったエジプト綿のシーツ・セット(トップシーツ、ボックス・シーツ、枕カバー)で、以前に1回セットしてみたのだけれど、当時の冬布団カバーはピーチがかったクリーム色で、このシーツとは色が合わなかったので使わなかった。
関連記事: ベッドルームで失敗


<< before >>
br egyptian sheet failed


写真では、差が分かりにくいが、<< before >> は、冬の布団カバーに含まれるピーチ・クリーム色の暖かさがシーツのアイス・ブルー・グリーン的な氷河のような色とミスマッチで、わたし的には許容できなかったのだ。


わたしは色彩にとてもこだわるタイプ。
育った環境もあるのかもしれない。母が色彩を大切にする人で、子供の頃に洗濯物を干すのを手伝わされた時など、適当に干すとやり直しさせられた。隣り合う洗濯物は色彩的に心地よくマッチするものでないとダメ、さらに、ピンチの色(各色があった)と洗濯物の色も心地よく合わないとダメなのであった。よって、色彩の不協和音は容認できないというタイプの人間に育ったのだと思う。


新しい掛け布団カバーの「オフ白」と、シーツの「Sea Blue Green / Bluegrass」は、温度が同じで相性が良い。


IMG_5852-500500-ol.jpg


これなら心地よく睡眠の世界にいける。


たしか、このシーツの色によく合うスリープウエアをがあった、と出してみる。
寝るときは、専用の衣類に着替えるが、所謂パジャマとして売られているものではなくて、上はTシャツ、下はラウンジパンツ。


sheets and pj 500457


完璧!

幸せは不協和音のない生活 💕




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-06-08 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

羽毛布団をしまう際の手順



暑くなったので羽毛布団を軽い材質に交換した。
  関連記事: ベッドルーム 2019 春仕様

いままで使っていた冬用の羽毛布団を収納するが、次の冬に心地よく使うために、羽毛の特性を踏まえた上での正しいしまい方をするには最低でも丸一日を要する。


羽毛布団の特徴

羽毛布団は、軽量で保温性、放湿性にすぐれていることが特徴。暖かさの理由はは羽毛の間に保たたれる空気が断熱材の役割をしているから。すぐれた放湿性は、人間が寝ている間に発汗しても羽毛が吸い取り放湿してしまうので快適な睡眠環境が得られる。この特徴をいつまでも保たせるようにする為、長期間使わない収納の際に留意すべきは以下の3点。

  1. 乾燥と通風
  2. 清潔
  3. 羽毛の間に空気が入る機能を損なわないようにする


乾燥

羽毛布団を広げて片面1時間くらい乾燥させる。直射日光に干す場合は、布団側(ふとんがわ)にダメージが起きない様にカバーをつけて干す方が良いとされている。この布団で使っているカバーはクリーニング店に出したところなので、カバーなしで窓からの間接光による陰干しとした。


Duvet maintenance 01


広げる場所は、ベッドに拘る必要はなく、ソファでも床でも可。我が家の場合、ベッドがいちばん都合が良いのでこうして干す。

裏返してもう1時間。

両面干したら、熱を冷ますため、そのまま放置。


放置の間に、縫い目にはいったゴミ(主にカバーからとれた繊維片など)を取る。ティシューを丸めて撫でるようにすると布団を傷めずゴミを除去できる。


羽毛を傷めないように

収納はふんわり感を維持することに注意。
圧縮袋は、羽毛が傷む可能性があるので推奨されていない。

布団を買った時に入ってきたケースならサイズもあうし、空気の通りも考えてある。

我が家のデュベはダブル・サイズなので、縦4つ折り→それを3つ折りでちょうど良い。
シングルの場合は、3等分を2回となる。


Duvet maintenance 02


ケースにしまう際には、カバーをつけた状態でもつけない状態でもよいが、つけた状態のときは洗濯が済んだカバーとする。


清潔

羽毛には、湿気や汚れは大敵なので、汚れたままのカバーをつけてしまうと、何ヶ月もの間に、汚れが布団本体にうつることもあるので、しまう前にカバーは洗う。

写真はカバーがついてない状態だが、カバーがクリーニング店から戻ってきたら装填してからしまえば、寒くなった時にすぐに冬用布団が使える。


通風

ケースにしまった布団は風通しの良い場所に格納する。保管場所の空気流通環境が心配な場合、ケースのジッパーを少し開けておくと通風にはさらに良いと言われている。


その他

防虫剤: 

羽毛布団と防虫剤については、要・不要を含め様々な意見があるが、わたしは、天然の防虫効果ということシダーブロックを入れて収納している。


しまうときの方向:

ケースにしまう際に、布団のタッグを見える状態にしておくと良い、という説もある。


Duvet maintenance 03


何かの事情で布団のスペックを知りたいときも、タッグが見えていれば、布団全部をケースから出さないでも済む。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-05-19 11:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2