ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

違う角度でみた夏のダイニング





LD fm hall


夏のダイニング。
いつもと違うアングルで撮影。

これは玄関ホールからみたダイニング。
ガラスの仕切りがある。

どこが夏なのかというと天井のエアコンが稼働中だから。
我が家では冬は床暖房なので、エアコンを使うのは夏のみ。
天井のエアコンのパネルがオープン状態なのは稼働中だから。

ここからみるLD&キッチンはかなり好きなアングルなのだけれど、ひとつだけ好きでない残念ポイントが・・・

それは、ホールと玄関の床材がちがうこと。
わたしは、すべての床材が同じというスタイルが好みで、この家のようにホールとLDで違う床材なので入り口に境界線があるというのが好きでない。いつのひか床の張替えが必要になることがあったら、ホールの床材に合わせたLDの床に変えたい。床張り替えはリフォームのなかでもタイヘンな部類なのでほとんど妄想のみのの世界だけど。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2020-06-08 21:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

おうちランチが楽しくなる STAYHOME



sandwich 01

木々はすっかり新緑で新しい季節の到来を感じる。

関東地方は急に暑くなり春というより夏。
こういう時は、おうちランチも屋外の気分を採り入れたい。


今日のランチは明るいオレンジ色の箱の中に♪


sandwich 02


これは新宿御苑前にあるサンドイッチ店 & sandwich からテイクアウトした「野菜のサンドイッチ」。

アヴォカド、トマト、アルファルファ・スプラウト、レタス、チーズのサンドイッチは美味しいのだけれど、箱から食べると屋外気分が盛り上がり更に美味しくなる。

容器が違うだけで、いつものLDがカフェのテラス席に変貌。

わたしは更にサウンドエフェクトも加える。

アマゾンのNature Sound Galleryには様々な自然界の音源があり、山や海、渓流の流れ音などが揃っているので、おうちサウンドエフェクトに用いれば、手軽にヴァーチャル・ハイキングやおうちピクニックを盛り上げることができる。


楽しく過ごそう、STAYHOME。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2020-05-04 10:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

お家カフェテリア



ふと思い立って自宅での食事をカフェテリア風にしてみた。

cafeteria tray

朝食はお家カフェテリア!
新たに購入したカフェテリア・トレイに、コーヒー、それに、バナナのスライスを入れたヨーグルトを乗せてキッチンからダイニング・テーブルに運ぶ。

トレイに乗せたままの状態で食事とするのがカフェテリア風。

気分が変わって楽しい朝になった。



新たに購入が必要となった、カフェテリア・トレイ。

条件:
材質: プラスティック製。
形体: トレイの端の立ち上がりは低め。トレイの底(裏側)は突起が無く平らであること。
色彩: 白かグレイの無地が好ましいが、ない場合は柄付きでモノトーンを探す。
サイズ: 39cm幅。

結果:
無地が欲しかったが、なかなか見つからず、結局ブロックチェックで妥協。
色はネイビーとのことだが、とても濃いネイビーなので、パッと見た感じは黒のチェックなので、我が家のダイニングのカラースキームでも違和感なし。。






にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-02-06 14:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

ある日の朝食



1日の始まり。
ダイニング・エリアは前の晩にリセットしてあるので爽やかな朝がスタートできる。

Dining reset


歯を磨いてシャワーのあとは朝食。


Bfast


典型的な朝食は、ミューズリー + ミルク(または豆乳)、バナナ+ヨーグルト、コーヒー。


bananas


ミューズリーは欧州時代に知った朝食アイテムで、その後、北米生活の間に好みのブランド(Bob's Red Mill:これは米国のブランド)に出会い以降朝食の定番アイテムのひとつとなっている。

ミューズリーはこの好みのブランドを買い続けている。


muesli


最近は日本でもグラノーラやミューズリーが売られているが、日本製のものは、どれもわたしには甘すぎて口に合わないので、日本でも Bob's Red Mill のものを買える方法を漸く見つけた。
ハッピー :)
(注)日本製品を批判する意図はなく、わたしの好みには合わないという、個人的嗜好のステートメント。



日本でもいくつかの店から購入可能。


510グラム入りは使いやすいが、この店の場合単価も送料も割高。



こちらは大きい袋版で、510gr版より単価も送料も割安感あり(それでも米国で買うより高いけれど)。
これを買って適当なジャーに小分けして使っている。



食事が済んだら、もちろん、ダイニング・テーブルはリセット。

Dining area in the morning


何も置いていないテーブルを見る快感は、テーブルを片付けるモティベーションとして十分。
習慣づけてしまえば、大した手間ですらない。



トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ ミッドセンチュリー家具インテリア
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-08-12 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

我が家のグリーン事情に変化が!



我が家に驚くべき変化が訪れた。
それは生きた観葉植物!!

ivy after

我が家の室内にはフェイク・グリーンはいくつかあるが、フレッシュな生きたグリーンは1つもなかったのだ。
過去に何回かチャレンジするも必ず枯れるという歴史があるから。

ところが、今回アイビーの鉢植えが登場。
経緯は数ヶ月前に遡る・・・

引っ越す前の家の隣は、プランツがとても美しいお宅だった。

今年の4月のある日、その隣人がドア横に配置してある大きなアイビーの鉢植えの剪定をしていたので、切ったものはどうするのかと尋ねたら、捨てるという。欲しいと言ったら、良さそうなのを2本ほど切ってくれたのだった。

すぐに水挿し開始。

ivy 01

それから3ヶ月ちょっと経過、花瓶の中のアイビーは順調に根を伸ばした。

満を持して、今回、鉢植えとすることにしたのだった。


園芸店に行き、材料を調達。

ivy 03

観葉植物用の土、それから6号ポットも購入。

ivy 02

土を1袋全て(1.2リッター)ポットに投入し、根がたくさん出ている方のアイビーを植えてみた。
微妙・・・
土が少なすぎる気がする。
園芸が得意な友人に聞いたら、ポットの土は8割くらいいれるのが良いとのこと。

翌日、再び園芸材料店に行き、土をもう1袋購入してポットに追加し、アイビーを植え直した。

ivy 04

今度は安定もよい。
白いポットに緑の葉が映える。

成長が楽しみだけど、我が家にあって成長するのだろうか。
1日経過したが、いまのところ元気。



トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2017-08-05 19:00 |
  2. Interior 2.0 - ダイニング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4