ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

シューズクローゼットの点検と合成皮革の問題点




玄関のシューズ・クローゼットの点検を実施。

目的は不要物の識別。



IMG_6841-450600.jpg



床から天井までのクローゼットなので、この写真に写っていない上と下の部分もある。

特に靴が多い方ではないと思うが、かつて複数の拠点を行き来するライフスタイルだったので、移動するときは手ぶらで済むようにそれぞれの家に最低限の靴や衣料品を備えていた。それを、2年前に住居は1箇所集中としたことから複数軒分の荷物があり同じような品の重複が多いので徐々に整理しているところ。

スリッパが10足くらいあるが、これはすべてゲスト用。我が家ではゲストに出したスリッパは再使用しない。自分自身が他人のはいたスリッパに足を入れることに大きな抵抗がある為、ゲストにも常に新しいものを提供するようにしているので、スリッパは使い捨てとしている。よって基本的に100円ショップのもので、100円から300円くらい。


内容物を1足ずつ取り出して点検した結果・・・

今回は、黒革サンダルが廃棄対象であると認定した。


rockport blk leather dress sandals


一見どこも悪いところはないように見えるし、唯一のドレスサンダルであるというのに、廃棄処分と決まったのには理由があった。


IMG_6825-500.jpg


それは経年劣化。

サンダルは革製なのだが、足首をとめるストラップの内側だけは合成皮革が用いられており、そこが、劣化してボロボロと剥がれ落ちるようになったのだ。剥がれるものはベタベタしたもので撮影の為に少し動かしただけでも床の上には黒いベタベタがたくさん落ちる。


IMG_6826-500.jpg


本革の場合は経年変化で味がでるのだが、合成皮革の場合、経年変化は経年劣化であり、ただダメになる。滅多に使わない品だと、このように数年ぶりに出してみたらボロボロだった、となる。


気づかずに履いていたら足に黒いベタベタしたものが付いてしまい、また家のあちこちがゴミだらけになる(すでになった)ところだった。

早速ゴミ・ステーションへ持っていった。

そういうわけで、フットウエアが1点減った。とても嬉しい。


クローゼット内には、もう一足、劣化が始まっているペアがあった。


Timberland


それはティンバーランドのブーツ。
これも本革製であるが、ブーツの一番上の足首にあたる部分だけPUレザーが使用されていて、そこの内側がベタベタし始めている。このペアは唯一の大雪の日対応のフットウエアなので安易に捨てることは出来ない。

まだなんとか使用に耐えるので、少なくとも今年の冬は履く予定。

実は、ティンバーランドはもう一足持っていて、そちらは4アイレットなので短め。
何年も前に経年劣化で上の部分がボロボロになったのだが、セルフ・リペアを施し、以降も普通に履いている。


Timberland 4 eyelets


写真で白っぽく見える部分は、当初は黒革と同じに見える黒い合成皮革(PUレザー)だったのだが、経年劣化でベタベタのボロボロになった。しかし、とても足に合うので捨てるにしのびなく、強い粘着テープでベタベタ部分を丹念に剥離したのだ。一見グレイのフェルト風で、普通に使える。このブーツは4アイレットなので大雪の日に公園の芝生を駆け回るには長さが足りない。

よって、あらたにベタベタになった5アイレットのブーツも、もうすこし劣化が進んだらベタベタを剥離する方向。


::


合成皮革の劣化の原因と対策



そもそも、なぜ、このように劣化しやすい材質を用いるのか、また、劣化の原因と防ぐ手立てなどを調べてみた。


合成皮革の種類と使う理由

合成皮革はPVCレザーとPUレザーの2種類がある。前者はポリ塩化ビニール樹脂を、後者はポリウレタン樹脂を素材としたもの。

どちらも安価で形成が容易いことから多く用いられている。
また、本革の製品でも部分的に合皮が使われることも多い。合皮は柔らかいので、例えば靴の足首にあたるクッション部分とか、しょっちゅう曲げることの多いベルト部分とか。しかし、本革に比べ合成皮革は耐久性には劣性が認められるため、所有者にとっては嬉しくないサプライズに遭遇することが少なくない。

合成皮革の製品を久しぶりに出して見たら、ベタベタしていたり、ひび割れてボロボロ剥がれたり、分解してしまったりということがあり、がっかりするのだ。


合成皮革がベタベタになる原因


原因は加水分解。特にPUレザー(ポリウレタン樹脂を素材とした合成皮革)で起こりやすい化学反応で、水に反応して分解生成物が作られてしまうこと。風通しの悪いところに長期間保存していると起こりやすい。


合成皮革を長持ちさせるには


汚れたままにせず、汚れはきれいにして風通しのよいところに保管する。
また、長い間しまったままにせず、たまに出して使うのは有用。使うことで程よい風通しとなるから。

わたしの場合、サンダルは箱に入れたまま5年以上そのままだったので、劣化の最高の条件が揃ってたと思われる。
Timberlandは、箱に入れてないし、時々(といっても冬のみ)使用していたが、それでも劣化は起きた。寿命なのか?


合成皮革の寿命


合成皮革は手入れをよくしたとしても寿命は5年程度という見解が多い。
わたしのように一つのものを長く使う人には向かない素材なのかもしれない。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2019-08-27 18:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

玄関クローゼットの収納見直し



無印良品から配達が到着。


IMG_6071-500.jpg


使いにくかった玄関ホールの収納の手直しの着手である。

まずアフター画像。


<< after >>

IMG_6470-500.jpg


いきなり全部の修正は大変なので、特に使いにくかった部分から、ということで今回は一段のみ。

小さな一歩だけれど、わたしにとり大きな躍進なのだ。


<< before >>

IMG_6080-500-expln.jpg


玄関ホールのクローゼットは、2年前の引っ越しの際にフルサービスの引越し業者により適当に品を入れてもらって以降なにもしない状態だった。

とくにこの段はよく使うものの収納なので、例えば、掃除機の充電器を取り出す都度、上の乗っているラフィナ帽子をどけなければならず面倒だし非効率的だった。

そこで、重い腰を上げて玄関収納エンハンスメント・プロジェクトの立ち上げとなった。

使いやすく、見た目も良い収納にする為に構想を練ってから、無印良品の引き出し式収納をいくつか購入。


まずは全部出す。


IMG_6077-500.jpg


全部といっても、左端に少し残してあるのは、新たに購入したPP抽斗などのサイズとクローゼットの幅に少し差ができるので、引き出しなどが動かないようにスペーサーを兼ねて、備長炭シートの余りとか、ギタースタンドとかをおいた。また、小さな隙間ができたので、水準器もおいた。

そしてPP引き出しとファイルボックスを配置し、品物を使い勝手や使用頻度を考え収納。


Hall closet AFTER with explanation


掃除機の充電アダプターは頻繁に使うので、その都度何かをどけて、ということをしなくてよくなりストレス消滅。
ニット帽は、使う頻度によりわけて、ファイルボックスのハーフを使い上下にわけて格納。
ファイルボックスのハーフは初めての導入。フルサイズが売り切れだったので代替品になるかとハーフを2個買ったのだが、これが怪我の功名。とても使いやすい。

抽斗上のラフィナ帽子は、今年買ったもので、真夏には都会でも被ることになるので、毎日のように使うだろうから。このような置き方が便利。

尚、一段上の真ん中にある「ジム用品」は、事務用品の間違いではなくて、ジムに行くときに使う用品類。ヘッドフォンとか音楽プレーヤーとかソックスとか。


実際に使用する時の目線はこのくらいの見下ろす位置の棚。


IMG_6472-500350.jpg


とても使いやすくなり満足。
使った収納は、「ポリプロピレンケース引出式・横ワイド」。奥行きがあまりないクローゼットにぴったり。
浅型や深型などバリエーションがあるので用途に合わせて組み合わせた。


IMG_6474-500365.jpg


抽斗の上段は薄型を選択したので、収納しているのは掃除機の充電用アダプターのみ。
抽斗なので使うときはワンアクションで取り出せる。


無印良品のPPケース類は、半透明タイプとホワイトグレーの不透明タイプとある。中の見えない不透明タイプが人気のようだが、わたしは、半透明タイプを愛用。理由は、収納物がぼんやり見えるので、ラベルなどを貼り付けなくてもどこに何を入れたかひと目で分かるから。

わたしの収納方法は、整理されていて自分が使いやすいことをボトムラインとしている。
よくBlogなどでみかける、まるで美術館の展示のように美しいクローゼット内の収納方法は、わたしにとりそれを維持するのがストレスになりそうで、我家のスタイルには向かない。
美しく住まうのは好きだが、あくまでも、心地よさがいちばん。

もちろん、美術館スタイルの収納をしている人を批判するものではなくて、そういうのを見ると「きれいだな」と思う。でも、わたしの心地よい収納は、このくらいのざっくりが良い。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2019-07-22 00:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

床材目地の修復



リフォームの2年フォローアップの際に指摘した床材タイル目地のリペアにリフォーム施工のNリフォームの人、それに、LIXILから職人さん2名来訪。

玄関ホール床材は40センチ角の大理石タイル。この目地が何箇所も欠落してしまったので、補修するもの。

タイル職人さんは、丁度良い色味の目地剤を持参。輸入品は色が豊富なのだと説明してくれた。予め練ってあるタイプなので直ちに作業にはいる。


LIXIL repair 01


あらかじめ昨日のうちに印をつけておいた目地剥がれ部分は合計11箇所。


LIXIL repair 00


「指でやるのが一番なんですよね〜」

と言いながら目地をタイルの間に押し込んでは、しめったスポンジ、乾いた布、の順番で周囲についた目地を拭き取る。


LIXIL repair 02


当方が指定した11箇所の補修が済んだあとは、他に問題がないかフラッシュライトで角度をつけて照らしながら欠落を探していく。いくつか目地剥がれがあったのでそこも修復。

30分くらいでリペア工事終了。


工事の後は雑談になった。

来た職人さんは2人とも2年前にリフォーム工事をした時の人で当時の苦労話などを問わず語りに話し出す。

・ LDの床は、色味を合わせるのがとても難しかった。このホワイト・オーク材は、ロットによりイエローっぽい板や緑がかった板などがあり、箱を開けて部屋の端から板を張っていくと部屋の途中で2色になりおかしくなるので、適当に色味をばらけて張らないとならず、ふつうなら1日で張り終えるところを3日かかったとか。

・ 書斎床はヘリンボーンなのだが、これは張っていく時に注意深くしないと、組み合わせを間違えることがあり、やり直しになるのだ、とか。

・ タイル屋さんは、床の大理石より、ホール壁の大判磁器タイルを貼るのが大変だった、とか。

・ 床(ゆか)の工事は他の職人が作業中はできないので、他が済んだ後しか作業できないのでいつも夜だった。夜景を見たりしたなあ、とか。


我が家リフォーム映画のMaking 版を見ているようで、とっても面白かった。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2019-05-25 00:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

春の玄関



Entrance Hall - Pollen set

春の玄関ホールは外出のときはこうなる・・・
花粉3点セットである。

花粉の季節中は外出の前と後には特別の準備が必要でなかなか面倒。


左から花粉よけの帽子。これは簡単。外出の際に被る。
真ん中は、花粉を寄せ付けないスプレーで、出かける前に顔にスプレーする。イオンで顔にバリアーをつくり花粉をブロックするのだそうで、2週間くらい使っているが、効果があるように思う。顔にスプレーなどしたことがないので、1回目は非常に不思議な感覚だった。それに、目に入ってはいけないので目をつぶってスプレーする必要があり顔に命中させるのもコツがいるがもう慣れた。



右は帰宅した時に玄関で素早く衣類やカバンについた花粉を取り去る粘着テープ・ローラー。
これで家の中には花粉を持ち込まない生活ができる。


そして、抗ヒスタミン剤を毎日投与することで、なんとかこの季節の日々を過ごしている。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2019-03-12 14:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

台風の被害と対応



台風一過でからりと晴れた月曜日の東京首都圏。

フェーン現象で気温は上がり夏のような日になった。


after the storm T24


あちこちに折れた木の枝が落ちていて風の強さを物語っていた。
ギンナンがたわわに実ったこの枝は、根元から折れて地面に落ちていた。


わたしはというと、台風の被害を受けて睡眠不足・・・


準備はちゃんとしたのだけれど、夜になり思いもよらぬ事態に。

それは騒音。

22時ごろから風雨が強まり窓ガラスに叩きつける雨音がうるさくて眠れないのだ。
我が家はリビングも寝室も南西向きの大きな窓があり、今回の風向きは南の風だったので雨も風も窓ガラスを直撃。
いつもは、頭を枕につけたら5秒後には寝ているのだが、雨風の音で入眠できず。

しかし、24時過ぎに、ある方法を開発して、それで寝つけた。

それは、両耳を枕で塞ぐというシンプルな方法。
サイド・スリーパーなので、もともと片耳は枕により塞がれている。
よって、頭を2つの枕の間に挟めばもう片方の耳も遮音されるというもの。
外の風の音はかなり軽減されてぐっすり(^ ^)

次の台風の時は最初からそうやって寝よう。

尚、上記方法にたどり着くまでには、別の方法も考えてうちの中をウロウロしていた。

それは、寝室以外の場所で寝るという可能性。

床に寝る寝具のある家なら窓のない部屋で寝るという手もある。
我が家の場合、玄関ホールとかパウダールームとかは窓がないので静かなのだが。

hall


玄関ホールは比較的広さがあるので、横になっても十分なゆとりがあり圧迫感を感じることは無い。
ただし、我が家には、ベッド以外に寝具が無い。
スリーピング・バッグとスリーピング・パッドを持っていたのだが、ニューヨークの家を売却する際に一式を友人にあげてしまったのだ。

スロー・ブランケットやらスペア・ベッドカバーやらクッション類などを動員して敷くことで寝ることができるかも。
試す価値はある。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-10-02 18:00 |
  2. Interior 2.0 - 玄関
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4