ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

体重計・体組織計の買い替え 



体重計を買い替え。
壊れたわけでもないのに。

買い替えた理由は、パウダールームのインテリアに合わなくなたから。

after

IMG_1683-500.jpg


before

IMG_1688-500.jpg


我が家の体重計置き場は、洗面台カウンターの引き出しの下。

前の家では、体重計がすっぽりとしまえる場所が標準装備でついていたし、また、黒っぽい建具でもあったので、少し体重計が見えても全く問題はなかったのだ。

  関連記事: 前の家のパウダールームでの体重計

今度の家のパウダールームは全てが明るい色なので、それまで使っていた黒の体重計がどうも気になっていたのだった。
さらに、前の家では、洗面台の下に体重計を置く場所が作られていたのですっかりしまえたが、今の家は洗面台引き出しの下と床の間に隙間はあるものの、奥行き17センチでほとんどのサイズの体重計はすっかりスライド・インという風にはできない。
ある程度ははみ出すことになるので、周囲の色と異なる黒い体重計はなんとかしたくなって久しかったのであった。


色は白またはクリーム、サイズは出来るだけコンパクト、特に奥行きは20cm以下、をクライテリアとしてさがしたところ、みつけたのが、この製品。

IMG_1681-500.jpg

ドリテック 体重計・体組織計で、白い強化ガラス製。
表示パネルが縦長で2段表示になるところは、まったく好みに合わなかったものの、幅218×奥行き188×高さ23mm というサイズが製品選択の理由。

計測器は、TANITAのものが好きで、今まで使っていた黒いのもTANITA製だが、TANITAは最も小さいののでも奥行きが210mmあったので断念。

パウダールームに置くと、引き出しの下からはみ出た部分は前より少ないし、色は白なので、それまでよりマシなり、まあ、満足。







にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-02-15 20:00 |
  2. Interior 2.0 - パウダールーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

2017年に買って良かったもの (番外編)



2017年に買って良かったものシリーズ 
さいごに番外編。

というのも、確かに買って良かったには違いないのだけれど、微妙に残念な点もあるため。


家具

スワン・チェア

2017-swan-480640.jpg


アルネ・ヤコブセンが1958年にデザインした名作。

ミッドセンチュリー家具の王道なデザインが美しいのみならず、回転するという機能性、絶妙なサイズ感、座面や背もたれの硬さ加減など、座り心地も素晴らしくて、文句のないチェア。

こうして写真で見ても、美しいカーブにうっとりする。
秀逸な家具である。

しかし・・・ 実は残念ポイントが。

それは、材質選択の問題。
フリッツ・ハンセンに行き、無数とも思えるほどの量のファブリック・サンプルから選んではってもらったスワン・チェアだったが、そのファブリック選びには失敗していて、我が家のリビングで主張し過ぎている感あり。


IMG_8766-600800.jpg


そもそも、店に行く前から無個性のファブリックを選ぶつもりだったのに、この kvadrat のHallingdal 65を見た途端に、その理性は全て吹っ飛びこんな個性の強い材質なのに、「これに決めます」なんて言ってしまったのであった。あ〜あ。
(注: kvadratのHallingdalシリーズは、他にない立体感を生み出す美麗なファブリック)

写真ではそうでもないが、現実は、他の家具類とイマイチ合わなかったのだ。
もっと無個性のぬめっとしたファブリックにすればよかった。将来張り替える時には注意しよう、って一体何年先のことになることやら。


教訓: 単品でいくら素晴らしくても、決断の前に、他との調和を考えるべし!



トラコミュ ミッドセンチュリー家具インテリア
トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-02-11 18:00 |
  2. Interior 2.0 - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

2017年に買って良かったもの (2)中物編



2017年に買って良かったものシリーズ 
その(2)は 「中物」編。


家電

IH クッキングヒーター

Induction Mitsubishi Euro Style


それまでついていたガスのコンロ、及びその下のガス&電気のコンベック・オーブンを、電化にリプレース。

理由:
ガスコンロではなくIHを好ましいと思う理由は、クック・トップのシンプルさ。
ガスコンロのようなでこぼこさやゴトクなどが無く平らな表面が心地よい。掃除もラク。


2017 IH


機種選択:
クッキングヒーターは、以前からIHにする時はコレと決めていたMITSUBISHI EURO STYLEを採用。
クック・トップ面にはダイアルも文字も一切無く、タッチすると浮き上がるのは全てピクトアイコン(記号)。
使わない時は漆黒のガラス面のみというのが選択理由。


比較検討したのはミーレとガゲナウ。
ミーレはデザイン的にピッタリと気にいるものが無なかったが、ガゲナウのCI 261 113は最後まで候補に残った。結局、シンプルさでMITSUBISHIに決めた。


オーブンは特にこだわりはなかったのだけれど、だからといって、オーブンだけ既存のガスのままというのは構造的にだめとのことで、同じMITSUBISHIでサイズやデザインがマッチするものを選択。


ih and oven


特に美的でもないけれど醜悪でもないデザインなのでOK。



MITSUBISHI ビルトイン型オーブンレンジ CS-RO2-S



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-02-04 19:00 |
  2. Interior 2.0 - キッチン
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

ほっとする一瞬



書斎で作業をしていて、ほっと安堵の一瞬はこういう時。

IMG_1364-600450.jpg

メインのマシン、デスクトップ機の OS アップデートをしていて、無事にスタートアップし、いつもの画面が表示されたとき。

macOS High SierraへのアップデートはMacBookは実施済みだったが、今回はメイン機の iMac。
トラブル発生の場合のダメージはラップトップの比でない。

IMG_1362-600450.jpg

約1時間、黒いバックにリンゴのロゴが出て、残りの時間が表示されるが、そのカウントダウンのゆっくりなこと。
途中で立ち往生してスタックしているのではなかんろうか、ハングするのではなかろうか、と不安が付きまとうので、無事に終了すると嬉しい。

もっとも、過去にOSやBIOSのアップデートなどは数えきれないほどの回数を実施していて、アップデート中に問題が生じたことは一回もなかったのだけれど。


macOS 10.13.2 にこアップデートされると思っていたが、10.13.1だった。

hi-sierra_imac201801-02.jpg

このマシンも我が家にやってきて2年半が経過。
まだ使えるけれど、そろそろ、新しくしたい気分も。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-01-15 00:00 |
  2. Interior 2.0 - 書斎
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

リビングルーム 冬支度完了(2)



前号までの話

リビングルームの冬支度ということで、ソファの前に敷いていたラグを撤去した。

もともと、ラグ等は敷かないのが好みなのでプレーンな何も無い床はとても気持ち良い。
しかし、しかし、ひとつだけ問題があったのだ・・・

それは・・・

撤去したラグの行き先。

床暖房のない場所というと、パウダールームかベッドルーム、書斎、あるいは玄関となる。
玄関は絶対的になにも敷かない派なのでアウト・オブ・オプション。
書斎はスペース的にラグが置けない。
パウダールームは水しぶきが飛んだりして濡れるのでRugは好ましくない。
よって、消去法で、置き場所は寝室となった。
せっかく何も敷いてない床だったのに残念だが、仕方ない。


LD-winterversion-part2-Rug-whereto


緑色系のラグなので、窓の近くにあるオリーブの植木の緑と色彩の一致をみるのでなんとか許容範囲となった。

そんなにラグが好みでないのに所有している理由はというと、これは最愛の母親が買って愛用していたので、なんとか我が家で活用したいというもの。6月に売却したひとつ前の家では床の大理石を覆うのがどうしてもいやでラグはソファの下やベッドの下に押し込んでいたのだけれど、今度はなんとか活用している次第。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ




  1. 2017-12-27 00:00 |
  2. Interior 2.0 - ベッドルーム
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2