新築住宅を入手したので、家具も新調して部屋を作っていく過程を記録するブログ

シンプル・リビング - Less is more

洗濯機の使い方



pana na-nh320L

我が家の洗濯機はパウダールームの一角にある。
洗濯機置場として用意されていたのは、両側を壁で区切った一角にある60cm × 60cmの防水パンなので、大規模なリノベーションをしない限り設置できる洗濯機のサイズは限定される。
選んだのはパナソニックのプチドラム。その名の通り小さいサイズなのでキャパシティーも洗濯7kg、乾燥3.5kgとプチ。

pana washer dryer

通常の洗濯に要する時間は2時間半程度。
洗うのに要する時間はいつも概ね同じだけれど、シーツなどの大物や厚手のものなどが含まれる場合は乾燥に要する時間は長くなり全工程3時間ぐらいになることも。


終了後はフィルターの手入れ。

dryer filter

まずは乾燥フィルター。これは洗濯の都度必ず。
洗濯機の上部にある乾燥フィルターと奥にある乾燥フィルター(奥)を取り出しゴミを取る。
毎回、これだけのゴミがとれるということは、衣類やタオルは少しずつすり減っていくのだなあと毎回思う。


不思議なのが配水フィルター。

drain filter

洗濯機前面の下の方にあり取り外しはしやすい。
配水フィルターの手入れは、製品についてきたマニュアルによると1週間に1回程度とある。
これがよく分からない。
1週間に洗濯機を使用する頻度は人によって随分異なると思うけれど、わたしの場合は洗濯は2〜3日に1回なので、1週間の洗濯回数は2〜3回となる。以前はマニュアルに従い1週間に1回配水フィルターの点検をしていたが殆ど何もついてない。そこで最近は1ヶ月に1回程度の配水フィルター掃除。それでも、ごくわずかのゴミがあるかないかという程度。

ドアの内側のパッキングを2週間に1回程度ふきとる。これも殆どゴミ類はついてない。


オーバーオールで手入れしやすいデザイン。
殆どゴミがつかない配水フィルターのみが謎。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2017-03-31 12:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

換気口フィルター



我が家には換気口(吸気)がリビング2箇所、寝室1箇所の計3箇所あり、フィルターは3ヶ月に1回のクリーニングを実施している。

ventilation shutter 2

壁から枠を出して、中のフィルターを外して掃除機で埃を吸い取る。
これが面倒なのだ。手間自体はたいしたことないのだけれど、ダストにアレルギーがあるので、このような埃になる作業は本質的に好まない。

そこで思いついたのが、替えのフィルターを買い、3ヶ月に1回交換してしまうという方法。

我が家に設置されているのは大建プラスティックという会社の換気シャッターで、メーカーが奨励している交換フィルターがアマゾンや楽天で売られていたので早速購入。

150MPS5-5

ventilation shutter filter

フィルター1枚当たり500円程度で、買った人のリビューを読むと「高い」というものがあったが、これを高いと思うか思わないかは個人の価値観の違い。3ヶ月に1回の交換なので1日当たりのコストに換算すれば5.5円となり、埃のつまったフィルターの掃除をしないで済むことを考えれば、高いとは全く思わないというのがわたしにとっての価値。今回は純正パーツを購入したが、ジェネリックでもっと安価なフィルターもありそう。






トラコミュ シンプルライフ


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2017-03-07 00:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

バスタブ掃除はトイレ・ブラシで



Bowl Brush

バスタブ掃除はトイレット・ボウル・ブラシを使っている。

トイレ掃除とバスタブ掃除をひとつのブラシ共用でという事ではなく、トイレ・ブラシとして売られているものをバスタブ専用に使っているのだ。
ハンドルの長さもブラシのかたさもバスタブ掃除にぴったり。とくに汚れが付着しやすい排水口近くの角の部分の清掃に抜群の威力を発揮する。

ただし、バスタブの材質が高硬度の琺瑯の場合に可能な選択肢。
「オフィス」のバスタブが琺瑯でできているのでトイレブラシを使ってごしごしこすっても傷にならず、ピカピカになるので嬉しい。
樹脂製のバスタブの場合は、トイレブラシでこすったら傷だらけになりそう。

バスタブは掃除の容易さや見た目の良さも琺瑯がベストだと思うのだが、最近の日本の住宅に用いられるバスタブ(特にユニットバス?)は樹脂製が多いのは不思議でならない。樹脂製はコストが著しく安価なのかもしれない。


トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい!


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2017-01-18 00:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

コンピュータを処分



古いデスクトップPCを処分。

データなどHDDの中身は注意深く削除すみだけれど、念のため、棄てる前に本体から外した。
いつもと同じコンピュータを棄てるときのプラクティス。

hitachi_disks-450.jpg

ディスクはこれから更なる破壊作業を施したうえで棄てる。

ビデオカード、サウンドカード等も外し、ほぼベアボーンに。
ボディーはデスクトップといっても床置き用のタワー・コンピュータなので筐体が大きく重くて持ち運びは大変なのだが、敷物を下に敷いて引っ張るなり押すなりするとするすると動くので、そうやって自分のアパートからエレベーターホールまで動かし、ゴミの保管場所にてゴミの日までスタンバイ。

ずいぶん前から処分しようと思っていはいたが、棄てるための処理(解体)が面倒で放置していたものだが、やれば 1時間もせずに終わる作業であり、漸く我が家から無くなりすっきり。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2016-11-05 00:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:0

純毛毛布を洗濯機で洗ってみた



今頃の季節は純毛の毛布を愛用しているのだけれど、あまりきれいでないのではなかろうかという気がした。
いったんそう思うと、そのまま使うのは嫌になったが、クリーナーに出すと一週間くらいはかかり、その間使えないではないか。

最初は洗濯屋に出している間の代替として安い毛布を買おうかと思ったのだが、思いついて既存のものを自分で洗ってみることにしたのだ。

毛布についているタッグを見ると「ドライ・クリーニング」と明記されているが、自己責任で。

普通の洗剤を用いて、デリケート・サイクルで洗い、乾燥もデリケートで。但し殺菌のため最後の10分は通常の熱風でドライ。
縮んでごわごわになるかと思ったら、そういうことは全くなくて、ふんわり仕上がった。

但し、ドライヤーのフィルターには驚くほどのモワモワが。まるで子羊一匹の毛を刈ったよう。

blankie washed

それだけ毛布が薄くなったということ。
しかし色合いは少し明るくなった(気がする)ので、それだけ汚れていたということなのだろう。これでハウスダストの元もなくなっていればよいのだが。

なお、使用した洗濯機はコマーシャルの大型機なので、乾燥も早く全工程90分以下だった。

全ての純毛毛布に適用できるとは思わないが、今回のケースでは洗濯機使用は大成功であった。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2016-11-02 00:00 |
  2. Cleaning
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2