ミッド・センチュリー・インテリアの家でシンプルな生活をしています。

シンプル・リビング - Less is more

鎌倉でピッツア・ランチ



鎌倉にあるナポリ風ピッツアリア Latteria Bebèにてランチ。
ここは、チーズ工房が併設されており、自家製モッツアレラを用いた料理を提供することで知られ、また、味もよいことから大人気の店。

IMG_2495.jpg

予約枠はほぼ常に満員だが、早めに行けば、当日枠に余裕があることもある。
11時に現地着、リストに名前を書き、約90分待ちとのことなので、近所を散策。

13時にようやく順番到達。
ランチは3コース。

IMG_2493.jpg

7種アピタイザー盛り合わせ。
冷製トマトスープ、カナッペ2種(マスカルポーネ乗せ、チキンレバー乗せ)、ブロッコリとサンドライトマト、ゼポリス、肉塊、レタス。
肉については同行の友人にあげた。


メインは10種類くらいあるピッツア、または、3種類のパスタより選ぶ。

IMG_2492.jpg

わたしはマルゲリータ。

ウッドファイアーなブリックオーブンで焼いたピッツア、見た目は大変よくて運ばれてきたときに期待が膨らむ。

生地はナポリ風とうたってもOKな感じだったが、トマトソースにトマト感が希薄でいまいち物足りない。チーズは自家製というだけあり特徴的な味わいだった。オーバーオールでは及第点。

ドルチェは盛り合わせを頼んだ。

IMG_2494.jpg

カッサータ、パンナコッタ、ピスタシオのジェラート。
カッサータはアイスクリームというよりリコタチーズのままのようで冷たさ不足。
パンナコッタとピスタシオのアイスクリームは美味しかった。

小さなカップにコーヒー。

以上90分のランチ。


東京都心部の家を9:30に出て、首都高速&第三京浜経由で鎌倉に着き、待ち時間のあと、食事時間終了の段階で5時間。
そのあと、海辺ルート経由で帰宅。特段の渋滞には合わなかったが、自宅着は16:30。

7時間という、人生でもっとも長時間のランチとなったのだった。


latteria-bebe.com



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-05-24 10:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

とくべつなにんじんジュース




3年ほど前から毎日コールドプレスのにんじんジュースを飲んでいる。

コールドプレスとは、スロー・ジューサーでゆっくりと時間をかけ搾ることにより高速ジューサーに比べ熱の発生が低いことから野菜や果物の成分が熱で破壊されることなく抽出したジュース製法。

毎日ジュースバーに出向き摂取。コールド・プレスを提供している店は限られていて、よく行くのは David Otto Juice や Parachutes

スケジュールの都合で行けないこともあるので、自宅にて何とか保存しておく方法は無いかと思っていた。
もちろんスロー・ジューサーを買って自宅で搾ることも可能だが、スロージューサーは家庭用といえども大掛かりで邪魔だし、それに面倒。
ジュースになったものが自宅に届くスタイルを Web で調べていたら、冷凍のコールドプレス・ジュースを販売している店を発見!
ピカイチ野菜くん人参ジュース専門館】という店。
100mlパックの冷凍だという。

好みにあうかどうかわからないのでお試しセット「【冷凍お試しセット】7パック とくべつな人参ジュース(0004242)」を購入。


Carrot Juice


ヤマトのクール便で届くとはいうものの、ちゃんと融けることなく届くのか随分心配だったが、生まれて初めてのクール便体験で届いたのはかちんかちんに凍ったものだったので、心配は取り越し苦労だった。

物流の進化は大したものだ。


早速 味見。
解凍に要する時間は短い。
冷凍パウチは厚みを抑えた作りとなっているので流水の下に1分程度で飲める状態になる。

juice 200ml

ひとつは 100ml なので 2つを解凍。

濃厚で甘いニンジンの味がとても美味しい。
まるでアメリカのニンジンみたいな味だが、北海道、青森、熊本ほか、日本国の農家で無農薬で作られているニンジンを搾っているとのこと。


ピカイチ野菜くん人参ジュース専門館

店の名前はふざけたものだが、品は真面目だった。

さっそく 30pを追加オーダー。

これならミニマリストでも(ジューサーを所有する事なく) 自宅でコールドプレス・ジュースが飲める!








にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
  1. 2018-05-01 12:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

新緑イチョウを愛でながらランチ



久しぶりにSHAKE SHACK でランチ。

shroom burger at shake shack


いつも食べるのは、Shroom Burger。ポートベッロ・マッシュルームがまるごと1個フライして挟まっている。

思っていた以上に新緑に覆われていたイチョウ並木の間からのそよ風にふかれながらの食事は格別。
戸外での食事を好むわたしにとり良い季節の到来である。


www.shakeshack.com


トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2018-04-12 19:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

豆腐懐石



青山にある「梅の花」という店で豆腐懐石を食す。
ここは、菜食の人用も肉食の人用のメニューもあり、わたしは菜食メニュー、友人は肉食メニューを選択。
以下の写真は全て菜食メニュー。

まず黒ごま豆腐。

IMG_1131-600.jpg

真っ黒の塊の上に金粉のようなものが散らしてありヴィジュアル的にコントラストを楽しむ設定と思われる。


次に豆腐サラダ。

IMG_1133-600.jpg

水菜、パインシード(たぶん)、錦糸卵(たぶん)の下に豆腐というサラダ。
これは美味しかった。


湯葉と野菜のセイロ蒸し。

IMG_1134-600.jpg

ブロッコリ、キャベツ、レンコンなどが程よくスティームされていて、そこに添えられた湯葉もおいしい。


豆腐の溶岩焼き。

IMG_1135-600600.jpg

名前がすごいが、もちろん、ほんとうに溶岩で焼いているのではない。
スライスした豆腐の下は溶岩に見立てた石。
これが非常に熱してあるので、いつになっても豆腐が冷めなくて食べるのが大変だった(猫舌なので)。


この後、トウモロコシのかき揚げ(写真なし)。


和風ドリア。

IMG_1138-800-600.jpg

豆乳ベースのクリームであえたご飯をこんがり焼いたグラタン風料理でかなり美味しい。
ついてくるのは陶器のスプーン。これは見た目はスタイリッシュだが、実際には食べにくかった。
グラタン皿の内側にこびりついたちょっと焦げた部分(一番おいしいところ)をガリガリと削って食べるのには、やはりスプーンは金属製じゃないと。

このあと、「香の物」、「湯葉吸い物」、「梅ゼリー」でコース終了。

以上で所要時間は2時間超。
時間のあるときにゆっくりと食べる料理。



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2018-01-06 00:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:2

初めてのオセチ



今回、人生で初めてのオセチ経験。

そもそも、オセチを食する習慣のない人生を送っていたのに、今年は何故こういうことにしてみたのかというと・・・

1ヶ月ほど前にさかのぼる。行きつけのマクロビオティック・レストランで食事をしていたら、ヴィーガン・オセチの受付をしていることを知り、どんなものか試すことにしたのだった。季節の行事を行わない家で育ったので実家でも自分の家でもオセチは関与しなかったので初体験となる。正確には、2回目。2年前の正月に料理の得意なイトコがお雑煮を持ってきてくれたのだが、そのときに手作りオセチもついていいたのでその時がのが初賞味。積極的に自ら用意したのは人生で初めて!

12月31日、注文してものを店に取りに。

サーモン・ピンクの不織布で包まれたズシリと重量のある包み。
けっこうな重さだが、巨大な保冷剤がかなりの重量を占めている。


IMG_1253-750.jpg


ラッピングを開けると出てきたのは木製の箱!


IMG_1255-600450.jpg


箱の蓋を開けると14種類の料理。
シンデレラ・フィットの小分け仕切りが気持ちよい!


IMG_1257-800600.jpg


内容の説明書もついている。


IMG_1259-600283.jpg


全てヴィーガン(プラント・フード)なので、どれでも安心して食べられる。

そしてテーブルへ。


IMG_1265-800.jpg


Bon Apetit!

全種類を少しづつ皿に盛り付ける。
箱に入っている状態の時の方がおいしそうに見える。
プロが詰めたからかな。

オセチの感想 ・・・ 凝ったオードブルなのであった。





にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2018-01-01 00:00 |
  2. Food
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4