新築住宅を入手したので、家具も新調して部屋を作っていく過程を記録するブログ

シンプル・リビング - Less is more

ある夜の光景



2016年大統領選の開票結果に呆然とし、悲しく残念でならない。

悪夢なら覚めてほしい!

あまりの事に、ちょっと現実逃避。

August 18 2016 reflections

この画像は8月18日にバルコニーから撮影したもので、書斎と奥の方の小部屋のみ照明がついていて、あとは暗いのでバルコニーの掃き出し窓のガラスが一部ミラー状態になり外の景色が反射して面白い効果を生んでいたもの。

まるで書斎がビル群や空のなかに浮いているようだが、でも、現実ではない。



<<米国大統領選挙の仕組み>>
米国の大統領選は、直接選挙ではないので、11月8日の選挙でPopular Votes(投票総数)ではクリントン候補がトランプ候補を上回っていたものの、エレクトロラル・ヴォート(Electoral Votes)という選挙人選出票はトランプ候補が過半数を獲得したために、トランプ候補が大統領選の勝利者となった。これはエレクトラル・カレッジ(Electoral College)というシステム。直接的に大統領に投票するのは、12月19日。11月8日の一般投票で当選したエレクター(選挙人)達が各州都に集まり形式的な投票をおこない、過半数である270票を獲得した候補者が大統領に選出される。この12月の投票で11月の結果が翻ることはまずない。でも0パーセントではない。何故なら、エレクターが事前に宣誓した候補者以外に投票する事は違法ではないとされているから。




にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



  1. 2016-11-12 05:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

おうちもみじ狩り




Foliages


週末は朝からよく晴れた。

今年の東京は紅葉がずいぶんおそかったようだけれど、ようやくピークに近づいたもよう。

リビングルームからの「借景」が美しい。
物件購入の決断となったのがこの借景。
四季の移り変わりを居間にいながらにして満喫できる。

秋の、お家紅葉狩りはかなり気に入っている。
窓の真ん中のガラスは開かないので、室内の家具の写り込みがすごくて撮影には不向きだけれど。

また、床に写っているのはパステルカラーのような色合いの空。
こちらも写り込みがはげしい仕上げの床材で、要は、我が家は壁以外はどこも写り込みなのだった。
好みじゃないけれど、広く見える効果はあるのかもしれない。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ


  1. 2015-12-07 00:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:10

物欲?空間インテリア



リビングの窓の付近には何も物を置いていない空間がある。


space-and-reflections


この空間が好き。
カーテンが映る鏡面仕上げの床が好き。

わたしが好きなのは空間。

所謂「物欲」は限りなく無いほうだと思うが、唯一、
これだけは必要なので絶対に欲しい!というのが

空間。

でも、いくらスペースが好きといっても、家具を何も置かず、
ソファやテーブル、チェアの無い床だけの生活はわたしには合わない。
狭い住居に空間を得るためには圧迫感の無い家具を配置する。

将来的には、書斎デスクを小型にする、書斎と廊下の間仕切りを撤去する、TVボードを撤去してTVは壁掛けにする、などで空間を捻出する妄想は膨らむ。いつか、このわたしの「空間に対する物欲」を現実化させたいものだが、何年先のことか。


トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
トラコミュ 持たない暮らし



にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

  1. 2015-10-27 00:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4

窓の開く位置と方向



我家のLDとバルコニーの境界は床から天井までの引戸式ハイサッシ。
フル・オープンするとこうなる。

Windows

開くのは左右のパネルのみ。
真ん中に見える縦の枠のようなのものは、左と右の窓枠。
真ん中の部分は幅2メートル以上のFIX。

デザイナーはピクチャーウインドウを意識して、真ん中部分は大きな一枚ガラスにしたのだろう、という意図は分かるけれど、非常に使いにくい。

何故なら、カーテンは真ん中から開き両脇にとめる形にしたから、バルコニーに出るときはカーテンがちょっと邪魔になる。
それに、折角横幅のある開放部なのだから、端っこではなくて、真ん中からどうどうと外に出たい。

3枚パネルではなくて、4枚の戸で構成されていて、真ん中からでも、両脇からでも、どこからでも開くような戸だったらどんなにか使いよかったことだろうか。

集合住宅なので、自分だけ窓を替える事は出来ないので、この窓と共存するよりないが、こういう真ん中はFIXという窓は一般的なのだろうか、といつも思う。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ





  1. 2015-10-20 10:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:6

エアコン冷房の温度設定



リビング・ルームのエアコン(AC)は天井に埋め込みカセット式。
壁取り付けの一般的なAC室内機のようなでっぱりが無いので空間が圧迫されない。
見た目も機能もとても気に入っている。

AC Living Room Casette AC

冷房の温度設定は、今年から24℃としている。
ほんとうはもう少し涼しいほうが好きで、去年までは22度にしていたのだけれど、エコ観点から2度あげて24度にしてみたら何とか快適が保てるので24度としたもの。

最近、友人とACの温度設定について話していたら、彼の家では何と28度にしているという。
これは、かなり驚いた。
かなりの暑さだと思うのだけれど、除湿すれば28度でも快適レンジなのかもしれない。
この友人の家では小鳥を飼っていて、小鳥にあわせた気温設定としたということだけれど。

インターネットでいろいろ調べたら、28度設定が奨励されているというページがいくつもあった。
電気代節約に役立つからとのことらしい。
快適と思う環境気温は個人差があり、わたしは無類の暑がりなので気温は低ければ低いほうが良いというタイプなので、夏の間は電気代や地球の資源のことは目をつぶりACの恩恵にあずかる日々なのであった。

***

エアコン、ひきで見るとこんな感じ。

約一年前、入居直後のリビングは、こんなにサッパリしていた。

Living Room

現在のレイアウトは、コーヒーテーブル、大型のグリーンやスツールを置いていて、それなりに好きだけれど、この、殆ど何も無い、というのが実はわたしの一番の好みだったりもする。


にほんブログ村 インテリアブログ シンプルモダンインテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



トラコミュ モノトーンのインテリア
トラコミュ シンプルライフ
トラコミュ 少ないモノで暮らす
  1. 2015-08-21 00:00 |
  2. Interior - リビング
  3. | Trackbacks:0
  4. | Comments:4